テーマ:その他

ようするに、2030年、世界人口の3分の2は水不足に悩まされる(5)

・食糧不足や水不足から紛争や戦争の懸念もあるといわれます。「100億人」に到達するのは、アフリカの人口増加が大きいといわれます。「100億人」になる前でも「人口増加」による、人々の生活への悪影響は、ひどくなるといわれます。人口増加は、誰も止めることが出来ませんし、それぞれの国でそれから生起する諸問題を解決せざるをえないようです。国連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようするに、2030年、世界人口の3分の2は水不足に悩まされる(4)

『いま、眼の前で起きていることの意味について』 ―行動する33の知性 ジャック・アタリ   早川書房   2010/12/17 <現実に意味を与える> ・事件であれ自然現象であれ死であれ、あらゆることを説明のつかないままにしておけないのが人間の本質である。人間はみずからの歴史に理解できない要素があると、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようするに、2030年、世界人口の3分の2は水不足に悩まされる。(3)

『危機とサバイバル』 ジャック・アタリ    作品社   2014/1/31 <21世紀を襲う“危機”から“サバイバル”するために> <人類史の教訓から学ぶ“危機脱出”の条件> ・生き延びるためには、不幸から逃れるための隙間を見つけ出そうと、誰もが必死にならなければならない。 ・人類史において、危機…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ようするに、2030年、世界人口の3分の2は水不足に悩まされる(2)

<科学とは、つまるところ理解することです。> ・わたしたち人間(現生人類)が種としてあらわれたのは、約20万年前のことです。これは地球の歴史でいうと、つい最近です。 ・わずか1万年前、地球の人口は100万人しかいませんでした。 ・200年と少し前の1800年には、それが10億人となりました。 ・約50年前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようするに、2030年、世界人口の3分の2は水不足に悩まされる(1)

『2030年 ジャック・アタリの未来予測』 不確実な世の中をサバイブせよ! ジャック・アタリ   プレジデント社  2017/8/9 <80億人(2030年の世界の人口)> ・「起きるわけがない」と決めつけても、どんなことだって起こりうる。そうした最悪の事態を予測することこそが、最悪を回避する最善の手段なのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の政治中枢では「〇〇指導小組」と称されるような「小組」が多数存在していて、それが政治を(5

・石平氏によると、「政府は全部党の出張機関みたいな有様です」ということだそうですが、軍と中国共産党の支配統治体制による、市場経済化、開放経済も矛盾が極大化しているといわれます。『岡目八目』といいますが、ここにきて中国が中国を見る姿と世界各国が中国を見る姿が大きく違ってきているのが分かるそうです。 ・2017年5月22日、6人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の政治中枢では「〇〇指導小組」と称されるような「小組」が多数存在していて、それが政治を(4

<ソ連崩壊の原因> ・つぎに、ソ連を崩壊に追い込んでいく要因として、わたしは三つあげます。一つは経済的要因、二つ目は政治的要因、三つ目は民族的要因です。ソ連はなぜ崩壊したかというタイトルのもとでは、「ゴルバチョフ政権はなぜペレストロイカに失敗したのか」という問題の立て方もありますが、今日はもっと大きく、ソ連の失敗した究極の原因を眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の政治中枢では「〇〇指導小組」と称されるような「小組」が多数存在していて、それが政治を(3

『中国経済がダメになる理由』 サブプライム以後の日中関係を読む 石平 × 三橋貴明         2009年5月1日 <4つの崩壊> ・投資と純輸出。中国経済成長の2本の柱は、ここ最近、中国に生じていた4つのバブルと密接に関係している。すなわち不動産バブルと株式バブル、さらには輸出のバブル、そして、成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の政治中枢では「〇〇指導小組」と称されるような「小組」が多数存在していて、それが政治を(2

<中国がコピーを作れないたった1つのもの――2000年前に孟子も唱えていた正しい政治のあり方> ・西洋の民主主義が中国の「水と土に合わない」のなら、なぜそれを禁止する必要があるのか。たとえ、それが中国に入ってきたとしても、生存できずに自滅するのだから、放っておけばよいではないか。 ・「中国は何でもコピーできるが、民主主義だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の政治中枢では「〇〇指導小組」と称されるような「小組」が多数存在していて、それが政治を(1

『なぜ中国は民主化したくてもできないのか』 皇帝政治の本質を知れば現代中国の核心がわかる 石平  KADOKAWA   2018/3/24 <「経済発展が起これば民主化が促される」> ・なぜこのタイミングで習近平は「終身主席」を狙ったのか?その背後には「皇帝を求めざるをえない」中国独特の政治システムがあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「習近平が2期目を終える2023年前後にかけて、不安定な状況になるのではないか」ということです。(4

『中国バブル崩壊が始まった』   鬼城、不正な輸出統計、汚職、汚染・・・張りぼて中国経済の面の皮が剥げ落ち、いよいよ中国からカネが逃げ出すゾ! チャイナ・ウオッチャー 宮崎正弘   海竜社   2013/7 <この凄まじき汚職天国> <中国国内の舞台裏でますます激しくなる汚職と腐敗> ・中国の上場企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「習近平が2期目を終える2023年前後にかけて、不安定な状況になるのではないか」ということです。(3

『中国バブル崩壊の全内幕』 2017年、習近平は失脚する 宮崎正弘 石平 福島香織  宝島社   2016/7/1 <予想を超える規模> ・中国の経済崩壊は誰の目にも明らかになっている。しかし、その崩壊ぶりは大方の予想を超える規模になりつつある。 <逃げ遅れた日本企業を待ち受ける地獄> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「習近平が2期目を終える2023年前後にかけて、不安定な状況になるのではないか」ということです。(2

<忍び寄る老い――払いきれぬ産児制限のツケ> <親が罰金を払えず、「無国籍者」として生きる> ・しかも、一人っ子政策に違反した夫婦からの罰金は、中国本土で年間200億元を超えるという。権力側にとって、産児制限は国民を監視しつつ、財源まで得られる実に都合のよい仕組みだ。 今後も続く産児制限への庶民の不満の矛先をそらす狙いもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「習近平が2期目を終える2023年前後にかけて、不安定な状況になるのではないか」ということです。(1

『結局勝ち続けるアメリカ経済 一人負けする中国経済』 武者陵司  講談社   2017/8/18 <日本に吹く地政学的な追い風> ・では、いまの世界情勢を解き明かすカギはどこにあるのでしょうか。私はアメリカ経済分析に尽きると考えています。 ・本書の明確な主張は、アメリカの卓越した経済力が一段と強化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2048年(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。(5)

・政治家は選挙民の対応に追われて、勉強ができないそうです。「政務活動費の問題も氷山の一角」と指摘されています。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。「失政」を詳しく調べていくと恐るべきことが分かるのかもしれません。 ・「政務活動費の問題も氷山の一角」と指摘されていますが、現状の政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2048年(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。(4)

『闘う政治』   手綱を握って馬に乗れ 長妻昭     講談社  2008/9/18 <民間企業の常識と、永田町や霞が関の常識が余りにもかけ離れている> ・35歳、生まれてはじめて献金をいただいたとき、驚き、そして感動した。政治家は信用できない職業―。政治家を目指す中で、そんな視線を感じていたからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2048年(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。(3)

<政策目標は「上場企業の時価総額」> ・では、どのように東京の生産性を上げていくべきでしょうか。東京の生産性は、首都に集中している大企業、上場企業などの影響が大きいことは言うまでもありません。まずはこのあたりの生産性をどれだけ上げることができるのかがカギとなってきます。もちろん、そこには本書で非効率さを指摘してきたメガバンクなども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2048年(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。(2)

『超高齢社会の未来 IT立国 日本の挑戦』 小尾敏夫・岩崎尚子   毎日新聞社   2014/12/27 <人類が経験したことのない少子・超高齢・人口減少社会> ・少子・超高齢・人口減少社会である日本は、いまだかつて世界が経験したことのない未知の世界が広がっている。日本では65歳以上の高齢者人口は過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2048年(南海トラフ巨大地震の可能性)犠牲者は32万人以上。被害総額は220兆円。(1)

『怖すぎる未来年表』 2100年までに日本と世界で起こること 未来予測研究倶楽部  Gakken 2018/5/22 <はたして人類の未来は明るいものなのか> ・人工知能が人間を超えるシンギュラリティへの到達は、わずか27年後に迫っている。これらのテクノロジーについて理解しておかないと社会から取り残されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が魔に狙われていると感じたら、自分ひとりで戦おうとせず、戦闘系の霊人たちを呼びなさい。(4)

________________________________________ ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・大天使ミカエルは、進化した宇宙人ですが、あまり異星人の話にはでてきていないようです。仏教の四天王では、毘沙門天(多聞天)がファヌエル、持国天はミカエル、広目天はラファエル、増長天は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が魔に狙われていると感じたら、自分ひとりで戦おうとせず、戦闘系の霊人たちを呼びなさい。(3)

<NO157 虚舟> <江戸時代の海岸に漂着したのは宇宙人か?> ・江戸時代のUFO飛来事件とおぼしき出来事を伝える記録がある。 時は享和3年(1803年)2月24日午後。旗本の小笠原越中守の知行所、常陸国の領内であるはらやどり浜の沖合に奇妙な船が漂着した。土地の漁民たちは小舟を漕ぎだしてその船を浜辺まで引いてきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が魔に狙われていると感じたら、自分ひとりで戦おうとせず、戦闘系の霊人たちを呼びなさい。(2)

『セラフィム・ブループリント』   ルース・レンドリー   VOICE 2010/6/15 <どうすればセラフとコンタクトできるか> ・ほとんどの場合、これまで人間とコンタクトをとるのは「天使」か「アークエンジェル(大天使)のどちらかでした。 ・西洋文化におけるヴィジョナリー(聖書に登場する『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が魔に狙われていると感じたら、自分ひとりで戦おうとせず、戦闘系の霊人たちを呼びなさい。(1)

『大天使ミカエル』  スピリチュアル・メッセージ4 アマーリエ    新日本文芸協会   2012/9/1 <魔に対し、ひとりで戦ってはならない> ・一般に地獄霊が地上の人間に憑依する場合は、生前同じような執着を持っている者に波長同通で寄って来ます。地獄霊の中でも魔と呼ばれる者たちは、積極的に地上の人間たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんのささいな執着であっても、あっという間に憑依を起こす場合を「無差別憑依」と呼びます(2)

<今、幽界と神界の間に> ―― 今、そこはどういう場所ですか。 (高橋)幽界と神界の間くらいだろう。ただ、光に満ちた世界。姿は見えないが、思うだけで相手に伝わるんだ。ある時、違う所に行く。神、仏の世界に行ったりきたり。楽しいよ。それも修行、自分を磨かないとね。悟りのみだ、悟りのみ。本当に悟りなんだよ。 ―― 亡くなる2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんのささいな執着であっても、あっという間に憑依を起こす場合を「無差別憑依」と呼びます(1)

『高橋信次』  スピリチュアルメッセージ集2 アマーリエ   新日本文芸協会 2012/9/1 <今は地球神がみんな一体になっている> ・今までは9次元10人が、3人ないし4人という形で、ひとつの文明を担当してきた。それは、もうあなた方、霊言で聞いて知っているね。だけども今回は、そんなこと言ってられない状態にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2309年、山積する地球規模の未解決問題が限界を迎え、世界大戦に突入。(3)

「異界と日本人」 (絵物語の想像力) (小松和彦) (角川選書) 2003/9/9 <異類婚姻と異界> ・人間の女に姿を変えて嫁入りしてきた狐の場合では、人間との間に生まれた人間の姿をした子供を残して異界に去っていくのである。そして、その子が成長して特別な能力を発揮することになるわけである。そのような人物の一人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2309年、山積する地球規模の未解決問題が限界を迎え、世界大戦に突入。(2)

「縄文宇宙文明の謎」 (高橋良典) (日本文芸社) 1995/2 <3大奇書> ・日本の3大奇書と言われる竹内文書によれば、アシカビキミヌシの後をついで、世界の王となった上古第二代天皇ツクリヌシキヨロズオは、日本の「磐城ノ国」に地下都市を作り、地球の大異変を生き延びた後に「父の山」から、神去ったというのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2309年、山積する地球規模の未解決問題が限界を迎え、世界大戦に突入。(1)

『プレアデスの智恵』  (薗田綾) (綜合法令)1996/4 <歩きながら狩りをする鷹> ・この書は、アメリカに住むひとりの先住民族の男、ホーク・フー・ハンツ・ウオーキング(HAWK WHO HUNTS WALKING=歩きながら狩りをする鷹)の語った言葉を集めたものです。 ・チェロキー族は5000年以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は多くのアメリカ人、特に一般の労働者階級の人々からアメリカ社会を救う“希望”として(4

________________________________________ ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・アメリカにおける大きな格差は、すでに知られている事実のようです。例えば、医療問題で自己破産している人が毎年70万人にものぼることは、社会に深刻な打撃を与えているようです。10年で700…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は多くのアメリカ人、特に一般の労働者階級の人々からアメリカ社会を救う“希望”として(3

<海面上昇で、地球の「大崩壊」が起こる> ・その後の20年間(2073年から2093年)で、氷床の90パーセントがばらばらになって融解し、地球のほとんどの地域で海面が約5メートルも上昇した。  そのころ以前から南極氷床より不安定と考えられていたグリーンランド氷床が、同じように解体し始めた。夏季の融解がグリーンランド氷床の中心部ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more