テーマ:森羅万象

菅義偉は、多くの二世政治家や官僚出身の国会議員に見られるような門閥や学閥の背景を持ち合わせていない。(3)

『日本政治のウラのウラ』   証言・政界50年 森喜朗  田原総一朗    講談社   2013/12/10 <ラグビー部退部> ・ラグビー部を退部する以上、大学も辞めなければいけないと思って、大西鉄之祐監督のところに行きました。「ラグビー部を辞めますから、大学も辞めます」と言ったら、「バカヤローッ」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

・「バスク人は、失われたアトランティスの住人たちの末裔である」という説もあるそうです。現代スペインに現れた金髪碧眼のウンモ星人と太古のバスク人とは関係があるのでしょうか。エイリアンの言語に関しては、情報が少ないようですが、いろいろな書籍に載っているようです。  バスク人については、私は詳しく知りませんが、「バスク人は、その違いは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

・マクモニーグルという米国の未来透視者によると「23世紀と24世紀の2度に渡って世界大戦があり、人類の人口が6分の1に減る」といわれます。そして「核兵器や化学兵器も使われるが、ペスト菌のような細菌兵器が使われる」そうです。20世紀には「第3次世界大戦の予言」が盛んに出版されましたが、21世紀になると「すべて誤りの予言」となり、本が店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

・イスラエルとアラブの戦闘は、次の核戦争へとすすむ可能性が高いようです。毒ガス兵器や細菌兵器、核兵器も、憎悪の極大化で、容易に使用されるそうです。 14世紀の中世ヨーロッパで人口の3割が命を落とし、人口を激減させた黒死病(ペスト)も、UFOに乗った異星人が引き起こしたという説もあり、病原菌をばらまく堕天使グループもいるそうですので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『沈黙の大陸』  (アトランティス・ミステリー) (南山宏著)(学研)   1996/10 <ケイシーのリーディングが描くアトランティス> ・「ケイシーの行なったリーディングの全ては、彼が1931年米国バージニア州バージニア・ビーチに創設した<研究啓発協会>の資料室に、現在もきちんと分類のうえ、保存され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『光のアカシャ・フィールド』 超スピリチュアル次元の探究 よしもとばなな × ゲリー・ボーネル  2009/7/23 <エイリアンは我々にテクノロジーを与えてくれている> ・――今、よしもとさんが言った話は、異次元から来る異次元人みたいな感じでしょうか。その人のイメージ体系に合わせて出現するみたいな。別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『霊知の源泉 アトランティスからの未来リーディング』 地球大変動のシンクロニシティ ジャーリー・アンドリュース 徳間書店  2011/2/1 <クロマニョン人の起源とアトランティス文明発祥の謎> <10万年前に出現した人類は、直観と理性の力で繁栄を築きあげていった> ・私たちの「種」である現代のホモ・サピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

<親殺しのパラドックス> ・さて、仮にニュートリノが本当に光速を超えたとしても、過去にさかのぼるうえで、もう一つ大きな問題が立ちはだかる。  それが、「親殺しのパラドックス」だ。  これは、過去に戻った人が、何らかの事情で自分の祖先を殺してしまった場合、その人は生まれないという理屈である。  つまり、タイムトラベルをしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『面白いほどよくわかる自衛隊』 志方俊之  日本文芸社   平成19年6月30日 <もっとも身近で危険な国、北朝鮮> <弾道ミサイルで日本は壊滅するか?> ・しかし、すべてを撃ち落とすことは難しく、着弾地点にいる人々は避難する暇もなく被害を受けることだろう。これが核ミサイルであれば想像を絶する被害とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『中国の崩壊が始まった!』 日下公人   石平  ワック  2008/6/28 <独裁政権の常として、中国共産党政権はいずれ対外的冒険主義の道に走ってしまうのではないか、という危惧> ・石;しかし、中国国内で内乱が起きるとしても、その内乱を抑えるために、いっそ台湾を攻撃しようと冒険する可能性もあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『無防備列島』 志方俊之   海竜社 2006/6/23 <生物テロの被害を局限する備えを構築せよ> <人類の新たな敵、SARSウィルス、天然痘ウィルス・・・・> ・我が国は地下鉄サリン事件のオウム集団に対して、破壊活動防止法を適用し、これを徹底的に壊滅させたことだろう。間違いなく世論もそれを支持したに違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『パンデミック・マップ』 伝染病の起源・拡大・根絶の歴史 サンドラ・ヘンベル 日経ナショナルグラフィック  2020/2/14 <人類と伝染病の闘い> ・14世紀にヨーロッパに壊滅的な被害をもたらしたペストから、19世紀に流行して多数の死者を出したコレラ、毎年のように流行をくりかえすインフルエンザ、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、中国の崩壊というのは、パンデミックによって実現するかもしれないと思っています。宋と元はペスト、明はコレラによ…

『中国敗戦』 米中新冷戦の真実と結末 石平  黄文雄   徳間書店 2019/8/30    <米中対立は「中華思想」と「近代文明」の戦い> ・アメリカの中国に対する制裁関税が始まった2018年7月から、米中の対立は日ごと悪化している。 ・中国の為替操作国認定もそうだが、日本が韓国を「ホワイト国」から除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に来ている宇宙人の種類は100種類、ヒューマノイド型が8割だそうです。(5)

『天皇奇譚』 「昭和天皇の国師」が語った日本の秘話   高橋五郎  Gakken    2012/3 <昭和天皇の国師> ・戦後、「昭和天皇の国師を務めた男がいた。その名は三上照夫。 平成4年にその生涯を閉じるまで、三上は名だたる政治家や経済人たちの相談役も果たしていた。この“謎の男”は昭和天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に来ている宇宙人の種類は100種類、ヒューマノイド型が8割だそうです。(4)

『宇宙戦争』{ソリトンの鍵} 光悠・白峰     明窓出版   2006/5 <エイリアンが、地球で行う生体実験・・・それは、宇宙戦争の歴史のカルマの清算と修復である> <源氏と平家―両極を動かす相似象とは> ・日本でもこれと相似象のことがけっこうあるのですよ。その最もたるものが、源氏と平家の争…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に来ている宇宙人の種類は100種類、ヒューマノイド型が8割だそうです。(3)

『失われたイエスの12使徒『八咫烏』の謎』 影の陰陽道「迦波羅」を操る裏天皇「金鵄」の正体に迫る!! 飛鳥昭雄・三神たける   (学研) <八咫烏と賀茂氏> ・なにせ、全国の神社を支配する下鴨神社の主祭神であり、裏神道の一族、賀茂氏の祖先である。格が違う。 ・賀茂氏は陰陽道の宗家であり、裏の迦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に来ている宇宙人の種類は100種類、ヒューマノイド型が8割だそうです。(2)

『天皇の国師  知られざる賢人 三上照夫の真実』 宮崎貞行   学研   2014/3/18 <海ゆかば> ・4月15日の日記によると、同席した入江侍従長が{屋久島で樹齢七千年の世界一の巨杉を発見、太古を偲ばせるものがあり、天皇御在位五十周年を記念しているかのよう}と語ったとある。続けて、次のような記載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球に来ている宇宙人の種類は100種類、ヒューマノイド型が8割だそうです。(1)

『スピリチュアル系のトリセツ』 辛酸なめ子  平凡社    2020/1/24 <今は地球の価値観が変化している時> ・目に見えるものに重きをおくという価値観は古いものになっていくそうです。  かわりに目に見えないものだったり情報が重視される世の中になるので、エネルギーや波動など、スピリチュアル的な要素は無視でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

・スパイ活動、諜報機関といいますと、公安調査庁の前部長によると「日本は諜報機関のない珍しい国だ」そうです。敗戦後、米国により諜報機関を持つことが禁止されたので、本格的な諜報機関を持てと主張するマスコミや新聞社や政治家は現在でもいないようです。拉致事件のように諜報機関がなければ国民の生命や安全も守れないそうです。諜報機関の必要性を説く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

・日本にも「獣人」が来ていたようです。全国には狒々に似た「獣人」や猩々、大猿や猿神の「獣人」伝説とそれの「人身御供」の伝説があったようです。これらの「獣人」を連れてきていたのは、オリオン星人だったようです。現代でも1970年代には、広島県庄原市西城町で「ヒバゴン」という「獣人」騒ぎがありました。当時も現地では「空飛ぶ円盤」目撃の多発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』 スチュアート・A・スワードロー   徳間書店 2010/6/18 <エイリアン集団紳士録> <アルデバラン   ゲルマン人とバイキングを創作・管理> ・典型的なアーリアン型で金髪で青い目を持つ。薄い茶色か中ぐらいの茶色の髪で、目がヘーゼル(はしばみ)色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

『クリスタル・スカルの2012;超予言』 プレアデス、オリオン、シリウスからもたらされた人類の次元上昇装置 (クリス・モートン / セリ・ルイーズ・トマス) (徳間書店)2008/5/23 <古代・地球には異星から知的生物が来て、それが地球文明発達の引き金となった> <宇宙人来訪説> <マヤのパカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

<現代では憑き物はこっくりさんに変換> ・問題なのはこのこっくりさんに熱中した小学生や中学生に、時々何かに取り憑かれたような現象が起きることだ。精神科の雑誌などでも、このこっくりさんに関する論文が掲載されることがあるという。  神奈川の中学で起きた事件では、放課後のクラブ活動でこっくりさんをした後、ある女子が、「背中が重い、何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

『世界不思議大全  増補版』 泉保也     Gakken   2012/8 <ジョージ・アダムスキー  史上最大のUFOコンタクティ> <驚異の宇宙旅行と素晴らしい宇宙船> ・アダムスキーは、その後数回にわたって異星人とコンタクトすることになるが、そのたびに彼は驚くべき体験をしている。  1953…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

<猩々ヶ池> ・昔、八幡の町(宮城県多賀城市)は、「上千軒、下千軒」と呼ばれ、大いに繁盛していたが、そのころのことである。  一軒の酒屋があり、こさじという下女がいた。この酒屋へ顔が赤く、全身に毛が生えた猩々(しょうじょう)が来て、酒を飲ませよと仕草をし、酒を出すと飲みほし、盃に血を遺して立ち去った。  猩々の血は高価な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室町以降の文献には、いくつもの猩々の記事があげられるが、特に能の曲中には、多くの猩々の登場が認められるのである。(…

『災厄と信仰』 大島建彦 三弥井書店   2016/10/4 <福神としての猩々(しょうじょう)>  (当ブログ:本文修正) ・一般に七福神というと、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋、福禄寿、寿老人があてられているが、かならずしもそれらの諸神に限られるものではなかったようである。享保二年刊行の『増補合類大節用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の…

・ケネディ大統領の暗殺事件は20世紀最大の謎だそうです。現在でも、さまざまな書籍が、ケネディ大統領の暗殺事件に言及しています。amazonに「ケネディ大統領暗殺」といれますと、271件の書籍が分かります。『彼らは大統領を撃ったーケネディ暗殺の謀略を追う』(ロバート・サム・アンソン)等の本もあり、アメリカ人の関心の高い事件だったようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の…

<「透明人」とシリウスA星人が創造し、りゅう座(ドラコ)に配置した爬虫類人> ・その生物(透明人)は、私の思考に直接働きかけ、完全にテレパシーで交信してきた。もはや人間が存在しなくなった遠い未来から来たこと、そして、その生物種は、この現実界に由来するものではないことを伝えた。さらに、その生物種は、遠い過去に旅をして戻り、ある品種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の…

<『Xファイル』> ・『Xファイル』――クルス・カーターが制作し、1990年代半ばにはフォックス・ネットワークの看板番組の1つになった番組――は、『未知との遭遇』が科学や政府や地球外生物との関係についてその楽観的なメッセージを広めた比較的陽気だった70年代末と、底無しの文化的シニシズムに満ちた世紀末との間に社会一般の風潮が変容した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在報告がなされているサスクワッチ(ビッグフット)やイエティ(恐怖の雪男)とよく似た生物も、地上にやってくる地下の…

『フリーメーソンの秘密』 株式会社レッカ社   PHP研究所 2010/3/26 <フリーメイソンは、世の中で起こるすべてのことに関わっている> ・そもそも、フリーメイソンとはどんな団体なのか?詳しくは本文に譲るとして、その源流はイギリス生まれの石工職人団体に求めることができ、現在では会員たちの親睦を深める友…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more