テレビも新聞も、今も連日、コロナ報道だらけだ。しかし、テレビが絶対に口に出せない、紙面に書けない単語がある。それが「生物兵器」という四文字だ。これは、全世界メディアの絶対タブーである。(12)


・大本教のように神々が人間に憑依して、新興宗教ができて、大教団になる例も少なくなく、神々の現世界への顕現が窺われます。「大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っている」そうです。アセンションの時代ですから、多くのチャネラーやコンタクティの本が出版されてもよいと思いますが。

 「ケネディ大統領は宇宙人情報を公開しようとして諜報機関に殺された」という与太話があるそうです。米軍基地内でのアイゼンハワー大統領と宇宙人とのコンタクトはよく知られているようです。アイゼンハワー大統領は、エイリアンの超テクノロジーのあまりの凄さに驚いて、異星人情報を厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いにしたともいわれます。ケネディ大統領が会見したのは人間タイプの宇宙人で、情報が公開されることは大きな問題だったようです。アダムスキーがケネディ大統領を地上に着陸した葉巻型宇宙船に案内したといわれます。

 韮澤潤一郎さんは、UFO問題でテレビによく出たりして有名人でした。今後も活躍が期待されます。「たま出版」の本として、『UFOからの黙示録 ~稀有で劇的なUFOを目撃した著者が描く現代の神話~』(2015/6/9)、『日本沈没最終シナリオ  ~世界地図から日本の国名が消える日~』(2015/7/2)等があります。


・「宇宙人情報は米軍から始まり米軍で終わる」と言われますが、宇宙人情報は「核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』」扱いのため、マスコミでもリスクをとる人が少ないそうです。メディアも政府に協力して、自主規制しているかのようです。

 肉体的な要素の強いプレアデス星人は人類に6千年進化しているそうですが、アルクトゥルス星人は、次元的にもっと進化しているようです。どのくらい進化しているのでしょうか。地球では白人種と定義されている「エリエン」のルーツはオリオン星雲にあるといわれます。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。


・アリゾナ州のセドナは、UFO目撃多発地帯で、それを目当ての観光客も多いといわれます。が、周辺地域には米軍基地もあり米軍も動いていますので、「UFO異星人」が核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)を数段階も上回る『厳秘』扱いのため、事件も起こっているようです。何事も『君子は危うきに近寄らず』でしょうか。セドナはパワースポットで多くの異星人に関する逸話があるようです。日本からの観光客も多く、日本人で当地に住んでいる人々も増えているといわれます。

 米国ではUFOや宇宙人に関するペイパーブックやブログが豊富に出されていますが、量が膨大で個人的には整理ができないようです。「UFOの洋書を読めばかなりのことが分かる」ともいわれます。が、私たち一般人には、読む時間がないようです。


・「死後のトンネルはアルクトゥルスの次元の扉の通過」なのでしょうか。臨死体験は、古今東西共通した事項が記録されています。死後、光のトネンルに向かって飛行すると言うのも共通しています。このトンネルこそ、5次元のアルクトゥルス星の次元の扉と言うのです。アルクトゥルスには、高次元の天使が住んでいて、私たちの死後の世界を案内するようです。アルクトゥルス星人も地球に飛来しているらしく、米国人のチャネリングによく登場します。また昔からイギリスにもコンタクト話があるようです。それによると、次元が一層高いところに存在しているようです。死後の世界も徐々に、明らかになってきているようです。死後の世界との交信は、イタコとよばれる日本人の巫女もやっていましたが、欧米でも、真剣に研究所で研究されているようです。<死後のトンネル>と<暗いトンネルを過ぎて桃源郷、異世界に出た>というのは、パラレルワールド(平行世界)を予想させ、現象は似ていますが、アストラル界のようです。天使のような宇宙人に会えるといわれます。幽界や霊界にいる天使の様な異星人が、イルミナティとして、「この世」を支配しているともいわれます。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を管理している」とも語られています。

 火星や金星と違った意味で、天王星は、謎の多い星のようです。アルクトゥルス星人も人類の進化に関して、重要な役割を果たしているそうです。天王星人に憑依されたコンタクティもいるようです。シャンバラは異次元に突入した都市型の超巨大宇宙母船なのかもしれませんが、いろいろとその他にも伝説があるようです。


・「アルクトゥルス  ローマ帝国建設を手伝った精神性の高い種」ということですが、クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「レプティリアンも人間タイプは知性的な顔をしている」そうです。「アセンディド・マスター(高級教師)がガーディアンより、さらに進化した霊的存在の生命体。7人存在し、7色の虹のように輝いているといわれますが、「上には上の次元の異星人が存在する」ようです。そしてガーディアン(守護神)――昔、人間であったが、霊的に進化し、霊的存在となった。人間世界の指導をしているようです。

 ラージノーズグレイのキャトルミューティレーション(動物虐殺)の話題も最近のメディアにおける米国事情はどうなっているのでしょうか。ケネディ元大統領の暗殺事件までからまったりして、陰謀論は、事実認定が難しいようです。荒唐無稽な内容も多いそうで、にわかに信じられないものも多いようです。

 金星人も地球を昔から観察している。望遠鏡で見える砂漠のような金星と宇宙人の住む「異次元の金星(副金星)」は違うといわれます。また、少なくない数の宇宙人が地球に溶け込んで生活しているともいわれます。

 ウォーク・インとは、霊界からきた高次の知性を持った存在の現象でしょうか!?ウォークイン(憑依・人格転換)やワンダラー(転生)やその他さまざまな形態で、「進化した宇宙人は人間の肉体や精神体に憑依するので誰にも分からない」といわれます。


・米国のUFO研究者のブラッド・スタイガーの本で、日本で出版されているのは、

1、『ペットたちの不思議な能力』(扶桑社)

2、『フローシップ』(知られざる宇宙の隣人たち)(たま出版)

3、『プレアデス科学の謎』(徳間書店)

4、『ハリウッド・スーパーナチュラル』(映画スターと超自然現象)扶桑社。以上の他に、絶版になりましたが、超常現象の本やUFO関連書籍が10冊ぐらい出版されました。洋書を読むとかなりのことが分かるといわれます。スタイガーが「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空している」と述べています。


・ローゼンクロイツは人間の姿をとって物質界に現れた高次の霊的存在だったのでしょうか。ダムカルとは、地上あったのかまたは、アガルタのシャンバラのような謎の宇宙の都市だったのでしょうか。米国では宇宙人情報は、厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いとされているといわれます。そして、「大統領にも知らせなくてもよいシステムを作り上げている」のでしょうか。

 『ペンタゴンの陰謀』によるとエイリアンとの交渉により、ハイテクノロジーが、異星人から米国に渡ったといわれています。著者は、アイゼンハワー政権下の陸軍中佐として国家安全保障会議のスタッフを務め、退役後、ジョエームズ・イーストランド並びにストラム・サーモンド上院議員の攻防スタッフを勤めました。内部関係者の暴露本というよりも一種のリークかもしれません。この本は、研究開発に当たった軍当事者が解説した本で、ベストセラーになったそうです。また「ペンタゴンに人間タイプの異星人が住んでいた」という話もあるようです。

 テレビ映画の「Xファイル」の中で、すでに地球人が異星に行っている様に思わせる場面があったそうです。が、米軍関係者は、当然ながら、グレイの故郷の星に行っているだろうと思われますし、そのような雑誌の記事も日本で報道されました。(2006年8月号の月刊誌「ムー」の記事「UFO極秘プロジェクト“セルポ”の謎」 イーブ人の故郷星レティクル座の蓮星系を巡る惑星)。それは米軍がイーブ人の故郷の星に留学生を送ったという話です。


・フィリップ・コーソーの本によって、米国の「エイリアン・エンジニアリング」の実態が米国民に広く知られたようです。この種の本には真偽のほどは分かりませんが、荒唐無稽な話も多いようです。宇宙人の進化のスピードは、人類のそれよりもはるかに速いそうですので、宇宙人のテクノロジーは、格段と進化していることでしょうか。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」そうです。イルミナティの地上のネットワークもあるといわれます。


・地球製のUFOが完成されているという話もあるそうです。エリア51などの情報は、ハリウッド映画などでリークされた形で全世界の人々の潜在意識に刻み込まれました。CIAの広報戦略でハリウッド映画に刷り込ませて、大衆に別の重要な情報を隠す手法のようです。金髪碧眼のノルディックのような人間タイプについては、リークした海軍の元情報部員は税金問題で警官隊と撃ちあいをして射殺されたともいわれています。メディアも何らかの理由で異星人情報には消極的だそうです。そこが厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いの恐ろしさでしょうか。メディアもアバブ・トップシークレットに協力しているといわれます。

 米軍は宇宙連合とコンタクトしてから60年以上が経っており、異星にも大挙して向かっているものと思われます。またロシアも異星人とコンタクトがあるようです。ロシアはタウ星人と当初コンタクトがあったそうです。米国やイスラエルがシリウス星人と通商協定を結んだとかの情報もあるようです。日本では翻訳出版されていない貴重な情報の洋書も多いそうです。エイリアンの超科学や超テクノロジーは米国の1人勝ちのようです。日本にも昔は宇宙連合の先遣隊のようなものが来ていたそうですが、どうなのでしょうか。


・異次元世界からの高等知性体の影響力を認識する人々も増えてきているようです。アセンションの時代ですから世界的に沈黙のコンタクティが増えているのかもしれません。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」そうです。が、「シリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こる」ともいわれているそうです。

 リラ星人のコンタクティ、フランスのクロード・ボリロン・ラエルによると「リラ星人のエロヒムが、人間を実験室で創った」と報告しています。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。が、どのようにして人間の精神を創るのか私たち一般人は、想像できません。グレイもバイオ・ロボットとかゼータ・レチクル星人だとかいろいろな説があるそうです。リラ星人のサタン(悪魔)や堕天使ルシファーは、遺伝子科学者の集団の名前だそうです。彼らも秘密裏に地球に来ているのかしれません。堕天使ルシファーもオリオンからやって来たそうです。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」などがいるそうです。

 スイス人のコンタクティ、“ビリー・マイヤー”の“その後”はどうなったのでしょうか。ビリー・マイヤーの膨大なノートによる記録から、かなりの宇宙人の世界が分かり、世界中で出版されたそうです。「日本でも翻訳をすすめる会」あり活動していたようです。プレアデス星人は日本とも関係が深いといわれます。20年ほど前にはプレアデス星座に行ってきた日本人の話もあったのですが、その後何も聞きませんが?!マスコミの前に誰も出たがらないのでしょうか。「沈黙のコンタクティ」のほうが非常に多いといわれます。


・太古には、インドで阿修羅と帝釈天が超巨大な宇宙母船でスター・ウォーズをしていた時代にも、金星のマスター(大師)が、阿修羅たちが崇拝する対象だったといわれます。阿修羅も帝釈天(インドラ)も人間化していて、異次元に存在していることでしょうか。現代ではシリウス星人とリラ星人の争いだったのかもしれません。マスター(長老)クラスは、シリウスやリラ、プレアデス等の重要な場所に瞬時に移動できるそうです。現在、サナート・クマラは公式的には異次元の金星に戻っていますが、引き続きシャンバラに焦点を合わせていて、今でも私達の惑星を援助しているといわれます。金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けた、といわれます。アヌンナキとかサナンダといわれる金星のマスター(長老)が活動の中心ともいわれます。アヌンナキという別宇宙の生命体が、この宇宙へ入ってきて、こと座(リラ)の星や、オリオン座リゲルに定着し、そこからさらに発展したそうです。「シリウスのテクノロジーは、アヌンナキによって地球にもたらされた」そうです。人類は45 万年前に地球にやってきたアヌンナキという異星人が、遺伝子操作によってつくった存在だといわれます。


・「現代史の教科書を1万回読んでも答えは見つからない。だが、真の歴史を知れば謎でもなんでもない。学校の教科書に載っていないだけである」といわれます。確かに受験のための熱い参考書を読んでも、歴史の事実は分からないことでしょう。この情報爆発の時代、本は世界中で無数に出版されています。しかし、私たち一般人には、趣味としても読書に費やす時間は限られているといわれます。インターネットのために新聞も読まなくなっている人々が増えている時代です。



・『宇宙友愛連合』に地球が参加できるのは、何百年後か分からないそうですが?「『宇宙友愛連合』に加わるには、地球はレベルが低すぎる」といわれても何がなんだかわからないものですね!宇宙連合は現在でも米国やその他の国に何らかの形でコンタクトしているそうですが。シリウス星人が、人類の発生に関与しているという説があるようです。「地球は、シリウス星人の殖民星だ」「人間は、記憶を失った異星人だ」といわれてもピンとこないものですね。

太古の人々は、天使と交流していといわれます。『転生』や『憑依・人格転換』を自由に操作できるのは、死後の世界『精霊界』で人間が遭遇できるかもしれない天使と言われるシリウス星人なのでしょうか?

   遥かに進化した宇宙人はワンダラー(転生)やウォークイン(憑依)などのかたちで人間社会に登場してきているようなので、私たち一般人にはわけの分からない話のようです。宇宙の彼方からやって来た「魂」によって、人類の進化が始まったといわれています。
  「テロス地方は、偉大な貿易センターであるとともに、レムリア内で、最も進んだ科学的研究が推し進められていた地域だった。ちなみに、レムリアの人々は、上空数百キロメートルもの高さまで飛行できる巨大な細長い乗物を所有していたという(但し、それで惑星間を航行するのは不可能だったようだ)」と指摘されています。

アンタレスにエーテル質量を統御できる宇宙人種族がいて、全宇宙に拡散したそうです。

米国の連続SFテレビ映画に「ビジター(訪問者)」というのが、ありましたが、実際の「ビジター」は、『厳秘』に守られて、正確な情報は、公開されていないようですね?

昔は、「金星蛇人と火星霊人」という異星人のパターンでしたが、現代は、チャネラーやコンタクティなどからの情報によりプレアデス人とかアルクトゥルス星人、リラ星人、シリウス星人というように具体的な名前が分かり始めてきたようです。映画「Xファイル」の「謎の組織」のように正体不明な組織と関係があるのでしょうか。

   目に見えない異次元の話なので私たち一般人には訳の分からない話が多いようです。

イエスを引き上げた宇宙船の船長の大天使ガブリエルの正体とは、進化した異星人だったようです。「イエスは宇宙人だった」という説が有力になりつつあるようです。映画にもなったベストセラーの「ダ・ヴィンチ・コード」でも分からないイエスとマグダラのマリアの謎とは、いくつも説があるといわれます。大天使ガブリエルは進化した異星人だった。キリスト画に多く見られるUFOとの関係は、異星人とのつながりを示しているといわれます。ちなみに、著者のジョージ・ハント・ウィリアムスンは、「ほぼすべてのインディアンの部族が空から来た人たちとの交流の歴史を語り継いでいる」という事実から、刺激を受けて、異星人研究に没頭したといわれているようです。光の船の船長ガブリエルとは、アプ星人だったのでしょうか。「キリスト(アプ星人)の一族が地球を管理している」という奇説もあるそうです。イエス・キリストはアプ 星人で非常に多くの転生をしているそうです。
 異次元、テレポーテーションの観念が一般の人々には、理解できないので、イエスの復活は、謎とされてきたようです。例の小柄な異星人グレイも壁を透き通るように部屋に新入してくるように異次元通過ができるといわれます。「イエスは、アプ星野宇宙人だった」という説が、かなりの説得力を持つ時代となりつつあるようです。テレポート(瞬間移動)の技術も人間には奇跡以外の何物でもないですが、宇宙人には「それほど難しくない技術だ」そうです。想像を絶する程度に進化しているようです。シャンバラは直径100キロの都市型超巨大宇宙船がエーテル界かアストラル界に突入した状態なのかもしれないといわれます。

・サンフランシスコのシャスタ山には、このような小人の異星人の話が昔から多いそうですが、当時の人々にとっては「眉唾物」とされていたことが多いようです。直径100キロの宇宙母船はプレアデス星人の話で報告されているようですが、惑星間の移民に利用されたようです。カラとなった異次元の「秘市」の住民たちはどこへ行ったのでしょうか。おそらく、他に移動したのかもしれません。「M・ドーリル先生もシャンバラの命で、アメリカ合衆国で、ブラザー・オブ・ホワイト・テンプルを創立され、これから2千4百年も続く第7地球サイクルの準備を始められた」という説もあります。異次元の聖白色同胞団は、人類の進化に関係してきたといわれます。「アリゾナ州のセドナ上空に、目に見えない異次元のエーテルのシティが滞空している」という米国の著名なUFO研究家がいるそうです。


・最近の「ダ・ヴィンチ・コード」などのようなブームもあり、諸説がありますが、「イエス・キリストは、アプ異星人だった」という説が増えてきているようです。アプ星人は現代では南米にも飛来しているようです。「アプ星と地球は今の太陽が生まれる前、一緒の星だった」といわれます。異次元は、幽体離脱や夢の中で普通の人は、行けるといわれています。今も、欧米人のチャネラーの間では「夢の中で、アストラル・トリップ(幽体離脱)をして、クリスタル・シティでキリストに出会った」という体験話が絶えないといわれます。「イエスは、シャンバラで学んだ」という説もあるそうです。「日本にもキリストが来た」とか、「キリストの墓がある」とかの説もあるようです。ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)とのコンタクティ(宇宙人から伝達・接触されたという人)も世界中にいるらしいのです。
 「日本にあるというキリストの墓」については、「青森県三戸郡新郷村戸来(へらい)。ここに「キリストの墓」があるといわれている。湖の東に位置する新郷村に入ると、まず目に入るのが、「キリストの村へようこそ」という看板である。キリストの墓、左の「十代墓(じゅうだいぼ)」がキリストの弟イスキリの墓であるという。「竹内文書」という古代日本にかんする記録からこの説がでたようであり、数冊の書籍が出版されている」と指摘されています。イエスは、シャンバラで修業されたという説もあり、シャンバラは霊的な地だったようです。

・インドで発達したヨガは、昔、アキヤシヤの空間に入っていくための手段であったようですが、現在は、それ自体が忘却されているようです。現代物理学もエーテルの秘密を解くことができないでいるといわれます。むしろそのエーテルの存在すら否定していると指摘されています。『厳秘』で守られた異星人情報は、マスコミ関係者も手を出せないといわれます。太古から続けられている神と悪魔の戦いというところでしょうか?

  黒同胞団の力と聖同胞団の力との戦いは原始以来続けられてきた」そうですが、今も続いているようなのです。お互いに不死の限界のない連中の争いのようです。地球上でもいろいろな現象に現われているかもしれないのです。アンタレスにはホワイト・ブラザーフッド(白色聖同胞団)の本拠地があるといわれています。異次元にあった7大秘市の住民たちは、「光の子等」によって、より高次元の世界に向かったのかもしれないそうです。7大秘市の住民たちは、より高次元に向かったか、地球や他の異星に「転生」したり、地球上の人間に「憑依」したりして、消えたのでしょうか。最近では、死後の世界の「精霊界」というものが、いわゆる天使のいるアストラル界やエーテル界と似ていることが認識されだしたようです。人間の死後世界を創造した進化した異星人、神々のテクノロジーは想像を絶します。昔の人は、シャンバラを求めて、洞窟探検やトンネル探検をよくしたものですが、現代人は、異次元にあることの理解が深まっています。例の小柄な異星人グレイも異次元を行き来でき、テレポートができるようだとの報告があるようです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。シャスタ山は、よくオカルト文献に出てきます。小人の宇宙人やその他の不思議な現象があるといわれます。「見えない世界」の「思念」で物質を形作る超人の世界は、我々には理解できないでしょう。

・「異星人や高等知性体が、太古より人類を様々な面で助けている」という主張は多くなっているようです。天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人は、ホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)と関係していると窺われます。「歴史上の偉人には、異星人が憑依していた」という説もあります。遥かに進化した異星人は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)のかたちで地球上に現われるそうです。薔薇十字団など西洋オカルト秘密結社は、ホワイト・ブラザーフッドに起源があるといわれています。ホワイト・ブラザーフッド、白色同胞団の本拠地は、アンタレス(さそり座の赤星の一等星)に存在するといわれたことがあります。ナチスのヒトラーがホワイト・ブラザーフッド(白色同胞団)の一員だったという説もあるそうです。また「ヒトラーは堕天使ルシファーに憑依されていたのだ」という説もあります。

ヒトラーとホワイト・ブラザーフッドの関係を注目するよりも、ヒトラーは、黒魔術師、暗黒同胞団の化身と見なした方が、理解がすすみ、共感を得るだろうと思いますが?
 ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明は、驚くべきことが多いようです。ヒトラー伍長の第3帝国の総統への大出世は歴史上、大きな謎だそうですが、目に見えない異次元の超人たちに人格転換を受けたという説もあるそうです。

キリスト教や仏教、イスラム教に比較するとホワイト・ブラザーフッドの存在の認識は広汎とはいえないようです。見えない世界の存在は、想像できませんが、チャネラーのチャネリングで、「あの世」や「エーテル界」の状況が伝わってきます。目に見えない異次元の金星には壮大な文明があり、エイリアンが霊界のように都市を築いているそうです。地球上における異星人ネットワークもあるようですが、高等知性体であるために秘密は保たれているようです。異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視・調査し普通の人として社会生活をしているといわれています。


・アトランティスとレムリアの文明については、チャネラーにより、諸説があるようです。目に見えない異次元の世界は、時空を超えているので「あの世」が「この世」を規定しているといわれています。「あの世」の動きが時間を経て「この世」に起こってくるともいわれます。「あの世」も私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。世界中の神話は、どこかに共通性があるようです。ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明「終戦時のヒトラーは影武者だった」というように、信じられないような話が多いといわれます。思考の現実化、意識の物質化という考えは、人類にはありませんが、エーテル界では、当然だという報告があるようです。


・天使的な実在とは、天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人のことのようです。憑依現象は、日本でも多くの民間伝承、民話があるようです。ゲリー・ボーネルのチャネリングは、例えば、ヒトラーが、ホワイト・ブラザーフッドに関係しており、大戦終結後も生きていたというように、霊体やウォーク・イン(憑依)が自由にできる異星人を仮定、前提にしないと理解不能な話が多いようです。またヒトラーが何ものかに憑依されていたので、あれほどの魔力でドイツ民族を狂わせたのだとする説も少なくはないようです。「ヒトラーはブラジル人の愛人と95歳まで生きていた」という話もあるようです。


・チャネリング情報で、原初の太古の状況を説いたのは、ブラヴァツキー夫人が最初といわれています。「人は皆、記憶喪失の異星人だ」そうですが、無数の転生を経てきているのが普通の人のようです。シリウス星人もネガティブなグループとポジティブなグループの両方が存在し、宇宙でで、対立抗争、戦争の原因となっているのでしょうか。ヒトラーは、魔人、人の顔をした悪魔という説が、オカルト界では、多数説でしょう。ネガティブなシリウス人が憑依したという説が強いようです。ゲリー・ボーネルは、終戦時と、大戦後のヒトラーについて、非常に特異な説明をしているようです。ヒトラー伍長をドイツ国の首相、総統にした影の力は、堕天使、魔王たちなのでしょうか。「ナチスの中枢部はレプティリアンの関与する真の歴史を知っていたのだ」という説もあります。「地球を支配しているのはレプティリアンという低層4次元の存在である」といわれます。「悪玉と善玉の一人二役を演じる魔神」とか、かって善玉の一員だったが何らかの理由で悪玉に寝返ったとか、ファンタジー物語によくあるストーリーかもしれません。

「地球人は記憶を失った異星人」だそうです。太古のウォーク・インによって、人類は、進化してきたという説もあります。遥かに進化した宇宙人は、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形で人間の体に入りこみますので、識別は不能のようです。




********************************
・ブログ名称:UFOアガルタのシャンバラ

日本は津波による大きな被害をうけるだろう

・第2のブログ名称:UFOパラレル・ワールド

「神の国か?」「人類の原郷か?」 「天上のエルサレムか?」・・・・・・・・・

「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の殖民星が、地球か?」、「ネガティブのシリウス星人の地球支配があまりにも巧妙なので、しょっちゅう戦争が起こるのだろうか?」

「金髪碧眼のノルディックが住んでいたアガルタのシャンバラ情報の集大成を目指す・・・・・・・・・・」「金星蛇人と火星霊人の戦争はその後どのように展開したのだろうか」
「日本民族の神話の原郷『高天原(たかまがはら)』は、『都市型の超巨大宇宙船』なのか!?」「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔なのか」
「小人族のグレイの母船に同乗する金髪碧眼のノルディックは、”悪魔の王””ルシファー”なのか?!」

「円盤は神人や異人、悪魔の乗り物なのか!?」「天使は神の秘密諜報員なのか」「神は最初のフリーメーソンなのか」

「UFOは、人類の歴史が始まって以来、最も重要な現象なのか。UFO問題とは、人間にとっての死の問題を解くことなのだろうか。UFOはフリーメーソンの創作なのか」

「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ているのだろうか」

「イルミナティなどのフリーメーソン組織に入ると神に会えるのだろうか」「金星の神々は地球に到着するやいなや、イニシエーションのためのフリーメーソン本部を設けたのだろうか」「フリーメーソン結社はこの大地が創出されるよりずっと前から、さまざまな太陽系をめぐって、存在していたのだろうか」

「国際連合の設立に動いたキリストの星、アプ星人とは」

「人は皆、記憶喪失の異星人だろうか」

「はるかに進化した天使のような宇宙人は、人間の守護霊や背後霊なのだろうか」「セドナ上空に見えないエーテルのシティが滞空するのだろうか」

「シリウス星人の故郷である天体イジュニュは、もっと高い周波数で共振する6次元の天体であり、地球の宇宙と同時に存在するパラレル・ユニバースに存在するのだろうか」


グーグルのブロガーにも書いています→UFOパラレル・ワールド






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント