テーマ:UFO

ほかのグループを見ると、そこには多数のロシア人、日本人、ドイツ人そして他の国々から来た人々がいた(2

<「全従業員の幸せを追求」は組合迎合と反発した幹部> ・会長着任後、稲盛さんは「経営の目的は全従業員の物心両面の幸せの追求である」という話をよくされた。しかし、これについても反発があった。  ある幹部は私に「この発言をすぐに撤回するよう稲盛さんに伝えてほしい」と言ってきた。彼は稲盛さんがカネボウの伊藤さんと同じように組合に迎合し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほかのグループを見ると、そこには多数のロシア人、日本人、ドイツ人そして他の国々から来た人々がいた(1

『天使的宇宙人とのコンタクト』 2012年に再び戻ってくる (ハワード&コニー・メンジャー)(徳間書店)2007/7/19 <マスターと準マスター> ・質問;マスターと準マスターの違いとは何ですか? 回答;マスターは何でもできますが、実際はしない人です。準マスター(熟練者のような人)は、ほとんど何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケネディ大統領はわかってくれた。後は歴史が物語っている」。(3)

________________________________________ ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・ケネディ大統領の暗殺事件のドキュメント公開は、先送りされたようです。 産経ネットニュース(2018/4/27)によると 「JFK文書公開の判断延期 2021年10月まで」 トラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケネディ大統領はわかってくれた。後は歴史が物語っている」。(2)

<35年の沈黙を破って公表に踏みきったわけ> <空軍や海軍、政府もUFOの残骸に接した> ・「それは、軍事目的で密かに製造される、秘密兵器に関しての情報です。わたしがお話ししたのは、すべて民間に流れたテクノロジーに関してばかりですが、軍だけで使用する、本当の意味での軍事機密は、お話しするわけにはいかないのです」 ・「エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ケネディ大統領はわかってくれた。後は歴史が物語っている」。(1)

『NASAアポロ計画の巨大真相』 月はすでにE.T.の基地である コンノケンイチ  徳間書店   2002/12 <フェイク映像> ・アポロ11号による人類初の月着陸。それは1969年7月20日だった。この快挙は世界中にTV中継されたが、その映像には「フェイク・やらせ・でっちあげ」の動かぬ証拠が山ほどあった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀神話などでも、この金星・火星からの平和統治部隊を【天孫降臨】と言っております(5)

『山神を見た人びと』  高橋貞子   岩田書院   2009/3 <東北文化史の古層へ> ・今では有名になった『遠野物語』ですが、当時これを評価したのは泉鏡花と芥川竜之助くらいで、多くの人は趣味本位の書物にすぎないと見ていました。しかし、この発刊が機縁になって、地方に埋もれた文化への見直しが始まり、やがて民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀神話などでも、この金星・火星からの平和統治部隊を【天孫降臨】と言っております(4)

『オカルトの惑星』 1980年代、もう一つの世界地図  吉田司雄  青弓社   2009/2/23 <シャンバラへの旅―80年代の日本の危うい夢(宮坂清)> <アガルタの首都シャンバラ> <多彩な表象> ・ところが、1970年ごろを境にしてシャンバラやアガルタは表現の素材として広く用いられ、より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀神話などでも、この金星・火星からの平和統治部隊を【天孫降臨】と言っております(3)

<今も聞こえる兵長の「パパイアはまだか」> ・いまから三十数年前、あのいまわしい戦争のさなか、ぼくは名もない一兵卒として南方の前線、ラバウルに駆り出されていました。  すでに、終戦の近くになった昭和19年8月の出来事です。暑さと飢えで病人が続出し、兵隊はひとり、ふたりと倒れ、死んでゆきました。 ・そう思いながら、壕に行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀神話などでも、この金星・火星からの平和統治部隊を【天孫降臨】と言っております(2)

(世界不思議大全)(学研)2012/8 ローゼンクロイツ(薔薇十字団の創設者) <「ローゼンクロイツは人間の姿をとって物質界に現れた高次の霊的存在」(人智学の創始者ルドルフ・シュタイナー)> ・アラビアに地図にも載っていないダムカルという謎の都市があり、そこではカバラやヘルメス主義、錬金術、スーフィズムなどに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記紀神話などでも、この金星・火星からの平和統治部隊を【天孫降臨】と言っております(1)

『シリウス・オリオン驚愕の100万年  地球史興亡』 プレアデス直系ハーモニー宇宙艦隊続報 100万年前地球はシリウス星人に支配されていた プレアデス星人はアヌンナキが去った後地球にやって来た ロズウェル事件の捕獲宇宙人「エアル」が告げた超真相 上部一馬/佐野千遥/池田整治   ヒカルランド 2018/3/31 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「羽咋には空飛ぶ円盤の神話があるじゃないか!」と、鳥肌が立ちました。(3)

・日本に昔にあった人身御供の伝承は、猿の神様(ケンタウルス座α星人)が関係していたのかもしれません。昔のチャンバラ映画にでも「巨大な狒々の人身御供」の映画もあったそうです。米国のキャトルミューテレーション(動物虐殺)もグレイの仕業だと言われます。内蔵の液体をグレイの栄養物にするともいわれています。しかもグレイの皮膚から吸収するともい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「羽咋には空飛ぶ円盤の神話があるじゃないか!」と、鳥肌が立ちました。(2)

<ステファン・デナルデ> ・オランダ人実業家。1967年7月、オランダ南西部ウースタ―シェルトの沖合をヨットで航行中、海面に浮かんでいた異星人の宇宙船(水上艇)に乗り上げて異星人と遭遇し、乗船を許された。 ・身長150センチほどの異星人はヒューマノイド型ではなく、顔の真ん中に窪みがあり、手は鉤状で、全身が薄褐色の毛で覆われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「羽咋には空飛ぶ円盤の神話があるじゃないか!」と、鳥肌が立ちました。(1)

『ローマ法王に米を食べさせた男』 高野誠鮮  講談社  2012/4/6 <CIAの戦略で、マスコミを使ってPR> ・そのレポートによると、人間がどうしてひとつの方向にがーっと動くかというと、目と耳から入った情報によって心が動くのだと。つまりひとつの村、集落を動かすときには、常に話題の中心にこの村を置けばいいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSI(アメリカ空軍特別調査部)の書類を見ていくと、「JASDAF(航空自衛隊)」の204Aに(5)

・木村秋則さんは、無農薬と無肥料のリンゴで有名になった人のようです。テレビ番組にも取材をうけたり、木村さんの半生が映画にもなっているようです。映画にもなったことは「凄いこと」のように思われます。メディアでは人気者となり、公式のサイトもあり、現在の活躍ぶりが分かるようです。一方では、木村さんの不思議な体験、いわばオカルト体験もよく書物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSI(アメリカ空軍特別調査部)の書類を見ていくと、「JASDAF(航空自衛隊)」の204Aに(4)

『輪廻転生を信じると人生が変わる』 山川紘矢    ダイヤモンド社    2009/9/11 <出会いには必ず目的がある> <この世に偶然はない> ・「この世に偶然はありません」精神世界のことを勉強し始めると、必ず、この言葉に出会います。 ・昔の人は、知っていたのです。人は決して偶然に出会うのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSI(アメリカ空軍特別調査部)の書類を見ていくと、「JASDAF(航空自衛隊)」の204Aに(3)

『木村さんのリンゴの奇跡のひみつ』 植物と会話し、宇宙人と語る不思議な男の物語 小原田泰久   学研パブリッシング  2010/3/23 <宇宙人> <人を幸せにする木村マジック> ・すべてのものに魂は宿っているんだ。 ・何しろ、木村さんは、11年の歳月をかけて無農薬・無肥料でリンゴを栽培す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSI(アメリカ空軍特別調査部)の書類を見ていくと、「JASDAF(航空自衛隊)」の204Aに(2)

<奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録> ・リンゴ農家の人々にとって、美しい畑を作ることは、豊かな実りを得るために欠かせないというだけでなく、おそらくはある種の道徳ですらあるのだ。  そういう意味でも、そのリンゴの畑の主が、カマドケシという津軽弁の最悪の渾名で呼ばれているのは、仕方のないことだったかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OSI(アメリカ空軍特別調査部)の書類を見ていくと、「JASDAF(航空自衛隊)」の204Aに(1)

『UFOとローマ法王、そして自然栽培』 空飛ぶ円盤で日本を変えた男 高野誠鮮   学研プラス   2017/9/26 <UFO伝説が羽咋の救世主に?!> ・すると、奇妙な古文書が見つかりました。地元の正覚院という寺に伝わる『氣多古縁起』という文献ですが、その中に「成山飛行虚空神力自在」という文言があったんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その山のことは知っているのですが、場所は知りません。その山の中には一大都市があります。(3)

________________________________________ ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・人類を創造した宇宙人種族とのコンタクトは、退行催眠・催眠術によって、第3者が認識できるようです。進化した異星人は、高次元の観察者として、守護霊や天使のように、私たちのことを認識し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その山のことは知っているのですが、場所は知りません。その山の中には一大都市があります。(2)

『この星の守り手たち』 ドロレス・キャノン     ナチュラルスピリット 2010/6/27 <スピリチュアルな領域によるヒエラルキー> ・(ドロレス)この星は、わたしたちが知っている銀河にあるのでしょうか? (フィル)シリウス星団にあります。地球からも観測されたことがありますが、銀河系の境界線はまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その山のことは知っているのですが、場所は知りません。その山の中には一大都市があります。(1)

『人類の保護者』 UFO遭遇体験の深奥に潜むもの ドロレス・キャノン   ナチュラルスピリット  2016/8/8 <地球人に受け入れられるような仕方で接触> ・「彼らは、地球人に受け入れられるような仕方で接触し、それにより疑いを払拭して宇宙人の存在が証明できるような方法を考えています。そして、地球人が彼らの仲間入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カピージャ・デル・モンテは、私の中でも一風変わったUFOの村として、強く記憶に残っている。(2)

『世界不思議大全』  増補版 泉保也   Gakken   2012/8 <「ダルシィ文書」と異星人地下基地の秘密> <異星人とアメリカ政府が結んだ密約とは?> <明らかになった異星人地下基地> ・1970年代半ばから、アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキに近いマンザノ山地一帯でキャトルミューテレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カピージャ・デル・モンテは、私の中でも一風変わったUFOの村として、強く記憶に残っている。(1)

『奇界紀行』 佐藤健寿  角川学芸出版   2015/12/25 <ARGENTINA    南米山奥の異星人に愛された村> ・これまで、世界中のUFOスポットと呼ばれる場所を随分と旅してきたが、2008年5月に訪れた南米アルゼンチンの田舎町、カピージャ・デル・モンテは、私の中でも一風変わったUFOの村として、強く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(6)

・「ヒトラーは戦後も生きていた」という伝承、都市伝説は世界の各地にいろいろとあるそうです。『伝説の秘密諜報員 ベラスコ』(学研)では、ヒトラーはベルリンの総統の地下壕から逃亡したそうです。ヒトラーが95歳でブラジルのマットグロッソで1984年に死んだとしても、「超人」の場合はその死後の生態が問題になるようです。 ・ヒトラーは死後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(5)

『シャンバラの秘宝』 Zファイル   (玉井禮一郎)(たまいらぼ出版)    1998/6 <仏典「法華経」にも記述されている「地底世界(シャンバラ)と地底人」の実地踏査の簡潔な報告。> <ブラジルのロンカドール山脈の謎。ブラジルはUFO多発地帯。> ・「法華経」の予言のハイライトは、巨大な宇宙船の地球来訪(宝塔品)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(4)

『FBI超能力捜査官マクモニーグル』 「遠隔透視」部隊の現実   (並木伸一郎・宇佐和通) (学研)2007/2 <幽霊のハンス> ・幽霊もよく見る。亡くなった妻の母も会いに来た。あれは感謝祭の夜で、妻の母は、その年の8月に亡くなっていた。家族が感謝祭で集まったとき、私は、どうしようもない眠気に襲われて、二階の寝室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(3)

『人類アカシャ全史』  (ゲリー・ボーネル+古川益三) (ボイス) 2002/2 <ゲリー・ボーネルのヒトラーに関する説明「終戦時のヒトラーは影武者だった」> ・ ヒトラーは、ホワイト・ブラザーフッドの儀式を受けたメンバーです。ホワイト・ブラザーフッドは、神秘家たちが構成する組織です。ゾロアスター教よりも前に、すでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(2)

『2000年5月5日宇宙人大襲来』 (草刈龍平)(第一企画出版)1996/12 映画インディペンデス・デイはなぜ緊急制作されたのか アメリカ政府が隠し続けた恐るべき事実 <ヒトラーが宇宙人と密約していた動かぬ証拠> <ヒトラー> ・ナチスが開発したというこのUFOの性能は想像を絶するものだ。いったい今か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドワード・スノーデンが「1954年に当時のアイゼンハワー大統領がエイリアンと会談した」という(1)

『ヒトラーとUFO』  謎と都市伝説の国ドイツ 篠田航一   平凡社  2018/6/15 <FBIの追跡> ・根強く語られたのが、ヒトラーは自殺しておらず、妻エヴァとともにベルリンを脱出したという説だ。オーストリアの歴史学者ヴォルフディーター・ビールの『ヒトラーの死』によると、ヒトラーが自殺したとされる4月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全に解明されているわけではないが、現在のところ、ドッペルゲンガーを見る原因は、「脳の病気」(6)

・ウンモ星人の書籍は、数冊(『宇宙人ユミットからの手紙』『アメリカが盗んだ宇宙人ユミットのプラズマ科学』等)が日本語訳で出版されていますが、宇宙人はヨーロッパの普通の住人に交じると区別がつかないと語られています。惑星ウンモ(地球から約14.5光年離れた恒星イウンマの周りを公転)から来た地球外生命体ユミット(=ウンモ星人)が知られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more