テーマ:森羅万象

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

・ダルシーという米軍の秘密基地でも小柄な宇宙人グレイとレプティリアン(爬虫類人)に対して米軍の特殊部隊が攻撃して戦闘があったという噂話(1979年のダルシー戦争)もあると語られています。進化した異類異形の異星人と人間とは、非常に感覚が合わないといわれます。米軍の秘密基地エリア51では「空飛ぶ円盤」が完成しているという与太話もあると語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

・amazonに「副島隆彦」といれますと278件の本が分かります。特異な論点の評論で知られているそうです。たとえば、『マイナス金利「税」で凍りつく日本』、『日本が中国の属国にさせられる日』、『世界連鎖暴落はなぜ再発したか』、『再発する世界連鎖暴落――貧困に沈む日本』、『フリーメイソン=ユニテリアン教会が明治日本を動かした』等です。内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

・米海軍の空母打撃軍の戦力に匹敵するまでには、中国海軍は百年もかかるといわれます。それだけ、空母機動部隊の運営には莫大な予算とノウハウが必要だということでしょうか。原子力潜水艦の技術も米海軍の技術は相当進んでおり、性能的には容易に追いつけないそうです。 「地政学」と言う学問については、私たち一般人は、詳しくはないですが、大陸ばかりで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

・マクモニーグルの未来透視に「23世紀と24世紀における2度の大戦で人類の人口が6分の1に大激減する」というのがあります。そのときは、大量の細菌兵器や化学兵器も使われることでしょう。細菌兵器や化学兵器もいろいろと残酷なものも多いそうで、当然ながら自衛隊や政府も、それらの兵器に精通していなければならないでしょう。核兵器も現代ではそれほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『深{地球史}宇宙人UFO大辞典』ジム・マース 徳間書店      2002/2 <月宇宙船説とアルカディアの「月以前の人々(プロセレネ)」>・旧ソ連の二人の学者は、この理論(月は地球外知的生命が創造したものか?)を発展させ、月はその全体が自然にできたわけではなく、数十億年の昔、宇宙の遥か彼方で人類より遥かに優れた科学技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『アルクトゥルス・プローブ』(銀河連盟と現在進行中の調査、及びその物語)(ホゼ・アグエイアス著)(たま出版) 1996/5 <天王星の謎>・「『アルクトゥルス統制』として私達に知られる時代のあいだ、私の心の中の純粋さを通して、アルクトゥルス・プローブはいくつかの影響力を維持することができた。牛飼い座の変則者と定則者に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『闇の支配者に握りつぶされた世界を救う技術』ベンジャミン・フルフォード  ランダムハウス講談社 2009/4/23 <円盤技術の鍵は古代文明の中に><9千5百年前に存在していた超・古代文明>・普通、世界史では、もっとも早く発生した古代文明はメソポタミア文明と教えられる。約5千年前の紀元前3千年に農耕文明を持つ都市国家が成立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『闇の権力とUFOと2012年』中丸薫 矢追純一   文芸社   2011/2/28 <アメリカからの「年次改革要望書」によって改革されてきた日本>・ご存知でしょうか。日本は、アメリカ政府から毎年「年次改革要望書」というものを突き付けられているんです。それがどういうものなのか、マスコミはそこで取り上げられていることを一切報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『地球維新  解体珍書』白峰、鹿児島        明窓出版 2011/5/5 <日本政府大激震! 「UFOは確実に存在する!?」11人の現役・OB自衛官の証言>・実録『自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』(講談社 佐藤守) (紹介文)自衛隊現役パイロットたちの証言を初公開!航空自衛隊の空将まで登り詰め、飛行時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『2013年、米中戦争勃発す!』テッド・G・カーペンター  河出書房新社   2007/1 <米中衝突の危機><きしみつづける米中関係>・アメリカの強硬路線派は、このように最近とみに態度を硬化させており、下院の「中華人民共和国に関するアメリカの国家安全保障・軍事・経済関係特別委員会」は1999年1月3日に提出した「トッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

<「情報戦途上国」という決定的弱点――死角⑦><情報交換で「ギブ・アンド・テイク」できない日本>・その「裏のルート」で、世界最大の国防・テロ対策費を投じて世界中に情報網を張るのが米国だ。そして英国は、自国の秘密情報部(SIS、通称MI6)の要員を米情報機関に常駐させるほど、米国と太いパイプを持っているとされる。 ・米国の情報機関が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

<止まらない乱高下>・一方で中国経済の失速は止まりそうにない。投資家ジョージ・ソロスは「中国経済はハードランディングしている。これは私がいっているのではなく現在起こっていることだ」と述べた。ソロスの指摘通り、中国は市場をコントロールする力を失いつつあるので、中国経済はクラッシュを避けられないだろう。となると、今後は各国が政策対応した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

<古代から「文化」を売る国が繁栄してきた>・20世紀はアメリカの大衆文化が世界に広がり、アメリカが強大な国となった。世界史を振り返ってみると、常に「文化を売る国」が繁栄してきた。 ヨーロッパの文化はギリシャで発祥し、ギリシャはローマに文化を売りつけた。ローマは全ヨーロッパに文化を売りつけた。ヨーロッパはイギリスに売り、イギリスはアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ』  安部芳裕  徳間書店  2010/2/10 <民主党の政策が日本を滅ぼす>―日本が中国共産党に呑み込まれる日は近い?!<民主党政権の政策は亡国への道><日本は人民元ブロックの一員になってしまう!?><「東アジア共同体」幻想に騙されるな>・同じ仕事をしてくれるなら、企業は当然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『図解 世界闇の支配者   コロナ大戦争』ベンジャミン・フルフォード 宝島社   2020/7/11 <「ウイルス戦争」>・ディープ・ステートが仕掛けた、国家を破壊する「ウイルス戦争」。彼らの目的は“人工世紀末”を演出し、人類を完全支配することだった――。 ・この騒動は「たまたま」起こったのではない。“起こす”べくし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回のコロナショックも、後から振り返ると世界にとっても日本にとっても大きなパラダイム転換のきっかけ、新しい時代の幕…

『コロナショック・サバイバル』日本経済復活計画冨山和彦  文藝春秋  2020/4/30 <まずは、この修羅場を戦い抜け。ただし、未来を想像しながら――>・L(ローカル)→G(グローバル)→F(金融) コロナ経済危機は、時間差で襲ってくる ・第1波……日本のGDPの7割、雇用の8割を占めるローカル産業(飲酒・観光・小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

・ちなみにイルミナティの「世界人口削減計画」といえば、14世紀の中世ヨーロッパのペストの大流行があります。ペストの大流行によって全世界でおよそ5000万人、当時のヨーロッパの人口の3分の1から3分の2、約3000万人が死亡したと推定されています。荒唐無稽な奇説として「当時UFOが霧状のペスト菌をバラまいていた」「ペストは宇宙人の細菌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

 ■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■ ・「ウイルスの心配より、健康で長生きしてもやることがないことのほうが問題」という有識者がいますが、そのような楽観的な状態になってくるのでしょうか。有識者の見解も多種多様です。世界中が「ウイルス警戒。コロナに打ち勝とう」といっている時期ですが。「コロナとは別の細菌やウイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

<●●インターネット情報から●●> ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から (神立の水)神立の水(かんだつのみず)は、新潟県南魚沼郡湯沢町神立の地中約1,400mの水源から採取されるナチュナルミネラルウォーターで、飲む温泉水である。 安倍晋三首相が愛飲2015年1月には日刊ゲンダイがスクープとして、安倍晋三首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から イルミナティ (カードゲーム) イルミナティ(Illuminati)は、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。各プレイヤーが、他のプレイヤーと争いながら自分の支配組織(自分の場札)に小組織(カード)を取り込んでいき、一定数を支配したら勝ち、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

<過去生の言葉を使って生まれ変わりを実証する>・アメリカには2憶5千万人が住んでいる。朝日新聞外報部の沢村亙氏によれば、1993年現在、登録されているピストルと短銃の数は2憶強である。年間2千人が銃の事故で死んでいるとのことである。つまり、ほとんどの家庭に2丁や3丁のピストルがある計算になる。 ・そのせいだと思うが、アメリカでは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

  『信仰の法』地球神エル・カンターレとは大川隆法  幸福の科学出版    2017/12/4 <幸福実現党>・今、幸福の科学は、そうとうな理論的主柱になっています。実は、幸福実現党以外の勢力の人々も、当会の考えを数多く勉強しているのです。 ・私が、2016年の年初から、「次はトランプ政権だ。『トランプ革命』だと思って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

<霊障にならないための自己点検法><「心の持ち方を正し、生活を正していくこと」が基本><心が変わらなければ、憑いているものは、取っても戻ってくる>・やはり、自分自身を正さなければ、「慣性の法則」は働き続けます。 例えば、列車が猛速度で進んでいるときに、ブレーキをかけても、何百メートルも止まりません。そのようなものと同様に、自分の心の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

『世界を見る目が変わる50の事実』ジェシカ・ウィリアムズ  草思社 2005/4/28 <70カ国以上で同性愛は違法、9カ国で死刑になる>・同性愛が死刑の対象になる国が9カ国ある。モーリタニア、スーダン、アフガニスタン、パキスタン、チェチェン共和国、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE),そしてイエメンであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

『シフト  2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』 マシュー・バロウズ  ダイヤモンド社  2015/11/20 <迫りくるメガトレンドと、急速に変化する国際環境>・日本では少子高齢化が急速に進んでいる。それは、高齢化が進んでも経済の活力が失われるわけではないことを世界に示すチャンスでもある。世界経済の成長が減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

<「人としての賢さ」「心のなかの愛のあり方」に隙ができるとき>・特に、若い人の場合には、やはり、異性のところで失敗するケースがとても多いでしょう。 ただ、一定の年齢を超えれば、考え方が多少は変わってくることもあるのです。 ・ですから、人間が賢いか賢くないかということは、必ずしも、マークシート試験での点数の取り方のようなもので決まる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

(香港の完全返還で起こること)・その2年前には、もう一つの祝賀行事が控えている。2047年7月1日をもって、特別行政区の香港が、完全に中国に組み込まれるのだ。 (「還暦以上が5億人!」)・このまま進めば中国は2050年頃、人類が体験したことのない未曽有の高齢化社会を迎えるからだ。 (日本と同じ速度で高齢化)・中国の高齢化は、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

<2100年以降は、人口は増えない>・(思い込み):(発展途上国がこのまま経済的に豊かになり続ければ、世界人口は際限なく増加するはずだ。)(検証):(世界人口は2100年までに109億人まで増加)・1927年には20億人だった世界人口は、その60年後の1987年には50億人に、2019年には77億人に達するというペースで急速に増え続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

『新型コロナウイルスは細菌兵器である!』泉パウロ   ヒカルランド 2020/4/30 <衝撃検証  狙いはどこにあるのか? >・この世界的パンデミックは9.11同時多発テロ(2001年)と3.11東日本大震災(2011年)に引き続き、イルミナティカード(1995年発売)に完ぺきに予告されている「災厄」である! ・終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナとは別の細菌やウイルスが再び襲ってくる可能性も十分にあります。近年でもSARSやMERSが流行したように、平…

『新型肺炎 感染爆発と中国の真実』中国五千年の疫病史が物語るパンデミック新型コロナウイルスはなぜ中国で発生し拡大したのか黄文雄  徳間書店  2020/2/29 <2020年1月末の春節から感染が拡大し続けている>・私は、今回の新型肺炎の世界的流行は、独裁国家が国際的な影響力を持つことのリスクが表面化した事態だと考えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more