テーマ:森羅万象

Uボート潜水艦に乗艦、南米アルゼンチンのラプラタ河口付近に無事辿り着いている(5)

『シャンバラの秘宝』 Zファイル   (玉井禮一郎)(たまいらぼ出版)    1998/6 <仏典「法華経」にも記述されている「地底世界(シャンバラ)と地底人」の実地踏査の簡潔な報告。> <ブラジルのロンカドール山脈の謎。ブラジルはUFO多発地帯。> ・「法華経」の予言のハイライトは、巨大な宇宙船の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uボート潜水艦に乗艦、南米アルゼンチンのラプラタ河口付近に無事辿り着いている(4)

<金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)> ・ヴリル・ソサイエティーのチャネラーたちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は、「不可解なドイツ語」のようであるという。そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は波長が同じであるとも彼らは、信じていた。 ・彼らのテーマはこうだ。金髪碧眼のマスター・レイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uボート潜水艦に乗艦、南米アルゼンチンのラプラタ河口付近に無事辿り着いている(3)

『光の記憶』 (高橋克彦・ゲリー・ボーネル)(VOICE)1999/12 (アカシックレコードで解き明かす人類の封印された記憶と近未来) <「ヒトラー」と「暗殺未遂事件」、「テンプルシティ」、「聖遺物」の謎> <ヒトラーの目指したテンプルシティとは?> ・ゲリー「現在のリビアの砂漠の中にあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uボート潜水艦に乗艦、南米アルゼンチンのラプラタ河口付近に無事辿り着いている(2)

『2000年5月5日宇宙人大襲来』 (草刈龍平)(第一企画出版)1996/12 映画インディペンデス・デイはなぜ緊急制作されたのか アメリカ政府が隠し続けた恐るべき事実 <ヒトラーが宇宙人と密約していた動かぬ証拠> <ヒトラー> ・ナチスが開発したというこのUFOの性能は想像を絶するものだ。いっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Uボート潜水艦に乗艦、南米アルゼンチンのラプラタ河口付近に無事辿り着いている(1)

『天皇の金塊』 高橋五郎  学習研究社   2008/5 <スパイ“ベラスコ”が南米に逃亡させたボルマンとアイヒマン> ・フィリピンの宗主国はスペインだが、カトリックとスペイン語が支配する諸国を縦横無尽に動き回った第2次大戦のスパイが私の義父を自称するベラスコだ。 ・ユダヤ系スペイン人のアンヘル・アルカッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球意識の別のレベルに棲む次元上昇を経たマスターが約8000人いるとのことです。(5)

________________________________________ ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・ 異星人情報というよりも、さまざまな天使や大天使、堕天使の超太古からの情報が、チャネラーやコンタクティから流れてきているようです。  特に米国の場合はスピリチュアルな精神世界のワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球意識の別のレベルに棲む次元上昇を経たマスターが約8000人いるとのことです。(4)

<アンドロメダ銀河との衝突を避けるために、次元を変えるには、人々の意識の周波数を上げる必要がある> <アンドロメダ銀河> ・でも異次元だと、アンドロメダ銀河が、地球の隣りに来るのね。 ・「火星と金星は戦争になって戦った時期があったから、火星からは、アラブ人として生まれ変わったらしいのね。でも、金星の方は、プレアデスから金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球意識の別のレベルに棲む次元上昇を経たマスターが約8000人いるとのことです。(3)

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。 (西野流呼吸法) 西野流呼吸法(にしのりゅうこきゅうほう、Nishino Breathing Method)は西野皓三によって創始された健康法。 足芯呼吸という独自の深くて長い呼吸法と対気の実践によって細胞のひとつひとつを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球意識の別のレベルに棲む次元上昇を経たマスターが約8000人いるとのことです。(2)

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー   徳間書店 2010/6/18 <リゲル  米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダー> ・この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引き換えに、米国民を誘拐する(ただし傷つけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球意識の別のレベルに棲む次元上昇を経たマスターが約8000人いるとのことです。(1)

『この本に真実は何もないしかし、それがまさに現実なのである』 ホブ・フリゼール  ナチュラル・スピリット   2000/4 <ファースト・コンタクト> ・1940年代後半に膨大な件数のUFO関連の事件があり、その大半はニューメキシコ州で起きていました。 ・続く重大な出来事は、1954年にアメリカ政府が「グレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(8)

・中国共産党は、数百万と言われる武装警察隊という軍隊を整備し、暴動や内乱を抑えていく過程で、政治的に妥協することはないようです。世界中の有識者が中国共産党の動向、国内情勢を注意深く見守っていると語られています。 ・国家経営上、最も重要な国家機関と言えば、諜報機関だそうです。占領軍により禁止されたので、日本は諜報機関を持てない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(7)

・中央防災会議やその他の防災機関も多くの地震の予測は出ていますので、実際の防災対策の指導をしっかりとやってもらいたいものです。「とてつもない大きな地震が来るかもしれない」ということで、とうとう東日本大震災が起こりました。大津波が起こって分かったことは行政の杜撰な津波対策でした。貧弱な津波対策で多くの犠牲者が出ました。原発事故も汚染水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(6)

『田母神塾』   これが誇りある日本の教科書だ 田母神俊雄   双葉社    2009/3/1 <究極の抑止力、核兵器で国防と外交を強化せよ> ・世界の多くの国々は、積極的に核兵器をもちたがっています。その理由は、核を持っている国のほうが、核をもっていない国よりも強い安全保障体制を構築できるからです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(5)

『2050年の世界』    英『エコノミスト』誌は予測する 英『エコノミスト』編集部  文藝春秋   2012/8/5 <弱者が強者となる戦争の未来>(マシュー・シモンズ) ・中国の台頭、技術の拡散、新しい形のテロ戦争などでアメリカの超軍事国家としての優位性は、さまざまな領域で崩れ始める。そうした中で核…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(4)

『私の第七艦隊』    日高義樹   集英社インターナショナル  2008/9 ・本書は「第七艦隊番」として取材してきた著者の40年にわたる記録 であると同時に、第七艦隊と日本の将来を描くものである。 <アメリカ海軍のハイテクノロジーが中国を圧倒する> ・アメリカ海軍の最高責任者であるラフヘッド海軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(3)

<「ビジネス国家」の危険性> ・アメリカのマスコミは、この事実を追求していないが、明らかにビルとヒラリーのクリントン夫妻は、アメリカの安全保障を外国に売るようなビジネスに関わり、多額の謝礼を受け取ったのである。 ・ビル・クリントンは何度もカナダで講演を行い、サリダー・キャピタルから合わせて800万ドル、日本円にして8億円の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ(2)

『語られざる中国の結末』 宮家邦彦  PHP  2013/10/16 <人民解放軍の「サイバー戦」観> ・ここで、中国サイバー軍の概要について簡単にまとめておこう。各種報道によれば、中国は2003年以来、秘密裏に軍人3万人、民間専門家15万人という総勢18万人のサイバー・スパイを擁する、巨大なサイバー軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は中国人だけでなく、開発途上国の国民が共通して持つ「劣等感」の裏返しなのだ。(1)

『AI時代の新・地政学』 宮家邦彦   新潮社   2018/9/13 <AI兵器> AI時代を迎え、従来の地政学の常識は大きく書き換えられていく。戦略兵器となった「AI兵器」が核にとって代わり、熱い戦争ではなく「水面下の刺し合い」が主戦場となる可能性すらある。 ・国際情勢分析を仕事とする身としては、現在起こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最低賃金が低いこと。ここにすべての問題の根源があります。(3)

<カナダは移民制限を始めた> <永住権をめぐって利権ビジネスが誕生> <自衛隊はアメリカ軍の下部組織にいつまで甘んじているのか> ・世に「アメリカ派」が多いが、田母神元空爆長は「日本派」である。日本にはおびただしい数の「中国派」がいる。尖閣を「友愛の海」にしようという宇宙人首相もいたが「中国の属国になればそれはそれで日本は中華…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低賃金が低いこと。ここにすべての問題の根源があります。(2)

<労働者1人あたりでは、日本は実はスペインやイタリアより低くなる> <目指すべき生産性目標は「世界トップ」レベル> <日本の経済規模は米国の10分の1以下に沈む> <今後22年間が「正念場」と言える理由> <「生産性」を正しく理解し、目標を立てよう> <経済規模の米国の2割台を守るために必要な生産性向上率は「米国の1.5倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低賃金が低いこと。ここにすべての問題の根源があります。(1)

『日本人の勝算』 人口減少 × 高齢化 × 資本主義 デービッド・アトキンソン   東洋経済新報社 2019/1/11 <デフレスパイラル> ・たしかにアベノミクスによって、行き過ぎた円高が是正され、時価も大幅に上昇しました。また、日本企業の中には過去最高の利益を稼ぎ出すところも少なくありません。やらないよりもや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のあること(6)

・本書の大きな狒々のような「猿神」の「人身御供」の話は、「昔、正和の頃といいますから六百年余りも前の事です」ということですから、全国には「獣人」による「人身御供」の伝承があったようです。集団幻覚、集団幻視、集団ヒストリーだったのかもしれません。どれくらいあったのか正確なことは分かりません。「猿神」という「獣人」は、村の若い娘を人身御…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のある(5)

<安井清隆> ・日本人。岡山市で語学塾を開いていた1960年4月23日の夜、満月の2、3倍はありそうな土星形のUFOを目撃。1週間後の30日午前4時すぎ、テレパシー通信を受けて戸外へ出たところ、3機のUFO編隊を組んで旋回しているのを目撃した。うち2機は姿を消したが、残る1機も導かれるようにあとを追った。 ・UFOは総合運…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のあること(4)

<キムジナーに気に入られた家は栄える> ・キムジナーに気に入られた家は栄える、逆に嫌われた家は滅びるという伝承もあることから、民俗学者の折口信夫は座敷わらしの系統をくむものという見方をしているが、ともかくも、人間と深い関係をもつ妖怪であることは確かなようだ。  ガジュマルなどの古い大木に住んでいるので、「木の妖精」、「森の妖精」…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のあること(3)

<こじき祭り  岐阜県加茂郡  県神社> ・杉;ここではね、乞食が「神」なんだよ。この祭りは、乞食を崇拝する祭りなのさ。 ・杉;それにはね、聞くも涙の物語があるんだよ……。昔、この土地を恐ろしい旱魃が襲った。雨が全く降らなくなり、作物が育たなくなり、村人は飢えに苦しんだ。そんな時、一人のみすぼらしい乞食が忽然と村に現れ、神…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のあること(2)

<猟師・渋右衛門の話  (北安曇郡)> ・渋右衛門はたいした男だ。身の丈は六尺余り、ひげだらけのあばたづら。太い眉の下ではびっこの目がギョロッと光っている。  根っこのような足、すねの毛の長さは四寸。それをこきさげて、わらでくくれば脚絆もいらない。  山へ行く時は山刀を腰に、南蛮鉄四尺二寸と、方外に大きい鉄砲を持って出かける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村人はその女性を山神であるとみていますが、山神男性説をとるこの地方にも、こうした見方のある(1)

『河童・天狗・神かくし』   現代民話考1 松谷みよ子   立風書房    1995/7 <日本民話の会> ・1978年、私どもの「日本民話の会」は『民話の手帖』という全国誌を発刊した。そのとき私は天啓のようにこの雑誌に依って現代の民話を集めようと、思いたった。 (原文修正;当ブログ) <天狗考> ・天狗…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

朝日が水平線の彼方から昇り始める頃、二つの赤い光がガジュマルから現れた(5)

・米軍のリーク情報によると「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプの宇宙人”が飛来した」そうです。が、国家安全保障上の最高機密(トップ・シークレット)の数段階上の厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いのために、60年経っても謎のままだそうです。「東洋人タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日が水平線の彼方から昇り始める頃、二つの赤い光がガジュマルから現れた(4)

<キムジナーが住んでいた小屋> ・それらの話を総合すると、キムジナーの生息地は沖縄本島北部、東村、大宜味村など、いわゆるヤンバル地区、背後に深い山を背負う村や、漁村に出没しているようだ。  なかには、キムジナーが住んでいた小屋もあったと証言する人もいたし、大勢のキムジナーがまるで運動会のように海岸でかけっこをしていた、あるいは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日が水平線の彼方から昇り始める頃、二つの赤い光がガジュマルから現れた(3)

『あなたもバシャールと交信できる』 坂本政道   ハート出版    2010/12/10 <バシャールとは、どういう存在?> <惑星エササニの生命体> ・バシャールはエササニという星に住んでいる地球外生命体です。エササニとは、Place of living light (生きている光の池)という意味です。彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more