午後10時以降に深泥池周辺で女性を乗せてはいけないというタブーが京都の運転手の間には不文律として存在する、といった話が、今もまことしやかに囁かれている(10)


<「現状打開派」が戦争を起こす>
・答えを先に書いてしまえば、戦争は現状打破派と現状維持派との間で起こる。そして戦争を最初に仕掛けてくるのは、かならず現状打破の側である。これは戦争の鉄則と言っていい。

<中国共産党が抱える二つの悩み>
・「日本さえいなければ」と思っている国の筆頭は何といっても中国である。彼らとしては日本は「目の上のたんこぶ」で、その現状を打破したいと思っている。

・経済でいえば、中国経済が抱えている大きな問題の一つはエネルギー不足である。

・中国の共産党政府は人民が何億人飢え死にしようとも気にしないが経済が混乱して軍が離反することを恐れている。中国史をひもとけばわかるが歴代王朝の交代はすべての軍隊に給料を払えなくなったことから始まっている。

・給料を払ってもらえなくなった軍隊は王朝に離反して、かならず各地方の徴税権を持った軍閥になる。そうなったら中国共産党はおしまいである。

・ちなみに中国の王朝が倒れるもう一つの原因は農民離反である。

・中国史の権威である岡田英弘氏が書いておられるが、中国では飢饉が当たり前で、むしろちゃんと食料が足りている時期のほうが珍しい。だから日本人のように故郷が恋しいとは思わない。故郷に帰るくらいなら殺されたほうがましだと思って反乱を起こすのである。

・さて、経済が破綻したらどうなるか。農民は内陸部に帰らないから都市部と内陸部の中間地帯に反乱がおきる。もう起こっている。

・これから予想される貧富の差の拡大による混乱は極貧の奥地でなく、大都市周辺の人口増と経済発展がともに盛んだった地域で起こる。大都市のバブル的発展に動員されて集まったたくさんの農民はどこに帰るのか。奥地に帰るより大都市に向かって進むと考えるほうが歴史的認識というものである。



________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■

・ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)から引用。「令和2年7月豪雨は、2020年(令和2年)7月3日以降に熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨である。同年7月9日に現在進行中の大雨を気象庁が命名した。7月10日時点で、熊本県南部、川辺川・球磨川流域の人吉市や球磨村を中心に、死者数は60人以上となっている」とのこと。これから毎年、豪雨被害が出ると考えると、「天災は忘れたころにやって来る」とはいえなくなってきます。「天災は毎年やって来る」という不気味な話になるようです。

・「治山治水の危機、非常事態」といわれます。世界的な地球温暖化の異常気象で、毎年、想定外の異常な豪雨が降ると指摘されています。
「治山治水の危機」ですから、災害対策費や堤防の補強等の巨額な予算が必要になります。
もともと国家予算の分配の問題になるようで、財源をひねり出すためにも、行政、立法、司法の大胆なリストラ、近代化、効率化が必要だといわれます。国家経営の実務に精通したベスト&ブライテストのテクノクラートの英知を結集した「国家改造計画」が求められているそうです。

・一方、世界的に異常気象の豪雨・洪水被害が出ています。世界中の人々にとって新型コロナウイルス被害に加えて惨憺たる状況になるようです。2020/7/17には「東京で293人感染」という深刻なニュースが流れています。

NetIBNews(2020/7/16)によりますと、
『中国で大雨、洪水が続く 死者4,000人を出した1998年大洪水の再来か』
中国の大雨が続いている。
 中国政府の応急管理部(防災担当)によると、7月13日の時点での被災状況は以下の通り。

被災者数 :3,873万人
避難者数 :224万人
死者または行方不明者:141人
家屋倒壊数:2万9,000戸
経済的損失:860億人民元(約1兆3,200億円相当)。

 また13日、中国政府の防災当局(国家水害旱魃対策総指揮部)は水害防止の緊急レベルをレベル3からレベル2に引き上げた(1が最高)。
 中国では連日の大雨で、多くの河川が増水して水位が上昇している。
 12日、長江下流域に位置する中国最大の淡水湖「鄱陽湖」(江西省)は水位が1998年の洪水時の22.52mを超え、観測史上の過去最高水位を突破した。鄱陽湖付近の家屋が傾く画像などが海外にも伝えられている。鄱陽湖につながっている長江の水位も上昇しているため、溜まった水が流れていかない状態だ。
 三峡ダムについては、共産党機関紙『人民日報』系のメディア『中国経済週刊』が「三峡ダムは変形したのか、崩壊するのか?」というタイトルで、国内外から寄せられる懸念を打ち消すかのように、専門家に三峡ダム関連のリスクを否定させる記事を掲載している。
中国では1998年7~8月にも同様に南方を中心に大雨が続き、長江流域を中心に大規模な洪水に襲われている。当時は、被災者数 2億2,300万人、死者4,150人、家屋崩壊685万戸の被害を生み、経済的損失は1,660億元(約2兆6,200億円。当時のレート1元=15.8円で計算)に達した(長江流域および東北部の松花江流域の被害を含む)。
 このまま来月まで大雨が続くようであれば、被害が1998年のレベルに達するおそれがある。  【茅野 雅弘】  」と記載されています。

・ところで「タクシー幽霊の話は全国各地に分布している」といわれます。東日本大震災の後に、被災地では「タクシー幽霊が出没した」そうです。その記録が本になっています。『呼び覚まされる 霊性の震災学』(金菱清、新2016/1/31)という本だそうです。昔から幽霊のメカニズムもよく分かっていません。人間の死後世界の精霊界や霊界は自然に出来ていたのでしょうか。やはり、神や造物主が人間のために作ってくれたと理解するのがよいのでしょうか。非常に進化した異星人の神の世界により近づける世界のようです。幽霊話は世界中にありますが、近年はビデオカメラや監視カメラ等で、幽霊がうっすらと写る場合が増えているといわれます。幽霊現象や心霊現象も「宇宙人現象」と理解すればかなり分かるようです。人間の死後の幽界では自分が死んだという自覚のない人々がいるといわれます。
 『遠野物語』の舞台である遠野地方、東北地方には昔から「異人」の伝承が豊富だったようです。異人はオリオン星人だったのかもしれません。
昔から異次元の異星人とのコンタクト話が豊富にあり、彼らの異次元世界との交流がさまざまな「妖怪の伝説」となっていったといわれます。異星人も人間タイプばかりではなく、河童のようなモンスター・タイプも混じっていたようです。ネガティブな宇宙人も存在したといわれます。『遠野物語』は農民の「作り話」ではなく「事実」と柳田国男は主張しているようです。柳田国男は当時の警察の「異人」の情報を調べなかったようです。
「日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、天使の存在だった」といわれています。また「現代人はテレパシー能力を失ってしまった」そうです。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」といわれます。
「地球の次元上昇に積極的に係わる決定をした宇宙の存在たちは、縄文時代に肉体を持ち、日本に居住していました。日本に最初に降り立ったのは、シリウス人で、彼らは東北地方の青森県を中心に、下北半島、津軽半島、十和田湖周辺から秋田県の一部や岩手県全域に渡り活躍していました。
非常に博学で穏やかなシリウス人は、縄文人に文明の手ほどきをし、精神性を高める導きをしました」と指摘されています。その影響からか、さまざまな異次元の現象伝説が残っています。

・プレアデス人は人類に6千年ほど進化しているといわれます。人間に最も近い宇宙人種族だそうです。しかしながら、「宇宙連合」に属しているため、他のより進化した異星人の超テクノロジーを導入できるのでしょう。また、神のような最も進化した宇宙人種族とのコンタクトも可能なのかもしれません。リラ星人は人類に3万年進化しているそうです。またオリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。オリオン大戦のスター・ウォーズがあったといわれます。
「オリオン星雲で60万年続くオリオン戦争で、これは何億ものポジティブな人間型生命体とレプティリアンと呼ばれるネガティブなヒト型爬虫類人との間で起こったものだった」。といわれます。プレアデス人とのコンタクティで知られたスイス人のビリー・マイヤーによると「プレアデスに日本人の原郷がある」ともいわれます。現代でもその星から異星人が飛来しているそうです。日本でも太古からプレアデス人とのコンタクト話があったようです。人間タイプのために、当時の服装で現れると「異人」としても識別ができなかったようです。そしてコンタクティによるとプレアデスやオリオンには日本人が多く住んでいるそうです。各国には「宇宙連合」とのコンタクト部門があるのかもしれません。私も勉強不足ですが「洋書」を読めば、異星人のことがかなり分かるといわれます。膨大な異星人情報が、メイジャーな情報になっていけば、世の中を変革していく力となるのかもしれません。

・エイリアン・エンジニアリングについては、アメリカ軍人のフィリップ・コーソーが『ペンタゴンの陰謀』(1998年)という本でリークしましたが、エイリアン・エンジニアリングの導入は、各国ではどのようになっているのでしょうか。
「リゲル人は、米政府と協定を結んだオリオン連盟リーダーであり、この集団は1954年に米国政府と協定を結び、彼らの技術と科学情報を米国に与えるのと引き換えに、米国民を誘拐する(ただし傷つけない)許可を米国政府から得ている」といわれます。「米国政府がリゲル人に騙されたことに気付いた後、プレアデス人が招聘されたが、過去ヒトラーの人類浄化政策を画策し仏教を堕落させた」と指摘されています。
「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」といわれます。このような進化した異類の異星人とのコンタクトは、困難なようです。「竜座人(ドラコ)が遥かに進化しており、このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティである。交配人種であるイルミナティが地球を支配している」といわれます。

・ネット情報によると、「日経サイエンス」2019/12/28
「グーグル量子コンピューターの本当のすごみ」
「去る10月、グーグルを中心とする研究グループが、世界最速のスパコンで1万年かかる計算を量子コンピューターで200秒で実行したと発表した。このニュースは量子コンピューターがスパコンを超えたとして大きく報じられたが、最も重要なポイントがしばしば見すごされている。それは量子コンピューターが「たった53個の素子で」スパコンをしのぐ計算を実行したことだ」とのこと。
量子コンピュータがエイリアン・エンジニアリングなのか人間の頭脳で考えられたのか分かりませんが、エイリアン・エンジニアリングのパソコンを毎日使いながら、「あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?」という時代錯誤的な質問をしているといわれます。

・「宇宙人と普通の人間が区別できなくなっている」そうですので、人間社会に昔から溶け込んでいるようです。世界的不況で困難に直面している産業界が渇望している宇宙連合の超テクノロジーは「エリア51」などで、米国は国家機関の総力をあげて取り組んでおり、『ペンタゴンの陰謀』という本によれば、エイリアンの超テクノロジーが現在までかなり新兵器などに応用されたということです。エイリアンの超テクノロジーに関しては米国の1人勝ちになるのでしょうか。エイリアンの超テクノロジーの導入は、国家プロジェクトとして、取りかからねば、超テクノロジーのコストという面で、遥かに遅れることになるのでしょうか。宇宙連合とのコンタクティも世界的に増えているようです。「地球はレベルが低すぎて、宇宙連合に参画できない」と言われていましたが、今もそうなのでしょう。『平成維新』のいま、江戸時代の「鎖国」から「開国」のように、プレアデス星人の宇宙連合との「開国」が常識とならないようです。

・日本にも「沈黙のコンタクティ」が多いそうで、日本も太古からプレアデス星人と関係が深いそうですから、当然のことなのでしょう。東北の田舎や山間部には、昔は『異人』が俳徊していたそうです。それでコンタクト・ストーリーは豊富なようです。異人は宇宙人だったと解すれば多くの謎が解けるようです。「天狗は宇宙人だったと」いう説が有力のようです。また「異人」や「山人」は宇宙人、オリオン星人だったのではないでしょうか。プレアデス星人も東北地方でコンタクティがいたようです。
宇宙人は、だいたいタイム・トラベラーで、宇宙人の存在する4次元以上は「時間のない世界」で、コンタクティが宇宙人から未来の機械で「人類の未来」を見せてもらったという話は多いそうです。
異星人はとうに地球を訪れていて、地球人社会にまぎれ混み、密かに地球と我々の文明を監視し調査しているそうですが、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)の形をとると識別不能になるそうです。

・現在の経済的な困難の世界の対策には、色々な説があるでしょう。いわゆる高等知性体の経済発展の歴史・経済学説・経済システムもあるらしいのです。おそらく、現代の常識とはかけはなれているものでしょうか。しかし、核兵器などの国家安全保障上の最高機密(トップシークレット)を数段階上回る『厳秘』のため、詳細は全く不明のようです。
異星人の「超科学」「超テクノロジー」に挑もうとする現代の科学者も増えてきているそうです。
明治時代の柳田國男の『遠野物語』にみられるように東北地帯の山地には『異人』が徘徊しており、UFO目撃の多い地帯と考え合わせれば、異星人の飛来・異人のネットワークがうかがわれるそうです。
宇宙人の社会では「貨幣システム」がなくなるといわれていますが、現代では、「貨幣制度の廃止」も超未来のSF話になるのでしょうか。
著者の生まれ故郷、岩手県浪打村は、現在は岩手県一戸町ですが、世界遺産を目指している「御所野遺跡」があります。また、「御所野縄文博物館」ができています。ちなみにメキシコの古代遺跡と宇宙人のつながりの話がありますが、古代遺跡と時空を超えたはるかに進化した宇宙人とのつながりが窺われます。宇宙太子(エンバー)の正体も分かりませんが、プレアデス星人から「神人」にでもなった者が、東北地方に現れたのでしょうか。「神人」と「異人」の関係も不明です。
「遠野郷の民家の子女にして、「異人」にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-『遠野物語』第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-『遠野物語』第八話」というぐらいに昔は東北地方には宇宙人のアブダクション(誘拐)が多かったようです。「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」ということですから、「異人」は、オリオン星人だったのかもしれません。また東北地方には宇宙人とのコンタクティも少なくないようです。

・『死の国からのバトン』は、児童文学作家の松谷みよ子の作品ですが、フィクションの「冥界訪問記」として興味深いものだそうです。ウィキペディアWikipedia(フリー百科事典)でみますと、「1964年、『ちいさいモモちゃん』で第2回野間児童文芸賞、NHK児童文学奨励賞を受賞。以後、モモちゃんシリーズを続けるが、そのうち「モモちゃん絵本」を除いた6巻が『モモちゃんとアカネちゃんの本』シリーズとされ、1974年の『モモちゃんとアカネちゃん』で赤い鳥文学賞受賞。620万部のロングセラーとなった」とのこと。「コドモセンゾ」もザシキワラシ(座敷童子)を連想させます。フィクションですが、ナンフィクションをイメージします。「事実は小説よりも奇なり」という説もあります。子どもの形態をとった神様、ザシキワラシ(座敷童子)は現代でもメディアにとりあげられ、彼らが出現するという東北地方の旅館が話題になるほど、熱心なファンも多いといわれます。ザシキワラシ(座敷童子)の現象も宇宙人の現象のようです。宇宙人情報を公開すると主権が危うくなるともいわれます。

・「能には現在能と夢幻能があるが、夢幻能では生者と死者との交流が演じられる。例えば、『平家物語』を題材とした作品の多くは、死後も修験道で苦しむ武将が亡霊となって現れ、生前の栄華や死の苦しみを語っていく」と書かれてあります。ところで、「能」の発祥といいますか、芸能の発祥には異人が関係していたという説もあるそうです。人間の死後の世界は、当然ながら、世界的にも共通するといわれます。山の怪異の伝承も非常に多いそうですが、山は異界、つまり異次元の出入り口が開いているところもあるといわれます。幽霊話や狐や狸に化かされた伝説は、全国に非常に多いのですが、異次元の「宇宙人現象」だという説もあるといわれます。小柄なグレイタイプの異星人が、イルージョンを起こしていたのかもしれません。幻覚や幻聴、幻視のイルージョンを起こせるともいわれます。
「宇宙人は、見えない低層4次元に存在するが、この世に「実体化」してまた異次元移動して去っていく」のかもしれません。「爬虫類的異星人(レプティリアン)は低層4次元にいる」と指摘されています。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」
そうです。「二派の対立とは火星由来のアーリア人に対するアヌンナキ・レプティリアン(爬虫類人)の争い、戦争」と指摘されています。

・20世紀の公害の補償の貧弱さは大きな問題だったといわれます。訴訟期間が非常に長く、補償額も大きくはなかったそうです。当時は、汚職事件も多く、公害問題にしても「政治の貧困」が窺われました。
社会の遅れた面、非近代性、後進性、頭の古い面が予想以上に増えてきています。改革の速度も大変遅いようです。本当に優れた政治家や官僚が登用されなかったので、日本の衰退や劣化が進んだといわれます。「民主主義国家においては国民はその程度に応じた政府しか持ちえない」と指摘されています。
 様々な世界比較の統計では、先進国のランクが下がっていると指摘されています。また「政務活動費の問題も氷山の一角」と指摘されています。今の時代、国民の血税のタックス・イーターが増殖しているのかもしれません。コストカッターが補助金や冗費を削っていくのかもしれません。「外交よりも内政を重視する」ということが求められています。「失政」が増えている時代に、私たち一般人は、政治意識を高めていく必要があるそうです。困っている人も増えており、単に政治の貧困としては片づけられないそうです。あまり知られていないことだが、日本の社会保障というのは、先進国とは言えないくらいお粗末なモノなのであると指摘されています。
つまり外交も内政も難問山積みといわれます。そして為政者の認識も自覚もないといわれます。政府にはベスト&ブライテストが集結しているはずですが?!

・河童はクラリオン星人のコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」と述べられています。「河童もゼータ・レチクル星人系列のバイオロボットの一種かもしれない」そうです。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。つまり、異次元移動ができるようなのです。河童は農民たちの集団幻想だとか集団幻覚だという説もあります。河童は妖怪で、目に見えない存在になったりできるようなのです。バイオロボットの一種で、それらを操作できる異人がいるのかもしれません。河童も人間タイプや動物タイプ等いろいろと種類があるようなのです。「グレイの後に金髪碧眼のノルディックが来た。その後に、人間タイプのオレンジと呼ばれる宇宙人が来て、その後に“東洋人タイプ“の宇宙人が来た」といわれます。異次元移動をして河童とともに「異人」が来ていたようなのです。東洋人タイプの宇宙人には日本に関係する神々が混じっていたのかもしれません。バイオロボットの妖怪を造れる宇宙人の超テクノロジーは想像を絶します。明治維新で文明開化となり、科学技術が進歩すると、異人やバイオロボットの河童たちは、人間の眼に見えない存在となっていったようです。

・河童やグレイと共に飛来した宇宙連合の神人や異人、遥かに進化した宇宙人たちは、ウォークイン(憑依)やワンダラー(転生)のような何らかの形で人間社会に浸透しているそうです。人間を造った遥かに進化した異人の有様は、私たち一般人には識別不能のようです。「はるかに進化した宇宙人が人間の精神体に侵入してくる時代だ」そうです。そうなると人間自身が「変容」、「変性」してしまうそうです。「神々や進化した宇宙人(天使)は、背後霊や守護霊となり人間の肉体や精神に憑依している」ので誰も分からないそうです。

・コンタクティの話から、宇宙人の地球におけるネットワークがあるそうです。このネットワークは、私達一般人には認識できないといわれます。闇の権力のように高等知性体のネットワークは、現代の知識人にとってタブーのようです。イタリアのコンタクティ、マオリッツオ・カヴァーロによると河童はグレイの一種で、現在も異次元に存在しているそうです。マオリッツオ・カヴァーロは、「神の国」にも変性意識で行ったと指摘されています。河童とともに飛来した異人のネットワークは昔からあるのでしょうか。グレイには、「ビーガン。シリウスA人の遺伝子から作られたグレイ」、「ゼータ・レティクリ1。地球人監視のためリゲル人が作ったグレイ」、「ゼータ・レティクリ2。遺伝子操作で作られたグレイ。爬虫類人に奉仕」といわれます。いろいろと種類があるようなのです。ビーガンが、「子どもの神様」に一部進化しているのかもしれません。

・バイオロボットといわれるグレイとともに飛来した金髪碧眼のノルディックは、エンジェルともプレアデス星人ともアルデバランからきた宇宙人とも言われています。米国が宇宙連合とコンタクトしてから60年、宇宙でははるかに進化して、「プレアデスからシリウス(オリオン)の世に変わる」とも言われているそうです。2012年はアセンション(次元上昇)の時代。アセンディド・マスター(高級教師)が人間の姿を装い地上にでも出てきていたのでしょうか。金髪碧眼のノルディックはプレアデス人ともいわれます。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。ノルディックとオレンジは、両方ともプレアデス星座の“アルテア4・5”から来ているといわれています。ウンモ星の恒星イウンマは実在し、天文学でウォルフ424と呼ばれるといわれます。ヨーロッパでは同化の進んだ異星人種族として、金髪碧眼のウンモ星人が知られています。

・天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人はパラレル・ワールド(並行宇宙)に棲んでいるそうです。歴史のシナリオを描くというシリウス星人は、どのようなシナリオを描いているのでしょうか。彼らが、人間に憑依しても誰も識別できないそうです。人類はどれだけ進化しても「神人」にはなれないようです。「はるかに遠い未来には、神人と“小人に退化した人類”の2種類になる」という説もあります。「今でも彼らは、時空の別の次元の旅を続けている。「神の種族」あるいは「エルダー・レース」との呼ばれている」そうです。「この世」から「あの世」は、認識できませんが、逆では、容易に分かるようです。「世界は神々の描くシナリオ通りに動く」ともいわれます。「あなた方は、神々が目に見える存在となる水瓶座の時代に到来しているのであって、みんなが神様なのです」という奇説もあるようです。

・『河童の文化誌』(和田寛)を見ると、大変な河童の研究家がいたものだと思います。インターネット情報によると、和田寛氏は「大学卒業後、和歌山県立図書館に勤務するかたわら、全国各地を訪ねてカッパの言い伝えを集めました。92年からカッパの情報誌「河童通心(かっぱつうしん)」を発行。96年の退職後に研究が本格化し、2005年に出版した「河童伝承大事典」には40年ほどかけて集めた伝承計5403件を収めました。12年には630ページからなる「河童の文化誌 平成編」も出版。大阪府堺市の自宅には、私設のミニ図書館「河童文庫」を開き、膨大な数のカッパの資料やグッズを置きました」と伝えられています。2015年に80歳で亡くなられましたが、残された河童の資料は膨大なようです。『河童の文化誌』をみますと、日本では、「河童」に関する膨大な文学的なまたは漫画の本があったことが分かります。しかし、それでも河童の正体が分からないようです。河童の伝承は、内容の多くはフィクションで、荒唐無稽、支離滅裂、理解不能、ちんぷんかんぷんなもので、UMA(未確認動物)としては、片づけられないようです。多くの作家が河童を題材にしており、日本人の関心の高さが窺われます。amazonの「すべてのカテゴリー」では、河童は3168件もあり、日本人の生活に溶け込んでいます。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」といわれますが、日本人ではそこまで言及できる人はいあにようです。妖怪の代表格「河童」は現代になっても不思議な存在のようです。沖縄の妖怪キジムナーも、現代では、写真に写ったりすることもあったと指摘されています。

・amazonの「本」に「水木しげる」と検索しますと1354件の書籍がわかります。そして「すべてのカテゴリー」では2240件がわかります。多作の著名人だったようです。2015年の11月に鬼籍に入られて、メディアでも大きくとりあげられました。死後に、各出版社からたくさんの全集物の出版計画があるようです。1922年、鳥取県境港市生まれで93歳で亡くなられましたが、ラバウルの戦場で左腕を失った傷痍軍人で大変苦労されたようです。やはり悲惨な戦争体験が背景にあったと述べられています。多くのファンがいた漫画家でした。ところで水木しげるさんも巻き込まれた「土地の境界争い」というのは、全国的に頻発しているそうです。やはり、土地の狭隘性が原因のようです。「土地の境界争い」というのは、必ず巻き込まれるといっていいほど、よく起こる争いのようです。死後も、ファンの要望なのか多くの作品が「大全集」として出版される予定です。連続テレビ小説でその生涯が広く知られたようです。「ゲゲゲの鬼太郎」は誰でも知っている人気漫画でした。2003年に境港市に「水木しげる記念館」が開館され、マンガのみならず文章のファンも多かったといわれます。

・「山に棲む老婆の怪『山婆』で「山姥」ともいわれる」とのことですが、身長が2メートル40センチもあり、異次元の長身の宇宙人、アストラル界の異人との関わりが窺われます。長身の大男の話は、『遠野物語』やその他の伝説にもよく出てくるようです。日本の「山の女」の伝承も豊富です。アストラル界の住人にでもなった者達の末裔なのでしょうか。河童や天狗は文明開化とともに、日本の山々から去ったようです。しかし、ザシキワラシ(座敷童子)は現代でも、その存在が話題になるようで、いわゆる「子供の神様」なので霊能力が強いからなのでしょうか。ザシキワラシ(座敷童子)が出て行った家は、家運が急に衰えるそうです。

・「バシャールによればグレイというのは、本当は宇宙人じゃなくて、「パラレルワールドの地球に住む人類」です。パラレルワールドでは、この世界と併存する世界のことです」ということで、パラレル・ユニバース(並行宇宙)にかなりの種類の異星人が集まっているのかもしれません。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニ人は、オリオン座の方向にある惑星の住人だそうです。オリオン星人は、非常に多種多様で、太古から地球と深く関係があったようです。
 「ゼータ・レチクル星人のグレイと、オリオン座のリゲル人の長身のグレイ、オリオン座の有翼のドラコ族、恐竜から進化した地球のレプトイド(恐竜人)」がエリア51等のアメリカの秘密基地で活動しているともいわれます。エリア51もグーグルアースの動画で見ると、新しい基地が広大な基地内にいくつも増設されているそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズグレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。またオリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も経由地にしているようです。「地球では白人種と定義されている“エリエン”のルーツはオリオン星雲にある」といわれます。そして「オリオン星人は非常に階級意識の強い宇宙人だ」そうです。「あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか」(旧約聖書、ヨブ記38章31節)という謎の言葉もある不思議な星座のようです。「不思議なゲイ、LGBT(性的少数者)の現象は、異次元の宇宙人の人格転換である」という説もあるそうです。

・日本でも「平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔」といわれます。そして「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」、「黄昏に女や子供の家の外に出ている者はよく神隠しにあうことは他の国々と同じ。-遠野物語第八話」という伝説の「異人」は、オリオン星人だともいわれています。我が国の神社の大半がスサノオやニギハヤヒ、つまりバールやミトラを祭祀し、その系列神を祭神とした物部氏の神社で、オリオン信仰といわれます。羽の生えた烏天狗は、オリオン座の有翼のドラコ族からの種族なのかもしれません。異類異形の鬼や天狗は、オリオン星人系列の宇宙人だった可能性もあります。牛若丸と鞍馬山の天狗の伝承のように、源氏はオリオン 星人との繋がりがあったようです。

・河童は現代でも、海岸地帯にも目撃例や現象があると述べられます。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」といわれます。マオリッツオ・カヴァーロの翻訳本は数冊出ています。小柄なグレイも多種多様な種類があるようで、バイオロボット説もあれば、ゼータ・レチクル星人の一種ともいわれています。全くの動物タイプもおり、ほとんどは未確認動物(UMA)扱いのようです。グレイも多くの種類があるようで、その能力も大きく違うと語られています。

・ネガティブな宇宙人によるアブダクション(誘拐)や「異類混血」は、スター・ウォーズの原因となったともいわれていますが、高等知性体の宇宙人間の争いは、凄まじいようです。今なお一部では続いているという話もあるそうです。人類はどれだけ進化しても「神人」にはなれないようです。「はるかに遠い未来には、神人と“小人に退化した人類”の2種類になる」ともいわれます。これは、出口王仁三郎の『霊界物語』からのようです。大本教の出口王仁三郎は自分はオリオン星から来たと語っているそうです。

・「イスラエル政府と契約の宇宙の商人」は、シリウス星人ですが、この種族とコンタクトができれば、非物質的な種族とつながりができることでしょう。ブラジル政府は宇宙人の存在を認める唯一の政府だそうですが、宇宙連合とコンタクトがある外国政府は少なくないのかもしれません。我が国にもさまざまなネットワークがあるのかもしれません。
 天国に自由に出入りし、人間への“憑依”や人間の“転生”を自由に操作するシリウス星人については、ニルヴァーナ(涅槃・天国)にいる元地球人からの米国のチャネラーによって、情報が得られています。「パラレル・ワールドに住む宇宙人、天国に出入りし転生と憑依を自由に操るシリウス星人の植民星が地球だ」といわれます。

・LGBT(性的少数者)、ゲイの現象とかさまざまな不思議な地球上の現象も宇宙人が関与しているといわれています。「不思議なゲイの現象は、宇宙人の人格転換である」という説もあるようです。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。異次元の宇宙人による「魂の交換」によってゲイという奇妙な現象が生じるのかもしれません。

・ロシアやイスラエルなど他の国々も異星人とコンタクトしているようですが、国家的な危機感からか、エイリアンの超テクノロジーを喉から手が出るほど欲しい国が多いのでしょう。ロシアには昔から奇怪な宇宙人の話も多いそうです。「モスクワには多くの異星人が住んでいる」というリーク話もあるそうです。「エイリアン・エンジニアリング(宇宙人科学技術工学)」は、ロシアも研究しているのでしょうか。
 日本に関係する異星人、神々とのコンタクトもあるようなのです。が、マスコミにも公開して、国家機関の総力をあげてエイリアンの超テクノロジーを獲得するようにしなければならないでしょうか。「エイリアン・エンジニアリング」に関してはアメリカの1人勝ちになるのかもしれません。ロシアの宇宙人の動きはどうなのでしょうか。ちなみに日本にも、昔から異星人が飛来している話が多いそうです。政府とのコンタクト話もあったそうです。

・宇宙人の情報は、マイナーなものからメイジャーなものにしていかなければならないでしょう。「大衆には何も知らせない」ような、いつまでも『厳秘』扱いにしておいてはいけないそうです。アメリカでも市民の側から様々な情報探求の動きがあるようです。You Tubeなどの動画にみられるように、世は「映像の時代」になっているようです。You Tubeでは驚くほど豊富な奇妙で不思議な動画があります。「どこでもカメラ」がある時代で、誰でもカメラマンになれる時代です。コンピュータグラフィックス(CG)が進んだため、インチキも多いといわれます。
自らハルマゲドンをして自壊した教団(オウム真理教事件)のことは詳しく知りませんが、多くの人を引き寄せた超常的なものとカネについては新聞では報道されていないそうです。多くの本が出版されておりますが。amazonに「オウム真理教事件」といれますと125件の本がわかります。私たち一般人には、読む時間もありませんし、理解不能なことが多いようです。

・日本の明治時代の流浪の民、サンカが「アガルタの住人の末裔」という奇説もあるそうですが、日本にも地下世界の伝承があり、世界中にある地下世界の伝説と相似関係があるようです。ちなみに、ヨーロッパの放浪の民のジプシーが「アガルタの住人の末裔」という妙な説もあると述べられます。ヤペテ系やハム系の神域がアガルタで、シャンバラは、セム系の神域ということであるといわれます。シャンバラは、エーテル界に突入した都市型の超巨大宇宙母船という話もあり、「都市程度の規模のシャンデリアのように光り輝く超巨大宇宙母船」を見たというコンタクティもいるそうです。
プレアデス星人のコンタクティ、スイス人のビリー・マイヤーによれば、「直径100キロメートルの宇宙母船」も報告されているようです。プレアデス星人は人類に6000年進化している種族ですが、人類に近く神でも天使のような宇宙人でもありません。小柄な宇宙人グレイは、その容姿・容貌がハリウッド映画により世界中の人々の目に移りました。グレイは壁を透き通るようにして部屋に侵入してくるとも言われ、異次元移動ができるようです。まるで小柄な宇宙人グレイだけが現在認識されている宇宙人のような印象を与えましたが、メン・イン・ブラックのような異人のハリウッド映画も増えているようです。

・バイオ・ロボットともいわれるグレイの空飛ぶ円盤に同乗する金髪碧眼の人間タイプの宇宙人、ノルディックと呼ばれるそうですが、厳秘(アバブ・トップシークレット)扱いで、リーク情報が書籍に流れております。金髪碧眼のノルディックは位が高くグレイを部下のように使役しているともいわれております。プレアデス人は古代リラ星人の末裔といわれます。金髪碧眼のノルディックと金髪碧眼のアルデバラン星人がよく混同されるそうです。アルデバラン星人はアーリア人の「超人」であり、ゲルマンの神々だったようです。アルデバラン星人は「幽霊」のように現れたり消えたりするようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント