まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。(4)


・メン・イン・ブラックは、異星人だったといわれていますが、1947年のロズウェル事件の「グレイのUFOの墜落」を「気球の墜落事故」と事件を隠蔽した米軍は、情報を公開していません。いくらかのリーク情報があるのみといわれます。その後の情報によれば、「米軍関係者を異星に派遣していた」とか「人間タイプの異星人が来ていた」とかにマスコミ情報は変わってきています。「異星人の安全確保、保護」という大義名分で、70年後の現在でも、情報は厳重に「封印」されているようです。

・死後の世界では、食料は必要ではなく、思念エネルギーで大抵のことができるといわれているようです。 精霊界では、思念エネルギーで、エーテル質量から建造物を造れるといわれているようです。エーテル界やアストラル界の不思議は、並みの人間では想像できません死後の世界と言われている精霊界は、神智学でいう高次元の異星人の存在するエーテル界に似ているといわれます。死後の世界の描写は、当然ながら、世界的に内容は一致してくるそうです。死後に出会う天使が、高次元の異星人であると言えるようです。レプタリアン(爬虫類人)の伝説は多く、米国の連続テレビ映画にもなったり、デーヴィッド・アイクという英国人が大部の著作に書いています。

・映画「Xファイル」では、顔かたちを自由に変形できる異人が出てきたことが思い出させます。顔形ばかりでなく、姿形を自由に変えることができる異星人もいるといわれます。神々が動物などに変身できるという概念は、人間にとり想像を絶する話です。だが、シリウス星人は、「人間を遺伝子操作か思念(?)で創った」と言われるほど、念力が強いようで、宇宙人の中では、最強の種族の一つなのかもしれません。どれだけ進化しているのか分かりません。例えば数十億年以上一方、リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれており、人類に3万年程度進化しているといわれます。

・宇宙人には動物タイプは3割ほど存在するともいわれます。モンスター・タイプの異星人も多いのかもしれません。神々が動物の姿をしているSF映画もありましたが、種々の情報から、モンスター(怪物)・タイプの異星人・天使・神々も多いといわれています。神々が動物に化けたりすることは世界中の神話にあるようです。

・「シリウス星人は、モンスタータイプの生物を作り、神話などに登場する。が、これが神に嫌われる原因になった」といわれます。そこで神は地軸を動かして、地球に大異変を起こし、それらを壊滅させたといわれます。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。われわれ人類がイメージする人間タイプの神様に会う前に動物に変身したといわれている神々や天使に遭遇するのでしょうか。「ナチスの中枢部はレプティリアンの関与する真の歴史を知っていたのだ」という説もあります。「レプティリアン自身もコード化された コンピュータープログラムで、決められたことを実行しているに過ぎないのです」といわれます。「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。スター・ウォーズが今でも大宇宙のどこかで起きているのかもしれません。

・映画「未知との遭遇」では、米軍関係者がグレイの大型母船に乗り込み宇宙の彼方へ飛び去っていく場面がありましたが、実際に米軍はグレイの星に留学生を送った話もあったようです。大きな話題を呼んだ「Xファイル」では、米軍関係者の師弟が、グレイの星に行ったような場面が出てきました。「大衆をスポーツとセックスとスクリーン(映画)・・・・・で、真理の追究を忘れさせろ」というユダヤ・シオンの議定書のような世の中の動きで、時々、「宇宙人もの」のハリウッド映画も放映されますが、20年前に比べると、情報管理がうまくいっているようですね。確かに米軍関係者が異星に行っているのでしょうか。

・ 「外宇宙からの訪問者」 (レイモンド・E・ファウラー) (集英社)(1979年)において、1967年のベティ・アンドレアソンの誘拐事件では、「グレイたちは、鍵で閉じられたドアを開けることなく「浸透するように」、現れたといわれている」。これは、グレイが異次元を自由に行き来でき、人間の「肉体」というよりも「霊体」とか「幽体」を自由に操作できるのではなかろうかという疑問が生じるそうです? 著者のレイモンド・E・ファウラーは、「UFO・惑星間の訪問者たち」「UFO調査官の手引き」などのベストセラーがあり、J・アレン・ハイネック博士と並んでUFO科学研究の権威者であるといわれます。
1967年グレイに誘拐されたベティ・アンドレアソンが、見たという大きな怪鳥は、幻覚だったのでしょうか?

・アストラル・トリップ(幽体離脱)で目に見えない異次元の世界を体験することもあるそうです。小柄な宇宙人グレイの世界は、公開されていません。現代人にとっては、理解不能な世界で、グレイ自身が異次元を自由に移動できることも驚きではないでしょうか。グレイが「人間化」しているという話もあるようです。西洋では、死後の天国のことを「サマーランド」と呼んでいるようです。内容が荒唐無稽だそうです。「飛行島の全部が人間の工作物に違いない」とあるが、「人間」とは、「超人」か「神人」「人間タイプの異星人」の部類に属するということでしょう。エイリアン・エンジニアリングは想像を絶します。米国ではフットボール球場3個分の巨大な宇宙母船が報告されており、その他の形の超大型宇宙母船も目撃されており、直径100キロの宇宙母船もあるといわれます。「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」と言う話には驚くばかりです。

・「家畜人ヤプー」(沼正三) (幻冬舎アウトロー文庫)(1999/7/1)は、フィクションですが、興味深い内容です。
「異世界」や「異星文明」「異星文化」「異星文字」などの実際の情報は、ほとんど皆無といえましょう。現代では、「グレイ」という宇宙人のイメージが一般化しているといえましょう。SFの世界ですが、飛行島の世界のSF小説なので面白いようです。異世界は、SF小説などやSF映画で、表現されますが、異星人の異世界は、なぜか正確・詳細には伝わってはこないようです。日本神話の原郷「高天原(たかまがはら)」は、日本民族の原点なのですが、巨大な宇宙船だったのかもしれません?
1956年に出版された「家畜人ヤプー」という戦後最大の奇書を上回る「奇書」が出版されることを期待したいものです。本書を上回る奇書は、70年たった現在でも出ていないそうです。あなたは戦後最大の「奇書」を読んだことがありますか?日本神話の原郷の「高天原」は、都市型の超巨大な宇宙船だった可能性もあるといわれます。

・異次元にも多くの異星人が存在するということは、米国の大著「ウランティア」という本に詳しいといわれているようです。戦後最大の奇書といわれている「家畜人ヤプー」(沼正三)(幻冬舎)が語る想像の世界も異次元ものなのかもしれません?
「天津神々が住む天上界」“高天原(たかまがはら)”がアガルタのシャンバラのような都市型の超大型宇宙船であったというSF小説(当時はSM小説といわれた)については、HPの中でも触れたことがありますが、著者の空想にしては、なかなかリアルな点があるようです。1956年から発表されたこの小説は、「あの世」「シリウス圏」を描いたともいわれ、当時、「気色悪い本」として、評判を読んだものだったそうです。

・70年前の作品とは、思えない内容で、シリウス星人を描いたSF小説では、嚆矢といえるものでしょう。“高天原(たかまがはら)”に住む天津神々は、シリウス異星人ということになるのでしょうか?「事実は小説より奇なり」ですから。アガルタのシャンバラが「高天原(たかまがはら)」だという説もありますよ。
やはり、70年たっても「家畜人ヤプー」を超える奇書は現れないようですね。

・神話「高天の原」は、シャンバラのように都市型の超巨大宇宙船であったという説もあるようです。ネガティブな面を持つスサノヲは、ネガティブなシリウス星人に措定されるのでしょうか。ニライ・カナイは稲をはじめとする五穀の原郷の地といわれます。海の彼方の「ニライ・カナイ」と「龍宮」とは、関係があるのでしょうか。スサノヲの正体もよく分かりません。「スサノオ命は絶対神ヤハウェにほかならない」という奇説もあります。「多次元同時存在の法則によればスサノオ命はギリシア神話のポセイドンである」という怪説もあるといわれます。太古、琉球に「火」をもたらしたのは、異星人だったのでしょうか? ニライ・カナイは稲をはじめとする五穀の原郷の地は、海の彼方というよりも異星だったようです。ニライ・カナイは、プレアデス星座かオリオン星座にあったのでしょうか。ルシファー(魔王)についても多くの見解があり、謎だらけのようです。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。このルシファーの反乱も、超科学兵器や宇宙船で戦う「スター・ウォーズ」であったという説もあるようです。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。

・天使的な宇宙人は天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のようです。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。ネガティブ・グループのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう(頻繁に)戦争が起こるともいわれます。

・このような悪魔の理解は、さまざまな説があるようです。悪魔を悪者にしない説は、全く少ない見解だと思われます。正神と邪神の真実と導きの違いも難しい概念のようです。「 邪神というと悪いイメージで、正神といいますと人類を守護してくださるものだと思いがちであります。しかし、真実は全く違います」という説も難しいもののようです。邪神といってもどんな恐ろしいことをしているのか不明です。よく「シリウスの邪体霊」「オリオンの邪体霊」といわれますが、色々な解釈があるようです。シリウスの心霊攻撃によって太陽神や天使たちは、地下にもぐったともいわれ、宇宙全体の神々の有様にも諸説あるようです。

・クロード・ボリオン・ラエルというフランス人がリラ星でキリストに会ったとか、キリストが登場する宇宙人ものの書籍は多いようです。世界中に「自称イエス・キリスト」が数百人いるといわれます。キリストは、欧米人の最大の関心事の一つのようです。「オシリスは、エジプトの死者の国の主宰者であるが、その本体は太陽神である。太陽神といえば、アポロがそうであり、アマテラスも太陽神といわれている。世界の神々は共通性がある」といわれます。

・多くの神話や伝説に出てくる地下王国とは、異次元世界を指しているようです。「金星蛇人 対 火星霊人」の争いと昔は言われていましたが、現在ではオリオン星人とか、シリウス人、プレアデス人とかの具体的な宇宙人の名前がでてきています。巨人族の神話、伝承も多いが、彼らは現在どこにいるのでしょうか。「トールホワイト」とよばれる2メートルから3メートルの白人種のオリオン星人も報告されているようです。トールホワイトと米政府とは繋がりがあるといわれます。それ以上の背丈の巨人族もいるらしいのです。
地下王国アガルタは、異星や異次元世界の伝承なのでしょうか。インドには、多くの謎を解く鍵があるといわれます。

・多くの宗教の教祖には、天使や神との神秘体験があるといわれます。 末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会の正式名称)は、日本でも米国の青年たちが熱心に布教活動をしており、街中で見かけた人も多いでしょう。日本においても米国人のテレビタレントなども輩出しているようです。

・ 日本に“魔王”が出てきたり、“産土神”が描かれるなど、まさしく稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻は、「世にも不思議な物語」で、驚きです。この神変変異もどこまで事実を正確に伝えているか分からないけれども、ある事実なら、大変貴重な記録といえましょう。どこまでがフィクションで、どこまでがナンフィクションなのか不明の伝承のようです。

・ヒトラーは、高次元の異星人に人格転換、憑依を受けた悪魔もどきなのでしょうか?「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。ヒトラーは、異次元の異星人とチャネリング(交信)ができたのでしょうか?ヒトラーという現象は、新興宗教の教主などに見られる憑依現象だったのでしょうか?ヒトラーとホワイトブラザーフッド(白色同胞団)の繋がりを指摘する者もいるといわれます。現代でも白色同胞団のコンタクティがいるそうです。

・シャンバラは、ピラミッドを造ったともいわれるオリオン系のシリウス星人と関係しているのかもしれません。シャンバラはエーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙船だともいわれます。横尾忠則氏の著書には「私の直感と宇宙人」「導かれて、旅」「見えるもの、観えないもの」「芸術は恋愛だ」等多数があります。かって新聞社やメディアが空飛ぶ円盤に熱中した時もあったそうです。

・イルミナティなどのフリーメーソンにはいると神に会えるという与太話もあるそうですが。もし人がフリーメーソンなら、彼自身、自分の利益のためにフリーメーソンを語らないという事実があるといわれます。リラ星は、“不死の惑星”だそうです。するとサン・ジェルマンは、リラ星から来たのでしょうか?それともシリウス人なのでしょうか?

・"不死の人"とは、リラ星(琴座)の"不死の惑星から"というフランス人のクロード・ボリオン・ラエルの「リラ星訪問記」を思い出させます。日本にも昔から異星人、異人の伝承は多くあり、赤顔の高い鼻のイメージの天狗ばかりではなく普通の「人間化」した天狗や「人間化」した鬼もいたといわれます。「異人」はオリオン星人だったようです。

・異次元の概念は私たち一般人には理解不能のようです。浦島太郎の民話も異星に行って帰ってきた話のようです。遠い星ほど短時間でいけるというパラドクスがあるようです。米軍はエリア51でエイリアンの超テクノロジーを入手しているといわれます。

・ミステリー・サークルとUFOの関係はよく報告されているそうです。
アンドロメダ星人の情報は、非常に少ないようです。「地球はレベルが低すぎて宇宙連合に入れない」という説もあるといわれます。しかしながら、宇宙連合の動きを伝えるチャネラーもいるようです。異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し社会生活をしているといわれます。


********************************
・ブログ名称: UFOアガルタのシャンバラ
日本は津波による大きな被害をうけるだろう
・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・
「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」
「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」
「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」
「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」
「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」
「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」
「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」
「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」
「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド



0

まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。(3)


「アガルタ(虹の都)」
 (R・E・ディクホフ)  (密教科学社)1961/1/1



<天上界におけるハイラルキー>
・ベテルギューズ遊星帯のどこかに存在する年老いた神々は、彼ら自身たちのために天上界におけるハイラルキーなるものを組織した。その代理とともに、この悠久な年代に地球の内部にトンネルを穿つことに成功した。これらのトンネルは、タイタンのトンネルとしばしばいわれているものである。

・火星からやって来た年老いた神々とその代理人たちは、かのタイタン人つまり巨人労働者をどこから導入したかについては語っていない。しかし、もちろん彼らはどこからどのような方法で、タイタンを連れてきたか、どこでどのように彼らを使役したかについて知っている。これらの巨人タイタン族は、遊星ウラナス(天王星)から来たもので、その父ララヌス神の御名にちなんで名づけられる。創世記の記述によると巨人タイタン族は、地球の内部に住んでいて地球の表面には住んでいなかったと記されている。

<人間のような手足を持った蛇やクロコダイルに似た生物>
・火星の超人科学者達は、悠遠の太古に宇宙空間を越えて飛来したのであったが、当時火星人は、彼らに対峙し挑戦していた敵を持っていたのである。それは、金星人であって、火星人と同様、宇宙旅行に関する原理について理解していた。そして、金星人は火星から飛来してきた半神半人の超人たちより、少し送れて、地球に到着した。彼らは、人間のような手足を持った蛇やクロコダイルに似た生物であった。この爬行生物については、聖書創世記の中にも人類の敵たる老いたる蛇、直立歩行し、言葉を語り、智慧と判断力を持つ蛇として描写されている。

<エジプトの死者の書>
・「私は、昨日の子孫であり、地球のトンネルに私は出生を与えた。そして私は、自分に予定された時に出現したのである」。また、「私は“ラ(Ra)のトンネルにいつでもいけるように夜をそこから運び去った」。我々は、またエジプト人が崇拝している地下王国の神オシリス神を除外することはできない”



「世界の奇書 総解説」(自由国民社)1992/11/1
「哲学的人類史」(インド起源説の原点)(ファーブル・ドリブェ)


<シナルシー>
・ 本書が後代のオカルチストの東方神話の原点の一つになったのは、19世紀後半のサン・チーブ・ダルヴェードルによるところが大きい。彼は、「ユダヤの使命」という著書で、ファーブル・ドリブェの人類史をほぼ全面的に踏襲しただけではなく、ラム帝国は、現在も存在していると主張した。つまり、イルシュの反乱後、ラム帝国の中心は地下にもぐり、世界各地のシナルシー派を密かに指導、支援してきたというのである。これがインドか中央アジア奥地に入口があるという地下王国アガルタである。このアガルタの消息を伝える「インドの使命」もまた世界の奇書の一つと言えよう。

・シナルシーは、アナルシー(アナーキー)の反対語で、ラム帝国とアガルタの統治形態である。これは、ファーブル・ドリブェの二権分立に、経済・生産従事者の組合(資本家+労働者)を加えた三権分立であった。サン・チーブ・ダルヴェードルは、ヨーロッパにおけるシナルシー革命を精力的に唱え、その下ではアガルタと連帯することを訴えた。このようにして、東西の協調と世界の救済が実現されるはずである・・・・・・。このシナルシー革命の余波は第二次世界大戦中ドイツ占領下のフランス政治の裏面にも及んでいるという。

<ラム帝国>
・アトランティスに対する決定的勝利を収めたラムは、インドを中心にイラン、アラビア、カルデア、エジプト、エチオピア、リビアにまたがる世界帝国を確立するのである。ファーブル・ドリブェによれば、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」には、このラム(ラマ、ラーマ)の事蹟を歌ったものであり、劇(ドラマ)の起源はラムの功績を讃える祭儀であったという。



「カリスマへの階段」
 (コリン・ウィルソン) (青土社)1996/3/1



<ジョセフ・スミス>
・モルモン教は、ヴァーモンド州生まれの農夫の息子ジョセフ・スミスにより1805年に創始された。スミスによると、モロニという天使が1823年9月21日の夜に現れて、アメリカの原住民の歴史が刻まれた黄金の板一揃いが埋まっている場所―ニューヨーク州パルミラから6キロの丘の中腹―を教えてくれた。スミスが最終的にこれを発掘するのは、1827年のことになる。最初の弟子―農夫マーティン・ハリス―が寄付した50ドルで余裕ができると、スミスは銀の眼鏡「ユイリムとトウミム」の助けを借りてこれを翻訳し、1830年に「モルモン経」として出版した。黄金の板は、天使モロニへ戻されたので、スミスのほかにこれを見た人間はいない。

・ただし、スミスは、その一部を紙に書き写し、弟子ハリスに命じ、これをアントンというニューヨークの学者に鑑定させたところ、文字は本物との回答が得られたと言う。)「モルモン経」の一部の「レヒの書」は弟子ハリスの妻により悪魔の作として火に投ぜられた。
「改良エジプト語」で書かれた「モルモン経」は、5世紀にバベルの塔からやって来たヤレド人の入植からアメリカの歴史を述べると語っている・・・・・イエス・キリストは十字架で死んだ後にアメリカに現れて福音を説いた。
誰もスミスも詐欺師と信じて疑わない。



稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻集成 
 (杉本好伸) (国書刊行会)2004/7/1



<魔王の山本(さんもと)五郎左衛門>
・稲生物怪録(いのうもののけろく)絵巻は、「実話」を絵巻物にしたといわれているが、異次元から魔王の山本(さんもと)五郎左衛門が登場したり、超常現象を体験した平太郎の側に冠装束をした人の半身が現れたりしている。これこそ「産土神」と云われている。



「2002年 悪魔の大降臨」 
(早川弼生) (学研)1996/9/1



<悪魔の叡智を継承したヒトラー>
・ナチスの創立者は、デートリッヒ・エッカルト。彼は黒魔術に精通する悪魔崇拝者として暗黒の秘密結社「トゥーレ協会」に君臨した闇の帝王であった。ナチスは、トゥーレ協会の公然活動部門として設立された団体なのだ。
「ヒトラーに続け。私はヒトラーに彼らと交信できるような手だてを授けた」これは、臨終にあたって、エッカルトがつぶやいた言葉だが、この“彼ら”というのも、もちろん“サタン”であることは、歴然としている。
その証拠にエッカルトは、死の3年前、「反キリストの器にして魔王ルシファーとともに世界を栄光に導く男が来る」という悪魔の啓示を受けたと言う。

・その彼が、ヒトラーに悪魔学を教育しているのである。ヒトラーの悪魔性について、彼の側近である、ナチスのベルリン大管区長官ヘルマン・ラウシュニングは、こう語っている。
「疑いもなくある種の力がよぎる。まったく悪魔的といえるくらいの力が彼をよぎるのだ。ヒトラーの政治的諸計画は、その背後にある思考、人間が宇宙と魔術的な関係にあるという彼の信念を理解しない以上、了解不能なのである」。

<聖書の言う「新しい天と新しい地」の降臨によって人類は霊的に進化する>
・この新しい天と地とはいったい何だろう。そのヒントは、このとき、天から下りてくるという聖なる都「新しいエルサレム」にある。もしかしたら、これは異次元空間へと新人類を乗せて旅立つ巨大な“マザーシップ(母船)”を描写しているのかもしれない。あるいは、また、地球それ自体がそっくり異次元空間へと転送されてしまうのかもしれない・・・・・・。



「アリス・ベイリー入門」(エソテリシズムとは何か)
 (土方三羊) (アルテ)2001/10/1



<ハイアラーキーは、過度の悪に対する抵抗勢力である>
<ハイアラーキー>
・シャンバラが意志のセンターであるのに対して、ハイアラーキーは愛と知恵のセンターである。

1、 ハイアラーキーは、人類と過度の悪の間の壁になっている。宇宙的な源から発する過度の悪が押し寄せて破壊するのを防ぐには、ハイアラーキーの熟練の手段とシャンバラの認可が必要である。
2、 ハイアラーキーは、絶えず、すべての形態の意識様相を目覚めさせる仕事に従事している。
3、 ハイアラーキーは、人類が許す限りにおいて、世界の出来事を方向付けている。
4、 認識されている以上に、ハイアラーキーは、周期的に開花する文化とその結果である。文明を指導し統御している。
5、 ハイアラーキーは、シャンバラからのエネルギーとその結果としてのフォースを受けて指導している。
6、 ハイアラーキーは秘境的な「神の火」を受ける。
7、 ハイアラーキーは、人々にイニシエーションの準備をさせる。



「不思議な世界の歩き方」 (超能力者・霊能力者に学ぶ)
 (布施泰和) (成甲書房)2005/8/9



<シャンバラと京都の鞍馬山の伝説>
<異星人は、地球人の進化に干渉しないと言う宇宙の定め>
・シャンバラにはピラミッドがあって太陽と相対して「磁流」を放出している。そこには宇宙の真理を体験した「アデプト(超人)」が暮らしていて、覚醒した人が地上に現れれば、その人に援助を送り、魂の意識を進化させる手助けをするのだという。

・地下王国アガルティは網の目のように空洞や通路があって、世界各地の地上と通じている。その地下への八つの入り口は秘密になっているが、北極にあるという巨大な穴から地球内部に入れるのではないか。
シャンバラの王サナートクメラは650万年前、空飛ぶ円盤(天車)で地球に降臨した。その場所は、中央アジア高原とも京都の鞍馬山ともいわれている。

<鞍馬山と金星人>
・ 宇宙人たちは、地球の内部に空洞があって、シャンバラの存在を知っているが、シャンバラに一目置いている。シャンバラの指示がない限り、地球に対して勝手な行動が許されない。それほど、シャンバラは地球にとっても宇宙にとっても大きな存在。

<シャンバラへの憧憬>
・シャンバラは、チベット密教に伝えられる不可視の王国の中心地であるとされている。一説によると、雪山に囲まれた八葉の蓮の花が開いたような地形であり、その蓮華の中心にシャンバラ王の住むカラーパ宮殿があるのだそうだ。各花びらに相当する盆地には1000万の街をもつ国が12あり、96の小王国があり、約9億6000万の街があることになる。

・また、一説によるとアガルタは、四つの運河に区切られ、七つの都市が栄えている。その中心には、ひときわ壮麗な首都シャンバラが美しい湖に囲まれてそびえたっている。そこに住む人々は、ヴィマーナと呼ばれる空挺に乗って、都市の間を移動するだけではなく、宇宙の彼方にある遠い星への行くことができると言う。アガルタは、世界の大洪水を生き延びた賢者たちが今なお住んでおり、地球外の高度な存在、宇宙人や天使たちと常に接触を持ち、協力して地球人の精神的進歩と魂の浄化を図っていると言う。もちろん、こういった話は伝説の域を出ない。

<横尾忠則(画家)とUFO>
・そのような横尾も実際に円盤に乗ったことはないようだ。ただし、夢の中では、UFOに乗って地球外惑星に行ったり、地球の内部に入ったりしたと主張する。「夢とは思えない」ほど実に生々しい体験であったと横尾は言う。

・地球外の惑星はともかく、地球の内部とはどんな所なのだろうか。横尾は、地球の内部にはアガルティという地底王国があり、ヨーガの説く最高中心としてのシャンバラとは、その首都の名前であると言う。「シャンバラには誰でも行くことはできません。本当に選ばれた者だけが、アストラル体で往くことが許されるのです」。



「大予言事典・悪魔の黙示666」
 (高橋良典)(学研)1982/11/1



<フリーメーソン>
・ユダヤ人の世界制覇のための道具であり、その世俗的活動は、世界制覇という真の目的を達成するための隠れ蓑であるというのである。そして、地下におかれた秘密司令部直轄の超秘密結社“イルミネ団”(政治面を担当)と“薔薇十字団”(科学面を担当)こそが、真のフリーメーソンであり、この2つの超秘密結社が、世界制覇の陰謀の両軸を担っているとも言われている。

・ユダヤ側では、この陰謀説を前面否定しており、フリーメーソン側でも「フリーメーソンは、世界的有力者の単なる一大サークルにすぎない」と主張している。が、アメリカ独立戦争、フランス革命、第1次世界大戦、ロシア革命、第2次世界大戦、イスラエルの国家再建等々、歴史的な大事件のほとんどにフリーメーソンが、何らかのかかわりを持ち、人類の歴史を裏から繰ってきたことは確かだとみられている。

<サン・ジェルマン伯爵>
・ 18世紀のヨーロッパで活躍した有名な錬金術師。<不死の人>という評判をとった。

・ しかし、別の説では、彼はイエスの復活を目撃した<不死の人>といわれ、「マタイによる福音書」に記された「死を味わない者」の一人だと見られてる。

・ よく聞いておくがよい。人の子が御国の力を持ってくるのを見るまでは、死を味わない者が、ここに立っている者の中にいる。(第16章28節)

<死を味わない者とは?!>
・この説によれば、サン・ジェルマンは、イエスの12弟子の一人で、イエスの再臨まで2000年以上も生き続けることを命じられた奇跡の歴史の証人ということだ。
いずれにせよ、サン・ジェルマン伯爵は、過去2000年の謎を秘めた人物である。その彼が、近いうち日本に姿を現したとき、あなたはどのように彼を見つめるだろうか。



「宇宙連合 大計画の道」(人類・宇宙のユートピアへの進化)
 (円想作+康普全)(たま出版)1997/2/1



<異次元の認識も現代科学では、少しづつ進んでいるようだ!?>
・プラス次元―高次元といい「波動次元」と表現します。4次元以上。

・マイナス次元―真次元といい「物質次元」と表現します。3次元以下。

・ さらに波動次元のことを、つまりプラスの高次元について「神仏の世」と呼びます。そして、物質次元、つまりマイナスの真次元のことを「人間型意識生命体の世」と呼ぶのです。

・ この物質次元のマイナスに行けば行くほどに、進化した人間型意識生命体、すなわち超人類とか進化惑星人といわれる宇宙人の世となるのです。

<複雑なる宇宙の姿。硬像について>
1、 各次元に対し、プラス、マイナスにそれぞれ103の硬像があります。ただし、神仏の世には存在しません。

2、 現象の影であります。これは実在界(地球では、5次元大霊界)の現れの影が写っているのです。

3、 現象の深さであります。実在界の結果の深さの表れの現象であるのです。

4、 実在界の違い。地球の実在界は、5次元ですが、他星人の実在界は5次元とは限りません。

5、 実在の深さの違いによる現象であります。これは現象の深さと似ています。

6、 98次元。「悟」の隠れ道であります。これは高次元意識生命体「悟」の遊び場であり、仕事場であり、キャンパスであります。

7、 悟の描いた迷路であります。宇宙の人間型意識生命体、神仏の修業の場であります。したがいまして、宇宙は、簡単に解き明かせないように「悟」によって調整されているのです。

<浦島太郎のような現象、ウラシマ効果はないという説もある>
・このワープ航法を用いますと光速を超えるなどという非現実的なことはせずとも宇宙のはるか彼方への飛行は、可能なのです。
このワープで航行しますと、トピ船内の時間経過は何ら変化は、なく「ウラシマ効果」なる奇妙な現象は、全く起きないのであります。すなわち、有名な物理学者であるアインシュタイン博士自慢の「特殊相対性理論」は、全くの誤りであることが分かるのです。
「多次元」「多硬像」を認めることにより、「宇宙の謎」に「UFOの謎」「進化した宇宙人の謎」などが氷解し、少しづつではありますが、理解できるようになるのであります。

<トピ船のワープ航法>
・従来の仮説、推測では、UFOは「光速を超える」とか、「異次元を飛行する」などと言われてきましたが、どうも的確な答えとは申せません。
 つまり、彼ら進化した他星人のトピ船には、地球人の考えるエンジンというものはなく、「次元跳躍装置」と「硬像通過装置」があるのです。もちろん、通常の空間(つまり地球上では3次元空間)を移動しているときは、磁力エンジンを使用します。この次元と硬像を飛び越えることで何百万光年離れた所にもわずか数分という「時間」で到達できます。これが「ワープ航法」というのです。



「大脳と意識の変革論」 (超高意識への上昇)
(當山開楽+康普全)(たま出版)1998/3/1



<チャネリングは、右脳と関係している>
・さて、人間は、まず大脳覚醒の中で最も先に右脳が覚醒します。右脳の覚醒は、幼児期から始まり、30~40歳でピークを迎えます。右脳が覚醒しますとまず宇宙とのつながりができます。これまでになかった種々の現象が出てきます。これを覚醒反応といい、ほとんどの方が、これからこのような反応を体験します。先を行く者である私達は、皆様の指導的立場として、種々の真実を伝えていき、より安全に右脳が覚醒していくことを指導教授しているのです。

<ミステリー・サークルとは>
・ミステリー・サークルは、間違いなくトピ船(地球人はUFOという)の飛翔の形跡であり、地球において「何かをした証し」であります。そのほとんどが、実験的や研究的なことであり、地球人に合った水や食物の選定や摂取のためのデータ集めのためであります。

<弥勒の世への移行は、肉体・波動体の浄化が最優先する。>
・ミロク(弥勒)の世への移行は、波動の世界ではすでに行なわれており、そこでの生活を無理なくできるように、肉体・波動体の進化があります。トピ船への乗船は、まず、肉体・波動体の完全浄化が最優先であります。

・ 全アンドロメダ星人の超博愛力によりバックアップされています。

・ ここで言う全アンドロメダ星人というのは、シータ星人も含めた方々であります。何故かと申しますと、シータ星人も、ルーツは、アンドロメダ星人なのです。家族で言えば、兄弟みたいなものであります。

<宇宙創造主の苦行から大宇宙意識の楽行へ>
・大宇宙連合の教えは感謝を基本としている。意識変革を楽しむには、これまでの常識を捨て去るしかありません。
・大宇宙の進化の流れは惑星の統治者すら代える。

・大宇宙には、数多くの惑星があり、それを統治する者がおります。統治する者とは、大宇宙より使わされた神仏であり、神仏型意識生命体であります。地球には、宇宙創造主という神が存在し、統治しておりました。

・ 宇宙創造主の地球の支配は終わりを告げる。

・ 宇宙創造神から始まり、円大神・弥勒菩薩へと進み、大宇宙連合へと託される。まさに大宇宙の計画に添って世は進み、前進、前進とひたすらに歩み続ける。

・ 「大宇宙連合大アンドロメダ星人」の意図的支援と協力!!

・ 宇宙には、多くのワンダラー博愛者がいます。宇宙連合そのものが、博愛を持った連合であります。21世紀は、地球星も宇宙連合の仲間入りを許されます。

・ 地球星も宇宙連合の力により育てられ、大進化をしております。

<シータ星人>
・ 宇宙連合太陽系のリーダーの任を預かる金星人の集団で、はるか古代より地球に飛来したり、人類の意識改革を促したりして、地球人類に警告や様々なメッセージを送っている。非常に利他愛にあふれ博愛精神の持ち主たちで、高い水準の科学文明テクノロジーを保有しています。大淘汰、ポールシフトが終わり全て落ち着いたら、私達地球人と共に新しい地球に移住する予定の人たちであります。

<トピ船>
・宇宙連合が使う宇宙船。宇宙艇の総称です。トピとは、「無限なる宇宙」という意味です。

<トピ通信>
・アンドロメダ星人からの単発的通信のこと。


________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・他人の霊魂が人に取り付いて、悪さをしたりすることは、日本や欧米でも観測されており、キリスト教会では、「悪魔祓い」(映画にもなっていますが)も認めているようです。信じられない現象ですが、「多重人格」なども実例が報告されているようです。死後の世界では、信じられないような世界が開けていると言われています。あの世が、現世に影響を与えているという説もあるようです。臨死体験から、神や天使の実在を信じる人々が増えてきているようです。

・死後の世界を知れば、肉親の死に直面しても暗くならないといわれます。「死後の世界」を知れば、自分の死の恐怖がなくなるそうです。現代では、“死後”に高次元の異星人、つまり天使や神々と遭遇すると言う説が多数説となっています。子供たちの臨死体験は、表現に限界があるようです。「前世を語る子供たち」という本もありますが、臨死体験で幽体離脱(体外離脱)体験をする子供たちも多いようです。トーガという服装は、「死後の世界」にも「上位次元の異星人の世界」にもよく出てくる服装の表現のようです。 「(トーガ)。古代ローマ市民が着用した外衣。半円形または楕円形の布をからだに巻くように袈裟(けさ)がけに着る。のち男子の専用となって階級により色・着装法が定められた」。(アウトオブボディ(体外離脱)は、夢の中でもおきるようです。夢自体が対外離脱の一種かもしれません。より高次元の神々の存在は、私たち一般人は、理解できません。

・“精霊界以上のより高次元の光の存在”は、よく指摘されるストーリィのようです。タイム・トラベル的な記述もいろいろなところで見られるのが特徴でしょうか。いわゆる地獄でも高次元の天使は、救いの手を差し伸べているようです。<死後に入る“精霊界”は、人間の社会生活と大体同じと言われていますが、もちろん大きく違うところもあると言われています。異星人ものや「死後の世界」の記述では、タイム・トラベルはあるといわれています。天界の音楽は、想像を絶する程度に華麗なようです。<キリストが案内した都市とは、アストラル界かエーテル界にある都市なのでしょうか。死後に行くエーテル界やアストラル界の都会の状況は、想像に絶するもののようです。そして、あなたもいずれはその世界に向かう運命なのです。死後の世界のサマー・ランド(精霊界)と神智学で言うエーテル界やアストラル界は、同じようであり、死後の人間や高次元の異星人(天使)などがいるといわれます。風景は地上と同じであると言われていますが。

・太古に南北アメリカ「に白い神」つまり異星人が、天空から飛来していたようです。たくさんの伝説が、その事実を物語るといわれます。

「失われた惑星文明」(ジョン・A・キール) (大陸書房)の本の中のチムニー・ロックの現象は、シリウス星人のワンダラー(転生)やウォーク・イン(憑依)現象に関係しているのかもしれません。RV(リモートビューイング)(遠隔透視能力)「千里眼」「天眼通」のことのような超能力のメカニズムは不思議なものです。

「コズミック・ヴォエージ」(コトニー・ブラウン)(徳間書店)(1997/3/1)の本におけるSRV 科学的遠隔透視による宇宙をあるようです。「宇宙人もの」の情報は、米国から日本へ流れてくる情報量自体が減少したようです。米国や日本のUFOマニアたちの活動は、どうなっているのでしょうか。出版活動も低調のようです。

・「高天原(たかまがはら)」は、異星にあるか、エーテル界に突入した「都市型の超巨大宇宙船」なのか、定説はないが、異星に存在するとする説は、無理のない推論でしょうか。「光と闇」「善と悪」の二元対立に象徴される壮大な銀河スケールの宇宙戦争のイメージは、スター・ウォーズが大規模にあったという話につながるようです。大天使ルシファーが、天使団の3分の1を率いて、神に反乱を起こした天の争いは、形を変えて地球に波及してきているのでしょうか。「大規模なスター・ウォーズのオリオン大戦は何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」といわれます。
昔の「火星人」「金星人」という言葉の代わりに現代では「プレアデス異星人」「リラ星人」「オリオン星人」「シリウス星人」という具体的な星座の言葉が使われだしたようです。

・「金星人」や「火星人」とは、「金星を基地としている宇宙人」「火星を宇宙基地に使っている異星人」という意味であると言う説もあるようです。金星や火星の異次元に存在するという説もあるようです。地球人の眼から、異類タイプの異星人が見えないように隔離されているという説もあるそうです。グレイと人間の混血種が、登場し、覇を争うと予言されているといわれます。セイロン人やチベット人の言う『丘に囲まれた楽園イラ』とは、「シャンバラ」のことを指すのでしょうか。異星のどこかに楽園があるという伝説は、世界中にあるといわれます。

・転生を自由に操作できるのは、天使クラスの異星人であるシリウス星人であるといわれています。進化した異星人が、ウォーク・インやワンダラー現象を起こせるのでしょうか。誰でもアストラル体で、幽体離脱をして、夢の中で異次元に行けるようです。エーテル界やアストラル界の都市とはどんなものでしょうか。そして、そこに住む異星人は、どれだけ進化しているのでしょうか。精霊界では、思念エネルギーで、エーテル質量から建造物を造れるといわれているようです。エーテル界やアストラル界の不思議な現象は想像を絶するようです。「死後の世界の描写は、当然ながら、著者が違っても、内容は一致してくる。死後に出会う天使が、高次元の異星人である」といわれます。通常は人間タイプなんだけれど、一皮向けば爬虫類人だったという米国の連続テレビ映画が昔放映されたようです。

・顔形を自由に変えることができる異星人もいるようなのです。神々が動物などに変身できるという概念は、人間にとり想像を絶するでしょう。だが、シリウス星人は、「人間を思念(?)で創った」と言われるほど、念力が強いようです。一方、リラ星人は、「実験室で人間を造った」といわれています。神々が動物の姿をしているSF映画もありましたが、種々の情報から、モンスター(怪物)・タイプの異星人・天使・神々も多いといわれています。3割の動物タイプの中には犬頭人の宇宙人もいるといわれます。神々が動物に化けたりすることは世界中の神話にあるようです。「シリウス星人は、人間がぞっとするような生物を作り、神話などに登場するが、これが神に嫌われる原因になった」といわれます。われわれ人類がイメージする人間タイプの神様に会う前に動物に変身したといわれている神々や天使に遭遇するのでしょうか。シリウス星人の事実に触れたのは、ジョージ・ハント・ウィリアムソンが最初ではないでしょうか。著者のシリウス星人の研究は高く評価されているようです。北米インディアンのナバホ族は、「金髪の神」を信じていたといわれます。

・ライオンのような顔をした異星人もいたのでしょうか。「シリウス人は、高度な知性を持つ猫のような生物を創作した。この猫のような存在は、ライオン人間と呼ばれた」といわれます。シリウス星人は、人間がぞっとする、嫌悪を感じるような生物を創ったので、神に嫌われたといわれます。絵画で見られるモンスター・タイプの生物は、シリウス星人の遺伝子操作などで造られたのでしょうか?モンスター・タイプの異星人と人間タイプの異星人は、結局はそりが合わず、よく戦争をするようです。まるでスター・ウォ-ズの世界ですね。「人間を遺伝子操作か思念(?)で創った」といわれているシリウス星人は、謎だらけの異星人のようです。グッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間)の異星人は、フリーメーソンと関係があるようだです。フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのであるといわれます。
米国はフリーメーソンの国といわれていますが、いわゆるグッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間)の異人が多い国なのでしょうか。グッドリー・カンパニーとフリーメーソンは関係があり、その背景にはシリウス星人がいると言えましょうか?“転生”を自由に管理できるシリウス星人は、地球人に転生してきているようです。あなた(地球人)は、“記憶を失った異星人”だそうです。宇宙友愛連合の異星人は、地球人類を救うために太古から来ているといわれます。グッドリー・カンパニーのような転生を操作できるシリウス星人は、我々人類の死後の世界にも登場するのかもしれません。グッドリー・カンパニーとは、転生を自由にできるシリウス星人のことではないのでしょうか?地球上で、ウォーク・イン(憑依)とかワンダラー(転生)と云われている現象を演出しているのは、シリウス星人だといわれます。「グッドリー・カンパニー」のような転生を操作できる天使クラスの異星人と、宇宙船に乗ってやって来る異星人の二種類があるといわれています。

・ 「日本神代文字」 吾郷清彦)(大陸書房)における日本神代文字は、異星文明の文字ではないのでしょうか。異星文明の文字、例えば、グレイの文字は、どのようなものでしょうか。

0

まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。(2)


「ライオンの隠れ家」
 (ジョージ・ハント・ウィリアムソン)(求龍堂)
(異星人だった歴史上の偉人たち)1999/9/1



<ジョージ・ハント・ウィリアムソンは、シリウス星人のコンタクティーとしても知られている。>
・この本の著者(1926~1986)は、マヤ・エジプト他の古代史研究の世界的権威。象徴学の大家としても知られ、人類学者、老古学者、正教会司教、マルタ騎士団最高幹部、冒険家、そして作家と多彩な顔を持ち、そのすべての分野で傑出した才能を発揮した。「神々のルーツ」「アンデスの封印」「ソーサーズ・スピーク」「ロード・イン・ザ・スカイ」他、多数の著書を持つ。ナスカの地上絵と異星人の関連性を世界で初めて指摘したことでも知られている。


<北米インディアンの伝説が語る異星人との交流の歴史>
・ 北米インディアンの伝説や、宗教的儀式およびシンボル類の多数が、宇宙人たちが新世界(南北アメリカ大陸)のさまざまな場所に定期的に訪れ続けてきたことを如実に物語っている。チェバー川の洞窟(前6世紀)やグランド・キャニオンの洞窟(後13世紀)に描かれている太陽円盤は、宇宙からの訪問者たちの乗物である「空飛ぶ円盤」の絵なのである。
北米大陸の東部に住むインディアンたちの伝説にも「スター・ピープル」や「上の人々」が頻繁に登場してくる。南ダコタ州に住むマンダン族の人々は、宇宙が「上の世界」と「我々が住んでいる世界」と「下の世界」の三つの世界で構成されていると信じている。

・ ナバホ族の伝説は、「稲光を伴った渦巻き雲」とともに雲から降りてきた「金髪の神」について語っている。

・ ナバホ族もホピ族もこれまで、他の世界からの巨大な宇宙船や円盤を頻繁に目撃し続けてきた。しかし、彼らも、そのことを外部のものには、話したがらない。数年前、直径十数メートルほどの球状飛行物体が多くのインディアンに目撃された。

・ 北方に住むチペワ(オジブワ)族は、「石のカヌーに乗ってやって来た小さな人々」の話を語り続けている。そのカヌーは、水の中に潜ることもできたという。

<光り輝く魂たちの目的が間もなく果たされる>
・グッドリー・カンパニーは、今なおさまざまな場所に住むさまざまな個人として地球上を歩いている。

<同じ転生パターンが繰り返えされる>
<なおも仕事を続けるグッドリー・カンパニー>
・イエスの昇天後もグッドリー・カンパニーは、地球上で繰り返し生き続けてきた。歴史に名を残す人物として、生きた者もいるが、ほとんどの場合は、歴史が記録するのを忘れた人物として、生存した。しかしながら、彼らが、アトン(唯一神)のもとで、行い続けてきた仕事は、宇宙的には決して忘れられることがない!

<グッドリー・カンパニーは、12,3世紀の北米大陸にまとまって転生した。>
<光の船団、水没を続けたレムリア大陸の地に再び飛来>
・近隣の惑星からの「光の船団」もまた飛来し、1万年ぶりに再びその地をおとずれていたのである!

・ 米国南西部のその地域は、今日のインディアンたちの間では、「太陽からの人々の大地」あるいは、「ライオンの大地」として知られている。そして、実はアリゾナという地名自体がライオンと極めて深い関係がある。アリゾナの「アリ」はヘブライ語で「大人のライオン」という意味なのである。テロスに「光の船」でやって来たメルクは、ツタンカーメン、アロン、聖マルコ、聖ゲオルギウスなどとして生きてきた後で、またもや「光の船」で戻ってきた。

<金星からの「光の船団」がレムリア(ムー)に到着>
・ムーとその植民地に住んでいた偉大な魂の多くは、最期を間近に控えたアトランティスに転生した彼らは、やがて訪れる“夜明け”のための準備を押し進めていた“グッドリー・カンパニー”のメンバーたちだった。“光の仕事人”としても知られる彼らは、すでにいくつもの文明といくつもの生涯を渡り歩き、いくつもの天変地異とも関わり続けてきた。

・地球の全生涯を通じて、グッドリー・カンパニーの面々は、無限なる父の意思に基づいた遠大な計画を遂行すべく、群れをなして転生を続けてきていた。新しい都での統治を開始したアクナトンの周囲には、誤った教えを一掃することで、世界を大改造しようとする彼の巨大事業を援助すべく、特に偉大な魂たちが集合していた。

・ カトーは、偉大な芸術家であり、石や貴金属に細工を施す名人だった。アクナトンの治世下で発生した一大芸術革命は彼の先導で押し進められた。この大芸術家は、後に傑出した哲学者で、グランド・マスター・メーソン(訳注=フリーメーソン団の最高位)でもあった。孔子としても生きている。彼はまた、その昔、第四王朝のファラオ、クフ王であったこともある。

<グッドリー・カンパニー>
・グッドリー・カンパニーのメンバーたちは、自ら志願して地球に転生して(生まれ変って)きた異星人たちであり、彼らは“ワンダラー(放浪者)”という名を付けられている。彼らは、これまで地球上で何度も生まれ変り、まさにあらゆる時代を通じて地球人類を援助し続けてきた。この地球上で、これまでに発生したあらゆる文明が、彼等の影響を極めて強く受けている。
この本は、また太古の昔から宇宙船に乗って地球を訪れ続けている異星人たちにも、スポットライトを当てている。世界中の多くの伝説の中に登場する「スター・ピープル(異星人たち)」や「天からやって来て人々の間を歩いた神々」は、大昔の迷信深い人々による妄想の産物などでは決してない。それらの神々は、実は聖書のあちこちで紹介されている天使たちと同様“グッドリー・カンパニー”の活動と地球人類の進歩を援助するために宇宙友愛連合に属する他のさまざまな惑星からやって来た、異星人たちにほかならなかったのである!彼らは我々と同じ肉体を持つ人間であり、宇宙船に乗って今でもここを訪れ続けている。

<ライオン(訳注;真実という意味)の隠れ家の扉が開かれようとしている>
・その昔、ある魂の集団が、人類の獣性から神性への旅を後押しするために宇宙の彼方からやって来た。彼らは、“グッドリー・カンパニー(善良な仲間、美しい仲間”と呼ばれる集団を形成して、今なお活動を続けているが、その事実を明らかにすることが、本書の第一の目的である。
彼らは、この悲しみの惑星に、今から1800万年ほど前に魂のみでやって来て、人の肉体を手にして、以来現在に至るまで、堕落した地球人類の教師として、まさに身を粉にして働き続けてきた。彼らは、オシリス、アポロ、メルクリウス(マーキュリー)、トートといった伝説の神々として、名を残すとともに、その後もさまざまな統治者や民族指導者に生まれ変っている。バール、バッカス、モロクなどの邪神たちは地球製の魂たちであり、黄金時代の終焉とともに歴史の表舞台に登場し、人民を従えた者たちである。


「外宇宙からの訪問者」
 (レイモンド・E・ファウラー) (集英社)1979



<グリーンの世界>
・ 次にベティがかいま見たのは、グリーンの世界だった。都市がある。植物も、しかしベティはそれらをどう表現したらいいか分からない。ピラミッドも今まで見たものと違っている。さらに当惑するものにベティは、引き合わされる。それが、不死鳥。これが一体何を意味するのかUFO研究30年のレイモンド・ファウラーをはじめベテランの調査官たちは、頭を抱え込んだ。過去のあらゆる第三種接近遭遇においても、この巨鳥、声、イエスキリストの例は見当たらない。これまで、論理的な広がりを持っていた催眠による逆行記憶回復が思わぬ壁に突き当たったのだ。

<エレメンタル・ボディ>
・ 私たちの深い潜在意識であり、3つの低次元の身体である精神体・感情体・肉体のための青写真を保持している。エレメンタル・ボディは肉体という器をつくる上で、私たちを助力し、肉体を維持し、新しい活力を与えてくれる。人間がエレメンタル・ボディに対してネガティブな思考パターンを送るようになった結果、肉体的な欠陥や病気や不快感などが生じたのである。健康と健全な思考パターンをエレメンタル・ボディに送れば、光に満ちた完璧な身体の創造に喜んで手を貸してくれる存在である。

<グレート・セントラル・サン>
・ 私たちが所属する銀河系の共同創造神(複数)の故郷。

<エロヒム>
・ 創造主の思考の資質を代表している七人の偉大な存在。アーキエンジェル(大天使)は、創造主の感情を代表している。



「聖なる探求」(私はアーキエンジェル・マイケルです)
 (ロナ・ハーマン) (太陽出版)2004/6/1



<アストラル界>
・4次元の世界の別称。七つの局面に分かれており、下部の1,2の局面は非常に暗い状態であり、上の局面に行くにつれて光が増してゆく。コナン・ドイル(『コナン・ドイル“人類へのスーパーメッセージ”』)によれば、アストラル界の第七局面の後に「サマーランド」があり、これは普通人間が天国と考えるような場所であるという。

<アストラル体>
・アストラル界に存在する時の身体。

<エーテル体>
・肉体に比べてより精妙な物質から成り立っている目に見えない身体で肉体・精神体・感情体のための青写真を持っている。別名「アストラル・ライトボディ」とも呼ばれている。



「家畜人ヤプー」 
 (沼正三) (幻冬舎アウトロー文庫)1999/7/1



<飛行島>
・「実は、どちらも蓄童を空中に飛ばせるためである。この飛行島の人工重力圏では、重さ15キロ以内の物体には簡単に飛揚装置が取り付けられる。それが羽根と光輪である。羽根は正式には双小翼といい、揚力は皆無だが重力盤の作用を消去する振動を合成する。そうすると軽くなって、光輪のヘリコプターの牽引力だけで浮揚できる。この光輪は、白人用の光傘と外見は似ているが、作用はまったく異なる物で、名称も輪状翼(アニユリツト)という。この装置を使用するためには、ヤプーの体重を幼児並の15キロ以下に減少させねばならない。そこで、縮小機に掛けて作り出されたのがペンゼル、すなわち飛揚蓄なのである。

・あたりは一面の柔らかな芝生で、ふと身を倒して、両手で葉末をなで回してみたいような衝動にかられる。飛行場らしい建物もなかったが、遠く前方には例の中央山が傲然とそそり立って白く輝き、その手前には山岳を削り成した城が見える。高さは千五百メートルにも及ぼうか。上空からながめた時とは違って、のしかかってくる絶壁の威圧感。しかも、単なる自然の壮観ではなく、膨大な人力の加工を暗示して、ブルーゲルの描いた『バベルの塔』の絵の持つ迫力を見せていた。―この飛行島全体の基盤にひそみ、これらの山々自体を造成した人工こそ真に驚異に値するものだったが、ここでは、それと自然に同一化して山々を削ったわずかの機械力だけが人為と見えていた。それですらピラミッドや巨大ダムを児戯視せしめる規模を示しているのである。

<「高天原」諸景>(飛行島着陸)
・クララのほうは、麟一郎どころではなかった。期待に満ちてタラップを降り立つ・・・
―まア! 空一面のバイオリン!
ドイツ語の成句に「天空一面にバイオリンがぶら下がっている」という表現がある。飛び切りうれしい恍惚状態を指す言い方だ。今彼女は降り立った瞬間、天から聞こえる音楽にふと眉を上げて、この成句どおりの光景を見たのである。肩に小さな羽根をはやし、頭上に光輪をいただいた、裸の童形の天使たちが、小さなバイオリンを連ねて歓迎の合奏をしている。子供の頃から教会でなじみの模様さながらなのだ。
「いつ聴いてもいいものねェ。クララ、これは蓄童(ベンゼル)といってね、ここの名物、アンナお得意の奏楽隊よ。ヤプーでもこんなに可愛い顔がよくもそろうものなのねェ」

・ 天使の絵はなぜ裸の幼児で表現されるのか、クララは今それを悟った。ヤプーだから裸なのだ。縮小されているから幼児に見える。去勢されているから性別不明と思える。しかし、なぜ縮小されているのか。なぜヤプーのくせに光輪をかぶっているのか。それは、クララにはわからなかった。

<高天原は、飛行島であった。>
・ 「クララたちは『竜巻号』がこの重力圏にはいると同時に、その振動を受けて島を見ることができるようになったのだ。振動といっても、島全体が一緒なので、ちょうど地球の自公転運動が地上では感知できないように、五官にも感じない。
 空中列車は、旋回しつつ下降してゆく。中央山の中腹にある氷瀑(ひょうばく)、氷湖、外輪山脈との間の環状盆地にある密林、碧たん、桃園、外輪の七峰のうち三つまでがそれぞれ一大城門に削り成されている豪快な斧鉞の跡、その外側に渺茫と広がっている環状平原の、あるいは広潤な田野となり、あるいは管理の行き届いた山林となり、あるいは豪華な都邑(とゆう)を作る有様、所々に湖をたてつつ、周辺部のいちばん外側を取り巻く幅1キロの環状湖へ流れ入る七筋の川は、森の樹種でも、芝生の上の建物の色彩でも、尖塔の様式でも、花壇の配置でも、流域ごとに異なる七様の景観を提供している。極地の氷河、砂漠のオアシス、いったいどこまでが人工、どこまでが天然なのか?いや、全部が人間の工作物に違いないのだが・・・・・」

<浮力盤の機構>
・ 浮力盤の機構は、20世紀科学の用語では説明しがたいが、島の中心部(中央山の岩盤内)の振動素子結晶体から送られる高速四次元微震動が、地球重力遮断に重要な役割を演じていることはいっておかねばならない。島全体が、その上のあらゆる物を含めて、微妙な振動を付与されている。そしてその振動のゆえに、飛行島は人間の目に見えない存在に化しているのだった。島の上空に来て、閉鎖空間であるその重力圏に入り、島の固有振動を自分も付与されない限りつまり、島の外や島の下(地上)からでは見えないのである。扇風機の羽根が回っている時に向こう側が透けて見える、あの理屈である。4次元振動によって3次元世界から視覚的に離脱するのだと表現してもいいだろう。

<「高天原」諸景>
<飛行島(ラピュータ)着陸>
・ 見よ、1万メートルの高度から地面を俯瞰する視界の中ほどに、突然新世界が現出したのだ。中央には雪をいただいたその頂上がK2の峰よりも高い円錐状の高峰、それを円周状に囲んで七つの峰を持つ山脈、その周辺の平野、その外側を完全な円周となって取り巻く湖水、・・・・・人口とは思えない大規模な一大自然が、すぐ目の下に浮かび出てきたのである。
 これが、飛行島(ラピュータ)「タカラマハン」だった。
直径百キロの大円盤を想像されたい。その面積は琵琶湖の12倍、関東平野に匹敵する。厚さはいちばん薄い部分で1キロ、中央は盛り上がって、最後部では厚さ5キロに達する。周辺部から望んで高さ4千メートルの高山なのだが、島の底面自体が地表からずっと離れて海抜5千メートル以上の高度にあるのだから、その山頂は、K2をはるかに超えた1万メートルの高峰になるわけだった。
 土壌と岩盤から成る地殻部は、数百メートルの厚さに達するが、その下に百メートルの厚さの引力盤は地球の重力を遮断し、斥力を利用して島を浮揚・推進させる基盤部で、されば島上の諸物に代って安定させるための引力盤が必要であった。



「琉球神話と古代ヤマト文学」
 (永藤靖) (三弥井書店)  2000/8/1



<スサノヲ>
・ところで、我々はこれと対照的な神として、古代ヤマトのスサノヲを措定することができる。スサノヲは、一方では樹木を植え、クシナダヒメを救助する豊穣神であり、善神であったことは確かである。その意味では、南島のマユンガナシに適応する神であったといってよい。ところが、記紀ではスサノヲは多くの場合、悪神として性格づけられているのが露骨に見える。このことはちょうどマユンガナシが五穀のために来訪するのと同じであるといってよい。というより本来持っているはずの来訪神の機能の一部を肥大化し、善神の部分を消去し、アマテラスに敵対する神として記紀の編纂者は、変更したのである。

・ 海を統べるスサノヲは、本来、水平的な世界像を持った神であったろう。水平的な世界像によって、この神は来訪神としての機能を持つに至ったと考えてよい。これに対し、アマテラスは天上的なむしろ垂直的な神として、シャーマンのもとへ降臨・憑依するのである。

・ 来訪神は、シャーマンによって駆逐されなくてはならない。すなわち、天照大神として国家神として祭祀されていく過程で、スサノヲは障害のある邪悪な神として措定されなくてはならなかった。天つ罪を犯した犯罪者とは、豊穣神であった神のネガティブな表現である。

<ミロクとサーカ(シャカ)>
・これも南島の「火」の起源伝承で、「ミロクとサーカ(シャカ)」という型の話として南島全土に広がっている。勿論、このミロクは、未来に出現して、衆生を救う仏教の弥勒、サーカは、釈迦から出ていることは、自明である。ミロクは、未来神、来訪神であり、この世に果報をもたらして、ミロクユー(ミロク世)を実現してくれる民族神の面影を持っている。

・ 南島は、このような来訪神の信仰が色濃い。豊年祭において、西表島の吉見や石垣島の川戸のマユンガナシ等も異形の風貌を持つ神として知られている。これらの神は、遠来からの来訪神であり、ニライ・カナイから豊穣をもたらしてくれる神として祭祀されるのである。この伝承である龍宮のミロクも、これらの神々と同一次元のものと考えてよいだろう。

<ニライ・カナイの火>
・ 沖縄本島の始まり、島建ての際に、島に人間が現れ国をつくる。しかし、島には火はなかったという神話がある。火はシマの<外部>ということは、海の彼方の龍宮からもたらされたというのである。また、ここに「龍宮」は、南島の神話にしばしば登場するニライ・カナイ、あるいはニルヤ・カナヤと呼ばれる海の彼方にある世界と共通するものである。

<マユンガナシの原郷>
・ 確かに五穀をもたらしてくれた世界は、ニーラスク(ニライ・カナイ)という海の彼方の異界であり、またその地が、マユンガナシの故郷でもあった。ということは、果報も豊穣も毎年毎年、ニーラスクからやってくるのであり、その世界とのつながりは、年毎に更新されなくてはならないのであろう。言い方を変えれば、現実世界は、異界という<外部>との縁をきることができない。というよりも南島の人々は、逆にニーラスクの側から現実を見ているのであろう。現実は、ニーラスクの上にのっている仮の世界に過ぎないということを充分に自覚していたのである。

・そして、マユンガナシに扮する男が、戊戌年の男ではなくてはならないという伝承は、戌(犬)という文字を類似する「戊」の文字を重ねたまでで、「犬」という記号そのものを強調する神話的な意味があったにちがいない。おそらく、犬は、高木智見が述べているように「地下世界への案内者、穀物や天と意志疎通を図る」ことのできる仲介者的、境界的な存在であった。ニーラスクは海の彼方の祖霊のいる世界であり、地下世界へと通じる洞窟(ガマ)と深く結びついているのもこのことを明示しているのであろう。(アカマタ、クロマタはこのガマから現れる)。



「堕ちた天使たち」(悪霊・悪魔の物語)
 (ロバート・マッセロ) (心交社)1996/2/1



<輝ける天使ルシフェル>
・ 天国にいたとき、彼の名は、ルシフェル(「光を身に負う者」)で、神の最も美しい天使だったが、このような人もうらやむような身分でありながら、ルシフェルは満足していなかった。
神に近い位置にいることに過大なプライドを持っていた。やがて、ルシフェルの驕りは、神でさえ主人として持つことに我慢がならなくなった。自分の運命は自分で決めたくなって謀反を企てたのだ。反旗を翻して、同じように不満を持っていた天使たちを集めた。最高の権威を手に入れるための戦いを挑んだ。神は、戦いのために大天使のミカエルを司令官に指名した。

・さて天では戦いが起こった。ミカエルとその御使たちとが、龍と戦ったのである。龍もその使いたちも応戦したが、勝てなかった。そして、もはや天には彼等のおる所がなくなった。この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たヘビは、地に投げ落とされ、その使いたちも、もろともに投げ落とされた。

・ 天から落ちたルシフェルは、もうルシフェルではなく、サタンという新たな名前(ヘブライ語で「敵対者」の意)で呼ばれ、地獄を支配するようになった。一緒に地獄に落ちた天子たちは、サタンの子分の悪霊となった。人間を誘惑し、堕落に導くことに新たな生きがいを見出した。
まともな仕事のない悪霊たちは、その「激しい怒り」を彼等の誘惑をはねつけるだけの知恵のない罪深い人間を見つけて、ぶつけることにしたのだ。
悲しいことに、このような愚かな人間が不足するということが一度もなかったのは、世界の歴史が証明するところである



「宇宙連合 大計画の道」(人類・宇宙のユートピアへの進化)
(円想作+康普全)(たま出版)1997/2/1



<天使>
・ (6次元~9次元に存在する神のために「幼神」といえる。)だが、悪魔と同様に誤って解釈されているようであります。天使とは、すなわち、「邪神」であります。この他にサタンも同様に邪神です。つまり、悪魔と違い「苦悩」や「苦痛」を与えないのです。先ず先に人間を楽しくさせるのです。これは様々な「認識」や「真理」を与え、まず快楽を与え続けるのです。そして色々な快楽の中から「これは試しであることを悟り、真実を学びなさい」ということを教えているのです。つまり楽しむだけ楽しむのです。それはやがてエスカレートしていずれ報いとなり淘汰現象として現れるのです。「人生苦あれば楽あり、楽の後は苦あり」なのです。

<天使と悪魔の意外な真実>
・ 天使と悪魔はまた正しく解釈されていないのも現状です。しかし、これは宇宙創造主が人類に分からぬように「封」をしていたため明確にできなかったのです。
悪魔(5次元~43次元に存在する)は、今の宗教では大変に嫌われて「忌」しいものとされているのが悪魔であります。実を申しますと、この悪魔は他ならぬ「正神」なのであります。驚かれると思いますが真実なのです。つまり悪魔は先に苦しみを与え、耐えた者だけに「楽」を与えるのです。
人間には「陰心」と「欲」があります。そのために厳しい正導からそれようとする人が多いのです。つまり、楽を求めるのです。その中で悪魔は、人々に苦を与え、それでも分からない人には重い罰を与えるのです。ですから、人間にとってみれば、苦しいだけで、何も良いことがないように感じられるのです。よって悪魔とは、「悪くて」「忌しいもの」とされてしまうのです。人間の我がまま、「楽をしたい」などという気持ちが修行を怠らせた結果、「苦悩」「苦痛」などを罰として与える正神は悪魔と定義づけたのです。したがって、悪魔という語と化身したときの恐ろしい姿は、そのまま人間の陰心の表れなのであります。

<正神とは>
・ 試練のちかいであり、「苦」を先に経験させ、耐え抜いてきた人のみに後で、「楽」をあたえるものであります。もちろん、守護、指導は行ないますが、あくまでも正導に導かれる人のみです。

<邪神とは>
・ご褒美の違いであり、「楽」を先に与え、なぜ「楽」なのか、また、「楽しい」のかを学ばせ、その中から真実を見つけさせるのです。
しかし、「楽」にどっぷり浸って真実を知ろうとしない人には後に苦しみ(楽しんだツケみたいもの)が待っているのです。しかし、ともに魂の進化発展のために存在する意識生命体なのです。しかるに、両方の神仏とも人類を試しているのです。

<邪導の道とは、「ユートピアの道」>
・つまり神の厳しい指導だけでは、人間は、気付けることも少なく、やがて滅んでしまいますので、そうならないうちに他の方法を訴え、明るい未来の真理・真実を明かし、人類に夢と希望を与えるものであります。
もっと分かりやすく申しますと、正導の導きは厳しいムチであり、邪導の導きは厳しいムチを与えられて疲れてしまった人類へのアメであります。しかし、初めからアメを与えてしまいますと修行にならず、堕落しますので、あえて時を見計らったのです。
よって「邪導」とは、真理・真実であり、邪導の道とは、「ユートピアの道」ということになります。

・しかるに、従来の正神による指導は、苦導の道であります。神は正導であっても常に苦痛が伴い、あまりに厳しく時には死に至るときもあるのです。しかし、神様は人間に対し、「死んでもやりなさい!」と言うときもあり、「死んでも転生して生まれ変ればよい」という考えなのです。これは、神仏は肉体を持っていないために肉体存続の素晴らしさが全く理解できないのです。よって正導とは、苦導なのです。

・しかし進化した宇宙人はユートピアという楽園、つまり従来の場ではない所に住んでいるのです。すなわち、楽をしているのです。したがって、邪導とは、「楽」であり「ユートピア」であり、「宇宙の真理」、「真実」なのであります。これからの地球は、正導の導きを悟りながら邪導の道へと進み進化した他星人達の指導を受けていくものであります。

<宇宙の進化には正導の道と邪導の道がある。>
<正神と邪神>
・「正導」とは、正神による博愛思想、陽心思想の悟導、教育であります。現在の地球における代表的な正神は、次のようであります。
1、 十次元、宇宙創造主
2、 47次元  円大神
3、 96次元 大宇宙創造主「悟」

・ 正神の指導、教育は大変に厳しく、苦しいものが多く、人間にとってみれば、苦悩、苦難、苦痛となるのです。従って、「正導」とは、苦導であり、正導の道とは、すなわち修業の道であるということです。しかるに現在の地球は、修行の場でありますので、なおさら苦しいのであります。しかし、正神にしてみますと、やはり博愛と陽心の思想なのです。つまり、「いじめてやろう」とは思っていないということです。あくまでも正しき成長を願う愛そのものの表れであります。これが「正導」の真の姿なのです。

・「邪導」とは、正導に対し、相対するものが「邪導」であります。何か「邪導」などと申しますと悪いイメージを持ってしまいそうですが、ここでいう邪導とは、少し違っています。これは、「先覚型神仏」、「意識生命体」、「人間型意識生命体先覚者」であり博愛思想、陽心思想、人類救済アピール思想の指導・教育であります。ごく簡単に申しますと、先覚型神仏とは、弥勒菩薩神、始原神集団、399次元の「無」、進化惑星シータ星人、超超進化惑星人のアンドロメダ星人たちであります。
つまり、神仏を超越している他星人とそれらの人間と完全調和している弥勒集団、そして、399次元の大宇宙意識である「無」の指導によるユートピア的指導・教育であります。

<エーテル界へのキリストの出現>
・エーテル(ギリシア語でアイテル)は、天上世界を構成する実質のことをいう。月より下の世界が、土・水・空気・火から構成されているのに対し、天界にはエーテルが充満しているというのがギリシアの自然科学の見解だった。

・エーテルは、精神界と物質界を仲介するものであり、ここでいうエーテル界は、地上に属する天界というべきものだ。エーテル界は、二次元世界で、空の青が終点になっている。地球は、上方から、生命エーテル、化学エーテル、光エーテル、熱エーテルに包まれている。
最初に熱エーテルがあり、太陽系宇宙の気体状態期に光エーテル、液体状態期に音エーテル=化学エーテル、そして現在の固体状態期に生命エーテルが発生した。

・ 第5文化期(1413~3573年)において、20世紀以後に人々は「アストラル界におけるエーテル的な姿のキリスト」を知覚体験するようになるというのである。



「ゴルゴダの秘儀」(シュタイナーのキリスト論) 
(西川隆範) (アルテ)2004/3/1



<ゾロアスターの個我>
・ 「マタイ福音書」のイエスが亡くなって、その身体の中に生きていたゾロアスターの個我が「ルカ福音書」のイエスのなかに移ったことは、すでに述べた。
イエスが、30歳になったとき、ゾロアスターの個我は去って代わりに、キリストが入ってきた。ゾロアスターの個我は、すでに亡くなっている。「マタイ福音書」のイエスのエーテル体と結びつき、新しい身体を形成する。これが「マイスター・イエス」と呼ばれる存在である。

・ローゼンクロイツはキリストの個我のコピーを受け取った人物ともいわれている。ローゼンクロイツは、のちにサン・ジェルマンという名でも知られるようになる。

・ 七人のマイスター(菩薩)は、繰り返し転生しつつ地上で活動している。そのほかに、マイスターが5人おり、彼らは精神界にとどまって、地上には下らないとされる。この計12人が「叡智と感受の共鳴の導師たち」と名づけられるアデプトたちで、ホワイト・ロッジと呼ばれる場に結集しているという。12人の菩薩たちの本体は、精神界にあって、キリストを中心に輪をなしている。


0

まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。(1)



「死後の生」 (死者は何を見たか)
(ジェフリー・アイバーソン) (NHK出版)1993/9/1




<憑依>
・1985年7月19日、北部インドの僻地の村シャルフプーラで、スミトラという名の若い既婚女性が死んだ。ところが家族が葬式の手順を相談しているとき、スミトラは突然、生き返った。そして、自分はスミトラではない、周りの人間は誰一人知らない、と言い出した。自分はシバだと言い、シバのことを色々と語った。シバは、1985年5月17日、つまりその二ヶ月前に死んでいた。スミトラはどうやらシバの霊に取りつかれたらしい。

<暗いトンネル>
・ その次に気がついたときは、僕は、ふわふわ漂っていて、僕の体がずっと下に見えるんです。それから自然に暗いトンネルの中へ引き寄せられていって、中をハイハイして登っていきました。トンネルを登っている間は、時間の感覚はまったくないんです。でもとうとうてっぺんまで、上りつめたんです。そこはものすごく、明るいんです。

・ まず、白い服を着た人が大勢見えました。怖い顔の人なんか一人もいなかった。ぼくには、死んだ家族なんてまだいなかったから、その人たちの中に知り合いがなかったんだと思います。それから金色の道が見えてきたので、そっちへ行くと、神様が現れて、テレパシーか何かで話しかけてくれました。するといきなりぼくと神様が一緒に金色の道を滑り出したんです。すごくいい気分でした。そのうち止まったとき、やはりテレパシーみたいにして、神様に家へ帰りたいかと聞かれました。帰りたくないって答えたんですが、お前にはまだ人生でやるべきことがあるから、帰りなさいと言われました。すると僕は病院に戻っていたんです。そのときは、三ヶ月間ずっと昏睡状態だったそうです。

・ モース医師がとりわけ大切にしている一枚の絵は、白血病で死んだコーリーという名の幼い男の子が描いたものだった。その子どもは、自分が死んだ後、どうなるのかを知っていた。自分は死んだら光の橋を渡って「水晶のお城」に入り、そこで暮らすのだといい、ピカピカの光に囲まれたディズニーのお城のような高い優雅な城を描いた。水晶と明るい色とで、出来上がったそのお城には、神様と呼ばれるおじさんがいる。自分はそこへ何度も行ったことがあるのだと言った。

・ 4年間病気と闘って7歳になったとき、コーリーとその母親は、治療の続行を拒否する決心をした。「先生。心配しなくていいよ。ぼくは、水晶のお城へ行って神様と相談してきたんだからね」と少年は言った。

・ 三度目にプールの底に沈んだとき、意識がなくなりました。そして、私は、空中へ上がっていったんです。

・ その次に気づいたときは、黒い道があって、私は、そこを歩いていました。どういうわけだか、小さな鹿がいて私と一緒に歩いているんです。そのうち、とても美しい庭に出ました。すごい大木が一本あって、川が流れていて、木のそばに子供が遊んでいました。その子たちの衣装は、トーガを思わせるようなものでした。古代ローマの人が着たような、ゆったりとした服です。その子達が私を見て、こっちにおいでと呼んでくれました。私は、行こうとしたんです。でも途中まで来たとき、壁かあるいは何かの力にぶつかったような感じで・・・・どんなものかうまく説明できませんけど、次の瞬間には、私は、真空に吸い取られたように、引き戻されてしまったんです。気がついたら自分の体に戻っていました。

・ 天使は、こう言ったんです。「もし私がいい人生を送るなら、死を恐れる必要はどこにもないって」

・ 少女は、モース医師に臨死体験をこう語った。世界が暗くなりだんだん恐ろしくなった。向こうから金髪の女の人がやって来て、それからあたりが明るくなった。エリザベスという名のその人は、自分を助けに来てくれたのだと言い、天国みたいな場所へ連れて行ってくれた。そこには、ほかの子供も大人も大勢いた・・・・・・。

・ 死んだばかりの人もいたし、生まれ変るのを待っている人もいた。彼女は、そこで、家族がどうしているかを見せてもらったそうです。

・ それからキリストじゃないかと思う人に会って、そこで一緒に暮らしたいかどうかをたずねられた。彼女はそこにいたいと答えたのだけれど、「おまえは、母親の手伝いをしなければならない身だから」と言われて、それで、自分の体に返されたのだそうです。

<窓の下のテニスシューズ>
・ 心臓発作で一時は死んだように見えた中年の女性が、その間、体外離脱をして病室の天井近くに浮かんで、医師や看護婦が彼女の命を救おうとして、必死で手当てをしている様子をながめていた。彼女は、それから窓の外へ出て病院の裏手へ回り、そこでおかしなものを見つけた。ある窓の外側の窓枠の下の小さな張り出しに、テニスシューズが片方だけ載っていたのである。

・ 意識をとりもどした彼女は、すぐにそのことを病院の職員に告げた。テニスシューズは、実在し、拾われて、彼女のもとへ届けられた。

・ 臨死体験を報告する多くの人が、同時に体外離脱体験が起きたことを語っている。

・ そこまできたとき、私は、もうこれですべて見たなと思いました。すると次の瞬間には、私達は、宇宙空間に向かっていました。そして、地球かどうかは、定かでありませんが、全く光の世界に着いたんです。そこの人々は、私を案内しているキリストによく似ていました。それに、彼らは、私達二人を実際に見ることができた。それはこの人たちが初めてだったんです。非常に進化した人たちで、キリストの教えるような愛し方ができる人たちだった。

・ 地震やハリケーンなどの自然災害がどんどん激しくなっていくところも見たし、私の理解できない大爆発が起きるところも見ました。当時は、1943年で、ヒロシマやナガサキ以前でしたが、地球に素晴らしい平和が訪れるところも見ました。そして、そのとき、キリストにもう帰るようにと告げられたんです。

・ 意識がなくなっていくのがわかりました。気がついたときは眼を開けて、実際の自分の眼を開けて、自分の指にはまった指輪をながめていました。するとまた意識が遠のいていき、そのつぎに目覚めたときは、12月24日の朝になっていたというわけです。

・その後また別の世界へ連れて行かれました。しかし、着いてみると、そこはどんなことがあっても、入りたくないような場所だった。それはおびただしい憎しみと敵意と独善と知ったかぶりの充満しているところは、ほかに知らなかった。そこの人間たちは、相変わらず殺し合いをやったり、何かみだらなことをセックスの喜びからではなく、ただ、憎しみと怒りからやっていた。しかし、その場所でさえ、高い次元の人々は、愛を示し、いやしい人間たちの心を変えようとしていたんです。

・ 次に行ったところは、精神と知性の部屋と呼びましょう。より高い学びのセンターでした。生まれて初めて聞くような、たとえようもなく美しい音楽が流れていました。

・ 次は、研究所の建物へ案内されました。私は、医学部進学過程で化学と生物学を勉強していたものですが、その場所で扱われていた道具がまったく理解できなかった。ところが、それから10年後、つまり1953年ごろ「ライフ」誌を読んで総毛立つような気がしました。1943年の最初の原爆研究室の写真が載っていたんです。

・ ヒロシマの何年か前です。そこに写っていた道具の一つは。あそこで扱われていたものだったんです。それから図書館へ行きました。リッチモンドのビジネス街のビルを全部合わせたより、まだ広いようなところだった。全世界のあらゆる聖典が収められていました。キリストは、みんなが、色々な宗教を学ぶことを少しも心配していませんでした。しかし、それなら私の宗旨などは問題じゃないでしょうか。パブティスト派、メソジスト派、長老派は救われるけれど、カソリックはどうもだめ、ユダヤ教ではまったく、見込みなしという具合ですから。

・その後、彼(キリスト)は、自分の側を離れないようにと言いました。するとまた私達は、病院の外にいて、また超スピードで移動していたんです。やがて、ニューヨークかシカゴかサンフランシスコかは分からないが、大きい水域の側の都会に来ました。
一面、光の海だった。ちょうど夜の飛行機から見えるような具合です。いつも見ているのとおなじようなものが見えました。だが、よその世界を見ているような感じもした。繁華街の通りには、肉体を持った普通の人間もいましたが、そうでない人もいた。
普通の人間も兵士も水兵も一般市民もいたが、みんな酔っているように見えました。彼らは、体の周りにてっぺんが開いた電場を持っていて、他の肉体のない人々が彼らを導こうとしていました。

・ほかの光景もありました。兵器工場が24時間ぶっ通しの三交替制で働いていました。肉体のある人間が流れ作業をしていて、他の人々がそのそばに立って、工場をどうやって動かしていくかを教えようとしていました。もちろん、ビクスバーグで出会った男に、私が見えなかったのと同じで、普通の人間には、彼らが見えも聞こえもしないわけです。

・死んでやってきた人たちが迎え入れられる場面も見ました。死人たちがその後どうなるかが決められるところもありました。とりわけ、心に残ったのは、自殺者が調べられる場面で、そういう行いが自分を愛してくれる人をどれほど悲しませるかが、言い聞かされていたことです。

<キリスト世界が神の世界だろうか>
・ある米軍下士官見習いの魂がイエス・キリストという添乗員に連れられて、あの世へパッケージツアーに出かけた。兵士は自分の人生のパノラマを見た後。この世の過去と未来の黙示録的な幻を見る。そして、この世へ戻るために自分の体を求めて陸軍病院内を探し回り、ようやく自分の指輪をはめた手を見つける。その手が突き出していた、シーツには、どうやら死体が包まれているらしかった。これは、私がアメリカで取材した臨死体験の中でも、とびきり不思議な話である。その兵士は、現在精神科医である、ジョージ・リチー。

・ リチーは、1943年の12月下旬、両肺におよぶ肺炎に倒れた。20歳でキャンプでの基礎訓練を終えたばかり、24時間たたないうちに脈も呼吸も血圧もなくなり、軍医が死亡を認定した。その後、ある看護兵が、死体が動いたように思い医師を説き伏せて、心臓にアドレナリンを注射させた、医学的には、その処置が彼の命を救った。

・ 死後、天国か地獄かに行くもとの決まっています。どちらにも往かない宙ぶらりんの状態があるなどとは、誰からも聞いたことがなかった。私は、そこに座り込み、その自分の体を眺めていました。そんな不安な絶望的な気持ちで座っていると、やがて部屋の上の方がどんどん明るくなっていくんです。
気がつくと私は、ベッドのずっと上のほうへ跳ね上がっていました。病院の壁は消えている。そのとき突然、目の前に私の全人生がパノラマのように浮かび上がってきたんです。

・それから、突然、あたりの光の中からなんとも言えない不思議な光が現れました。それはキリストでした。だが、ステンドグラスなんぞで、見るようなキリストの姿とはまったく違う。このうえなく、力強い体だが、人間の形はしていない。何かまわりのまばゆいばかりの明るさの中から浮きたつような姿でした。私はそれまで経験したことのない絶望的な愛情を感じました。話はふつうの話ではなく、純粋なテレパシーでした。



「時のない地球」 
(ピーター・コロシモ) (大陸書房)1973/1/1



<アパッチの神ネプトゥーヌス>
・アリゾナに住むアパッチ・インディアンは、ティアワナコには過去の伝説上の彼等の祖国があるといい。それを見たこともないのに「髭の白人」の像の話をするのであった。

・ 髭の巨人と三叉これは、白い神のバラユーチャを表したものである。そして、それはポセイドンのつまりネプトゥーヌスの属性ではなかったか。

・ 多分、インディアンの幾種族は、大昔アトランティス帝国の一部があったのだろう。

・ アトランティス人は白人であった。今日でも、その数少ない正当な子孫は白人である。ティアワナコ文明が開化したところに住むチチカカのウロス族がそうである。最初の移民の子孫であるアルゼンチンの原住民もそうである。アルゼンチンのネグロ川のパタゴニア族を調査したところ、ここの人々は、ブラジルのミナス・ゼライスの有名なラゴア・サンタの人々と同種族の白人である。

・ アメリカの老古学者ハイアット・ヴェリルは30年間中南米の失われた文明の研究に身を捧げた。彼は小説「光のかけ橋」の中に意志によって現れたり消えたりし、とても超えられないような岩だらけの谷を渡してくれるイオン物質で作られた「光のかけ橋」を通って到達することができる先インカの町について書いている。最後まで、(彼は80歳で死亡した)ヴェリルは彼の本が単なる伝説ではないと言い続けた。そして、残された彼の奥さんもそう言っているのである。



「失われた惑星文明」
 (ジョン・A・キール) (大陸書房)



<チムニー・ロックの“光る人間”>
・ チェロキー・インディアンには、ノースカロライナのチムニー・ロックという小山のあたりに出現する奇妙なものに関する伝説がある。白人も時々、その奇妙なものを見ている。

・ 1806年、人々は、なんとも異常な事ながら、幾千とも知れぬものが空中にいるのを見た。7月31日のことで「形は人間と同じようだが、光り輝いて見え、チムニー・ロックの上にも、そのまわりにもいっぱいいた」

・ ある夫人の証言では、「私は、まっすぐチムニーの方を見ていたのです。空には、チムニー・ロックの南の方から、まわり一面にお化けのような白いものがびっしりむらがっているのに気がついて、それこそびっくり仰天しました。みんなまっ白でギラギラ光る衣服を身につけて(衣服としか言いようがないのですけれど、ずいぶん薄いもののようでした)見ただけで目が痛くなったほどです。それだけで、私は、びっくりしてしまいましたが、どういうものか不快な感じが残りませんでした。

・ チムニー・ロックは、このおかしな惑星に数知れずあるおかしな場所のひとつにすぎないのだ。



「コズミック・ヴォエージ」
  (コトニー・ブラウン)  (徳間書店)1997/3/1



<地球には確かに昔から各種の異星人が来ている>
・「 中でも、我々の歴史と文明に重要な関わりを持っているのは、グレイと呼ばれる連中と火星人の種族・・・・・・・」

・ グレイ族は、別に邪悪な存在ではなく、彼らは物質的であると同時に、非物質的存在でもあり、サブスペース(亜空間)を通じて組織されている汎銀河連合の一員として、我々人類を陰から助け、導いてくれている・・・・・。

・ 火星人の一部は、グレイ族の助けで、地球に移住し南米の先住民に混じって生活しているが、肉体、精神両面の適応技術のおかげで、見分けはつかない。

・ 別の火星人グループは、ニューメキシコ州の地下洞窟に隠れ住んでいるが、法的にはアメリカ市民だ。火星移民の問題は、将来アメリカ政府の直面する重大課題になろう。

・ 銀河連邦―アブダクティの報告に基づく現存のUFO文献には、しばしば「銀河連邦」と呼ばれる地球外生命の組織について言及している。それは、銀河系スケールであることを除いては、どこか国連に似た組織のように思われる。



「超古代文明の謎」 
(佐治芳彦) (日本文芸社)1997/1/1



<高天原は太陽系外宇宙のプレアデス星団にあった>
・ 竹内文書によると、まず『記紀』系神話にある「天孫降臨」が超古代に行なわれ、しかも降臨した神々の「高天原(たかまがはら)」に相当するのが、太陽系外の宇宙にある星だったということ。これがまず衝撃的である。
 その「星」については同文書は、「火玉国」などと記しているが、私はかって、その星をプレアデス星団内の一惑星と仮定したことがあった。それは、同文書を公表した竹内巨麿(きょまろ)の南米ボリビアの古代遺跡と神代文字についての言及と、現地のインディオの伝承などからの推論だった。その後、人類の母星をプレアデス星団だとするアメリカの研究者なども現れた。

・ つぎに、その降臨した神々はテレポートしたのではなく、「天空浮舟(アメノウキフネ)」という宇宙船を利用したこと、この恒星間宇宙船を持つ彼ら(神々)の科学技術から地球第一期文明、黄金時代がもたらされた。

・ 文明変亡の原因が大異変と戦争にあった。つまり、大異変―社会混乱
―戦争(内戦・反乱)-滅亡という「竹内文書」の文明パターンは、現在の私達にとっても大きな示唆・教訓を与えずにはおかない。

<ゾロアスターがイメージした壮烈な宇宙戦争>
・ 復活思想、審判思想(最後の審判)、メシア思想、ハルマゲドン思想など、すべてゾロアスター教から出ている。また、イスラム神秘思想(天使論など)、大乗仏教の菩薩思想、密教の護摩と拝火思想もゾロアスター教起源である・・・・。

・だが、私がここで取り上げたいのは、宇宙創生以来の「光と闇」「善と悪」の二元対立に象徴される壮大な銀河スケールの宇宙戦争のイメージが、この宗教に最も顕著にうかがえることである。
光と闇、善と悪を代表する神と悪魔の元に、多くの天使や魔物が戦い続ける。人間は、光と善の最高神アフラ・マツダの被造物である。最初の人間「マヌ」は人間そのものを意味する(マン)。
だが、彼自身、個の小宇宙であって、大宇宙の戦いと同等の戦いを内身にかかえている。

・ ただ、4期にわたる宇宙戦争という発想と人類は4度壊滅したというマヤの伝承や、アトランティス時代以前にも数回、破滅があったとソロレに語ったエジプトの神官の超古代の記憶との類似性に注目したい。



「仮説宇宙文明」
 (プリンズリー・トレンチ) (大陸書房)



<エデンの園>
・ エホバは元来マルス(火星)の神であった。

・ エデンの園は火星(の異次元)にあった。

<二つの「創世記」>
・「創世記」の第一の創造の話は「黄金時代」の建設のことである。そして、第二の創造の話は、地球上の動物として、化学合成的肉体を有する人間―第二のアダムを「エホバ」が作り出す話なのだ。

<オリンポスの神々とは?><空の人々><銀河系宇宙人>
<空の人々の訪問>
・ キクロプス(一つ目)とは、伝説に言う不死の民族であり、人類に先立つ「神の民族」もしくは、「先遣民族」であった。

・ 神々や女神たちが天から降りてきて人間と交わるというギリシア神話全体を貫いている概念は、ギリシア神話に限ったことではない。

・ 世界のあらゆる国々の民族が天から降りてきた神々のことを言い伝えている。北米のインディアンたちもまた遠い昔のある時代、天から降りてきた「白い神」のことを語っているのだ。

・ オリンポスと地上の間を二輪車で行き来する女神ケレス。

・ ヘブライ語では、エホバという言葉はいろいろな形で出てくる。すなわち、イスラエルの神エホバ、アドナイ(主なる神々)、エホバ(複数)名たるエホバ、老いたるエホバ、万民の主エホバ(軍神)、エホバ・エル・シャッダイ(アブラハムと聖なる神)等である。

・ 「空から来るヘビ族」とは、グレイ・タイプや爬虫類人種の異星人たちのことだろうか!?

<混血人間時代の始めより>
<エロヒム系とエホバ系>
・ 「創世記」には二つの創世物語が収められている。それは、エロヒムによって創り出された、銀河人アダム1の創世記と、エホバ(サタン)の創造物たる地球動物人間アダム2の創世記である。この2種類のアダムの系図を対照してみた。

エロヒム系(「創世記」第5章)
アダム1――セツ、エノス、カイナン、マハラレル、ヤレド、エノク、メトセラ

エホバ系(創世記第4章)(第二次創世、化学合成地球動物人間)
アダム2――カイン、エノク、イラデ、メホヤエル、メトサエル
さらに、このアダム2系列の混血系として次のものが挙げられる。
ラメク、ノア、セム、ハム、ヤペシ

・ エロヒム系は非常に長い歴史を持つものとする。一方、エホバ系はあまり長くなく、その起こりはおそらく十万年以上前ではないと考えられる。

・ エホバは、自意識とか理性とかいったものはない、つまり人間ではない「半獣族」を作ろうとしたに違いない。しかし、この創造に関係した者すべてが驚きあわてたのは、そのアダム2が予期に反して「人間」の仲間入りをしてしまったことだ。

・ エロヒム系とエホバ系の血が混じって、ラメクが生まれた。すなわち、ここから混血人間が始まるわけである。つまり、創世記で主なる神がヘビに向かって予言したように、ヘビ族と動物人間との血が交わり始めたのである。

<楽園の4本の川>
・ 4つの運河によって、うるおされている天の園についての説は、スカンジナビア人、そしてギリシア人の間でさえ残されている。

・ その著書「アトランティス」の中でドネリーは、ホメロスを引用してこう述べている。

・「それはスカンジナビア人の言う聖なるアスゴールであった。その実り豊かな大地は、4本の乳の川でうるおわされ、その川は東西南北に向かって別々に流れていた。それは、『幸せの住む所、至福の丘』であって、それはシナイ人やタタール人のいうチエン・チャンである。その『天がある山の国』『魔法の国』は4つの永遠の泉によってうるおわされている。それはセイロン人やチベット人の言う『丘に囲まれた楽園イラ』であった。

・それは賢く心正しき人の永遠に住むところだという。それは仏教徒のいうシネルである。その頂上にはタウルチサすなわち至上の仏たるセクラの住居があり、そこからは別々の方向へと4本の聖なる川が流れている。それは、ヒンズー教徒の言う『天なる土地』スラブラッタであった。それは黄金の山メルの頂上にあって、ジャンバドウイパの中心たるプラーマの都市であり、その四面から4本の川があふれ流れている。」



「輪廻を超えて」(もう一つの現代の神話)
 (J・ラドン) (人文書院)1996/7/1



<誰もが肉体の中にアストラル体を持っている>
・誰もが肉体の中にアストラル体を持っている。夢を見たり、「肉体を離脱する」旅が生じるときに体を抜け出すのが、このアストラル体である。肉眼には見えないこの身体は、実際に存在し、平均50~60gほどの重ささえある。肉体の老化とともに、このアストラル体にも、同じような特徴が見られるようになる。ときには手足を切断した場合などの例外もあるが、この場合アストラル体がまだ無傷の状態であるため、手足を失った人は自分の四肢が存在し続けているように時折「感じる」ことがある。

・老齢のために死んだ人々には、最初にこちらに到着した時点では、たいてい今まで通りの老いた身体をまとっている。だが時がたつにつれて自分をうまく操作できるようになり、若々しいころの活力に満ちた状態を取り戻していく。同様に乳幼児として死んだ若者もやがて青年となり、望む限り、その状態でいられる。当然、地上に戻って新しい肉体とアイデンティーを獲得する者も多い。

<精霊界の建物>
・ ある理由で新しい建物が必要だということが大多数の者たちによって決定されると「高次の」領域の相談役の意見を聞いて合意を得る。

・ 建築家たちは、彼等の心を集中させることによって、自分たちがすでに決めた設計上の諸要素を具体的な形にするための「想念の型枠」を建てるのだ。この想念の型枠は、もやか、霧でできた建物のようにうっすらと見えるだけだが、眼をこらせば十分見ることができる。

・ これで最終的な形が完全だと全員が納得すると、彼らは心の力を使って高次の領域の魂たちに呼びかけ、生命の息吹を送ってもらう。

・ これで、事実上、建物は生きたものとなる。建物が鼓動したり脈打ったりするわけではないが、おぼろげな輪郭がはっきりして頑丈な形と実質が備わるのだ。仮の姿である最初のもや状の型枠は消え去り、美と輝きと脈動が合体して新しい作品が形作られるのである。仕事は完了し、建物はできあがった。美しく完璧なその姿は時を経ても損なわれることがないので、こちらでは建物は想像以上に長持ちする。建て替えは、変更を希望する者が多いときにだけ行なわれる。

<領域3>
・魂の身体に食物は必要ない。したがって農業や食料品店、料理からレストランにいたるまで無数の地上的な仕事は、不必要になる。しかし、園芸はこちらでも大いに愛用されている。

・ あらゆる種類の芸術が心から楽しまれており、特に音楽は、万人に喜ばれている。

<領域3では、地上と同じような生活が引き続き営まれている。>
<領域3の仕事>
・ こちらの建築方法は、地上のやり方とは、大分違う。工事に必要な道具、たとえば、シャベルやトラクター、ハンマー、金づちなどは使わない。板もコンクリートもトラック、鋼鉄の梁もクレーンもいらない。ここでのあらゆる活動は、本来心の力を使って行なうものだからである。

・ 私達の「物質的な」大殿堂の建設でさえ、心の働きに基づいて行なわれる。だがそのためには、教育や知識、研究、設計が不可欠であり、これらに心の働きが加わって、はじめて建造物は、完成するのだ。

<領域2>
・ 領域2は、怒りや苦しみや混乱に対処しようと試みる悩める者たちによって作り出された、より暗い場所のことだ。もし諸宗教で言う地獄のようなものがあるとすれば、これらの区域がそれに当たるだろう。これらの区域は、熱くなく不気味に冷たい。

<領域3>
・ 領域3は、光と美の諸領域のうちの最初の界層で、みなさんのほとんどが死後この領域へやってくる。これは喜びと意義と美の世界である。領域は全部で7つあり、その最高に位置するのが、神、女神、ヤハウェ、アラー、ブラフマン、グレイト・スピリットあるいは、「全存在を包括するもの」の領域である。

・ 自分の属する領域よりもさらに高い領域を認識するには、訓練を積んだ上で、道案内役のガイドを獲得しなくてはならない。

・ 領域3の自然環境は、息をのむような美しさで、これまであなたが地上で楽しんできたどんな美をも超越している。それでいて、少しもけばけばしさを感じられず、見る者の眼に完全に調和して美しい。



「天使の灰の中から」 
 (アンドルー・コリンズ) (翔泳社)1997/12/1


<歩く蛇>
・ 紀元前5000年~4000年の古代イラクにいたウバイド人の墓から見つかった「トカゲのような像」の一つ。母親だけでなく、母乳を吸う子供も蛇のような特徴を持っている。つまりこの像は、トーテム的なマスクをかぶった人間ではない。ウバイド人にとって蛇のように見えた民族が存在したことを示すと思われる。これらの「歩く蛇」は、いったい誰なのか?彼らは、どこからやってきたのか?

<ライオンの頭をつけた神>
・これは、地下にある暗いミトラス神殿でかって崇拝された「神秘的なライオンの頭を持つ像」によって最もよく具現されている。この翼を持つ神の等身大の像は、人間の男性の身体を備えている。

<ミトラス教のライオンの頭をした神は、いったい誰、あるいは何なのか?>
・その「ライオンの頭をした」神は、それが備える最も一般的な属性から見ると、後世の古文書が「コスモクラーター」と称しているものと同じだといえる。コスモクラーターとは、「世界を創出し治める力」を占星術的に明らかにした具現であり、天球のダイナモの全車輪が果てしなく回転して生み出される力である。

・ 「ライオンの頭をした神」は「分点の歳差運動を支配している力の具現」と信者にみなされているという。つまり、「ライオンの頭をした神」は、2万5920年の歳差運動のサイクルを通じて、天体の動きを制御していると信じられているのだ。

<「ライオンの頭をした神」は、時間の支配者>
・ 「ライオンの頭をした神」は、ズルワン教における悪の原理、アーリマンを示すと考えられている。「ライオンの頭をした神」は、運命の支配者及び無限の時間の支配者としての立場から、イランの宗教における悪の原理に降格させられ、彼の本来の役割は、ズルワンが担うことになったのである。


<ライオンの頭をつけた神>
・イランの神話で獅子座の時代にまつわる地球規模の出来事をさらに密接に結びつけるものがある。アンラ・マンユの主な動物形のひとつはライオンである。

<(アンラ・マンユ=闇と悪を意味するアーリマン)>
・ゾロアスター教の最初の千年紀は、紀元前9630年に始まるという。ササン王朝期のものとされる、アヴユスタ文献ではまた9000年(3×3000)という期間はアフラ・マズダとアンラ・マンユが世界の支配権をめぐって戦った期間とされている。

・ ライオンの頭をしたコスモ・クラーター。ローマ人のミトラス信仰において、宇宙の時間をつかさどる者。イランのズルワン教で、邪悪な霊とされるアーリマンとも同一視される。1万1500年前の歳差運動のサイクルに従い、この神は、獅子座の時代に由来するのだろうか!?


0