日本の河童は、丸い目をした毛のない猿のような薄気味悪い生き物で、手と足に水かきがついている。河童は河川や池の隠れ場所から跳び出し、獲物の尻の穴から血を吸うというぞっとするような習性をもつ。(10)


〈4種のエイリアンが集まって階級社会を形成〉

 基地内監視情報に接する機会の多いカステロ氏が観察したところでは、ダルシー基地で働くエイリアンは4種族であることがわかっていた。

① グレイ族
・レティクル座ゼータ星系出身。身長120㎝前後の小柄な体。ドラコ族に服従的。(リトルグレイ)
・オリオン座リゲル星系出身。身長210㎝前後の大柄な体。(ラージノーズグレイ)

② レプティリアン族(爬虫類人、レプトイド)
・地球の先住民系(レプロイド族)。身長200㎝前後。労働階級。最下級民で、実験室やコンピュータ室、地下7階まである基地のどこでも掃除、炊事、運搬など雑用を担当する。
・オリオン座ドラコ星系出身。(ドラコ族)。白い肌で有翼人種。身長200㎝前後。基地全体を統括する支配階級。
③ 実験対象として強制収容された民間人以外の地球人(軍人、科学者、技術者などの基地要員)~身分的にはドラコ族に次ぐ立場だが、カステロ氏は上級保安将校なのでエイリアン同士や対地球人とのトラブルの仲裁や解決は、ドラコ族から任されていた。

カステロ氏が一番手を焼かされたのが、好奇心の強い性格の地球人で、映像監視中に立ち入り禁止地帯を歩いている地球人を見つけては深刻なトラブルに巻き込まれないうちに連れ戻すことが仕事だった。

〈普通の市民を拉致して実験動物にする〉

 カステロ氏が最もショックを受けた場所は、地下7階(最下層)まで下りた時に、人間やハイブリッドたちが冷凍保存状態で何千体も並んでいるのを見回った時だったという。
 冷凍保存処置を檻の中で待たされている患者から、本来は麻酔薬で呆然状態のはずなのにだしぬけに助けを求められ、言葉を交わすうちに男性が「誘拐被害者」であることがわかった。配属後にうけた概況説明では、「患者」は「全員が危険な精神異常者」たちであり、地下基地で開発した新しい治療薬を使ってハイリスクな臨床実験をしているから決して関わりを持たないように上官から厳命されていた。
 カステロ氏は不審に思い、休暇で地上に戻った時を利用して警察にいる友人に調べてもらったところ、監禁男性の名前も顔も最近おきた行方不明事件の当事者と確かに合致したという。つまり善良な市民が地下基地に拉致されて実験動物にされていることを知ったのである。
 やがてカステロ氏と親しい同僚の保安将校が、既に以前からこの真実に気づき、同じ思いの職員、研究員、技術者たちと図って気の毒な無実の囚人全員の救出と脱走を最終目的とする「反乱グループ」を結成していることも知るに至る。
 その「反乱グループ」には、地球人の誘拐被害者に同情的な労働階級のレプトイドたちもかなり加わっていた。
 しかし「反乱グループ」の動きを察知した相手側に先手をうたれてしまい、「デルタフォース」(対テロ専門の米陸軍特殊部隊)らしき部隊章をつけた精鋭部隊が、基地のすべての出口を塞いでから急襲してきた。
 彼らはリストアップされている「反乱分子」を残らず捜し出し、人間、レプトイドの区別なく皆殺ししたのである。


 わずかにコンピューター室の技師数人が「フラッシュガン」で抵抗したものの元来戦闘用の武器は用意していなかったためレジスタンスはすぐに鎮圧されてしまった。
【UFOテクノロジーは軍事機密】〈ダルシー地下基地の正体〉ポール・ベネウィッツ博士の先駆的な調査報告
【2000人のエイリアンが居住するといわれる極秘地下施設ダルシー】

 ダルシー秘密地下基地伝説の発端は、ニューメキシコ州アルバカーキに近いマンザノ山地一帯でコヨーテなどの仕業ではない異常なキャトルミューティレーション(家畜解体)事件が相次いで発生した1970年代中頃にまで遡る。
 地元の実業家でエレクトロニクス専門家のポール・ベネウィッツ博士が、この怪現象の原因を当時とみに増えていた夜間のUFO目撃と結びつけ、カメラと電子機器でUFOの活動を観察、監視して証拠となる写真や動画を集積しはじめた。
 その結果、監視対象のUFO乗員(エイリアン)が「どこかの基地と交信する」と本人が信じる音声、映像を傍受するようになった。
 エイリアンたちは、全員が同一の種族ではなく、複数の種族から構成されているらしいとわかった。
 ベネウィッツ博士は、UFOと交信する電波の発信源を「追跡調査」した結果、どうやらアルバカーキ北方約235㎞、コロラド州境に近いダルシー付近、広大なジカリラ・アパッチ族居留地内の「アーチュレッタ・メサ」(アルチラータ・メサ)という台地の地下深くにエイリアンのUFO基地があることを突き止めるに至った。


【合衆国政府とエイリアンの間で交わされた密約】

〈ベネウィッツ博士の調査方法〉
 UFOパイロットとダルシー地下基地の飛行管制役のエイリアン同士が、交信に使っている音声と映像用電波の周波数を確認し、逆にこちら(ベネウィッツ博士側)から地下基地やそこに出入りするUFOと送受信できる通信装置を組み立てた。

〈ベネウィッツ博士がエイリアンの交信を盗聴して発見したこと〉
 エイリアンがUFO誘拐事件の被害者の体内に極微の電子装置を埋め込んでから解放し、ひそかに遠隔操作しているのを知って、その操作用の電波を追尾し始めた。
 その結果ベネウィッツ博士は、近所に住む誘拐被害者を何人か探しあて、エイリアンとの遭遇体験を聞き出した。

 収集したあらゆる証拠
・交信データの電子的記録
・ビデオ映像
・アブダクション(誘拐)被害者たちの証言
〈誘拐被害者のマーナ・ハンセン氏・女性〉
ワイオミング大学の心理学者(催眠治療専門)UFO研究家レオ・スプリンクル博士による逆行催眠による聴取が行われる。
 1980年マーナ氏は幼い長男とともにダルシー地下基地に誘拐される。そこで冷凍保存された人間の死体群、解体された牛や人体の各部分がたくさん浮かんでいる大水槽を目撃した。

これらのすべてが、ダルシーの地下に存在するといわれる複数エイリアン種族と米連邦政府、米軍が共同管理する秘密基地の存在を示していた。
 ベネウィッツ博士は、キャトルミューティレーション事件と誘拐事件の主犯者が、エイリアンであること、彼らが米連邦政府と交わした密約に基づいてダルシー地下基地内に多数の民間人を拉致し、遺伝学的生体実験など残酷な人権侵害行為を行ってると確信した。

【ダルシー地下基地の存在は国家の安全を脅かす】

(ベネウィッツ博士の憂慮)
 アルバカーキ東方郊外にあり、ベネウィッツ博士の自宅からも近いカートランド空軍基地には、全米で一番巨大な規模のマンザノ核兵器貯蔵エリアが存在するため、国家の安全保障上重大な脅威になるのではないか?

1980年10月にカートランド空軍基地のAFOSI(空軍特別情報部)に電話にて、収集したUFOについての全情報と映像記録の証拠物件について事情を説明した。
 後年、UFO研究グループが、情報公開法に基づく文書請求を行って、AFOSIに機密解除させた。当時の担当責任者であったトーマス・チェー少佐の署名入りの1980年10月28日付の報告文書には、次のように書かれていた。
「本日、当基地の特別捜査官D並びに科学顧問Mが、ベネウィッツ博士をアルバカーキ・フォーヒルズ地区(基地の北境に隣接する)の博士宅にて事情聴取した。
 博士は、過去15ケ月間、空中物体現象について独自の調査を行ってきた。博士はまたマンザノ/コヨーテ渓谷地帯からさかんに出される電磁波を示すという電子記録テープをみせてくれた。
 またベネウィッツ博士は、アルバカーキ一帯の上空に出現した飛行物体を撮ったという写真も数枚みせてくれた。博士は数台の電子探査装置を常時マンザノに向けて、高周波の電気的ビームパルスの捕捉を試みている。博士の主張では、そのようなパルスは空中物体から打されているという。
 科学顧問Mは、博士の収集したデータを分析後、証拠として明らかな未確認飛行物体が撮影されたことを示すが、これらの物体がマンザノ/コヨーテ渓谷地帯の周辺で脅威となっているかどうかは結論できなかったと述べた。」

【推定2000人超のエイリアンがいるダルシー地下基地】

 AFOSIの次にベネウィッツ博士は、ニューメキシコ州のハリソン・シュミット上院議員に接近して事情を打ち明けた。シュミット上院議員は、ベネウィッツ博士の訴えがなぜ調査されないのかとAFOSIに圧力をかけたが効果はなかった。
 さらにもっと広く世間に真相を知ってもらおうと集積してきた証拠、証言、実地調査を要約して「プロジェクト・ベータ」と題する報告書を作成した。

① 2年間24時間体制で継続的にエイリアン機を監視、追跡した電子記録と1800m分の動画映像。
② エイリアン音声、映像通信の周波数探知と分析。
③ エイリアン機と地下基地の観測スクリーンから発信された映像の定常的受信。典型的エイリアン、ヒューマノイド(ヒト型非人類)と、ときおりホモ・サピエンス(地球人)の姿も写っていた。
④ ニューメキシコにおけるある遭遇被害者の経過記録。そのおかげで通信記録がリンクされ、遭遇被害者の全員がどうやらエイリアンから装置を埋め込まれたことを証拠の傷跡とともに発見。被害者全員がCTスキャンを受け、他にも5人が確認された。
⑤ コンピュータ使用によるエイリアンとの定常的直接交信を確立したが、16進法コード型の通信が望みのようだった。
⑥ エイリアンとの通信ループを通じ、地下基地の真の位置を確認した。

また「プロジェクト・ベータ」には、傍受した電子通信データに基づいて、地下基地の大きさとエイリアンの数まで推定されていた。

「エイリアン基地全体では、統一の旗印の下で数種族の文化が含まれている。幅約3㎞長さ約8㎞の広さがあり、ニューメキシコ州ダルシーの西側、ジカリラ・アパッチ族居留地の無人地帯の真ん中にあたる地中に位置している。この面積とエイリアン機の現在数を元に、地球人は別としてエイリアンの数は最小でも2000人、おそらくそれ以上と推定される。」

ダルシーの総人口が2623人(平成12年度調査、ほとんどジカリラ・アパッチ族先住民)であることを考えると同じくらいの規模のエイリアン数種族が、人知れず同地の地中深く住んでいることになる。

【ベネウィッツ博士にむけられた米空軍による情報工作】

 ベネウィッツ博士のUFO・エイリアンの実態研究が世間で注目を浴びるようになってくると、彼の評判を貶めようとAFOSIが画策し始めるようになった。
AFOSI(米空軍特別情報部)はベネウィッツ博士の主張の中で最も危険な部分、「エイリアンがダルシー地下基地で、誘拐してきた地球人を「遺伝学的生体実験」に使っているというフレーズに着目した。

(AFOSIによる情報工作)
 偽の支援者、偽のUFO研究家を仕立ててベネウィッツ博士に接近させる。
「エイリアンは、人間をセックス実験の対象にしたり、あげくは食糧源にさえしているらしい。」
という偽情報(実は真実の情報をあえて吹き込む)を吹き込ませた。

こうした「怪情報」がベネウィッツ博士の周辺で「噂」されるに連れ、まじめなUFO研究家ほどダルシー地下基地の真実の発見に絶望して遠ざかった。
 同時に他方でベネウィック博士に対する誹謗中傷や名誉棄損になるような情報も大きく流して、社会的信用を失墜させるように仕向けた。

(AFOSIによる情報工作の効果)
 ベネウィッツ博士は次第に精神的に追い詰められて体調を崩し、1985年ごろには神経衰弱の状態に陥ってしまい、ただ讒言をつぶやくだけの偏執病患者同然に成り果ててしまった。UFO研究からも完全に身を引いてしまい、UFO問題について一切口にしなくなった。

(証拠隠滅を図られたか?)
 ベネウィッツ博士が収集に取り組んだUFOやエイリアンに関する証拠物件や電子機器類もほとんどすべてが消滅してしまった。(人知れず持ち去られたか?)

宇宙人(エイリアン)について信じる人もそうでない人も一度は目を通して損はしない覚書
<地球人と関係の深い宇宙人の情報>

(一部抜粋)

(出典:UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被害をうけるだろう)


<1、 琴座(リラ)星人>

琴座は、銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地という。
琴座(リラ)星人は、人間型の肉体を持つ最初の所属で、シリウス星人、オリオン星人、プレアデス星人、ベガ星人、ゼータ・レチクル星人などは、みな琴座星人の子孫という。
<2、 ベガ星人>―琴座星人と対極的な種族が生まれて発達した。
これが、ベガ星人で、琴座星人を陽性文明とするとベガ星人は、陰性文明という。両者の間に争いが絶えなかった。

<3、シリウス人>

琴座のシリウス人には、もともと肉体を持たないシリウス人(第5密度以上)がいた。そのうち、ベガ星人は、物質レベルの星に移住し、霊性を否定し、支配欲の強いネガティブなシリウス人となった。ネガティブなシリウス人の文明が発展していたとき、琴座からポジティブなシリウス人との間に紛争が起こった。
シリウスには、シリウスの長老、ポジティブなシリウス人、ネガティブなシリウス人と多様な意識形態が存在している。

<地球文明に大きな影響を与えているシリウス>

ポジティブなシリウス人は、通常、地球人の目には見えないが、地球人の前に任意に物質化して姿を現すことができる。現れたり消えたりする存在であるため、古代人はシリウス人を神のように崇めた。シリウス人は、地球人に科学文明や文化を教え、卓越した人物に転生してきた。歴史上の傑出した人物の中にシリウス人の転生者がかなりいる。また、古代マヤ人に対しても高度な技術を与えたのは、シリウス人だった。

<4、オリオン人>

シリウス人の長老の介入でネガティブ、ポジティブのシリウス人がオリオンへ移動して、それぞれに新しい文明を築いた。ネガティブなオリオン人は、地球に来ている地球外生命体の中で、最も発達レベルの低い存在で、地球に暗黒をもたらそうとしている。ネガティブなオリオン人が、地球人の肉体に宿って、ネガティブな活動を行なう。オリオン人には、ネガティブとポジティブの両方が存在する。

<5、 ゼータ・レチクル星人>

ゼータ・レチクル星人とグレイは同じような姿をした人間型生命体であるが、発祥はやはり琴座であるという。起源は、琴座のアペックスという星だという。ゼータ・レチクル星人は、個人主義がはびこり、核戦争を引き起こし、地下に避難を余儀なくされた。地底生活を送るうちに、自然分娩による出産が困難になり、クローン技術が開発された。クローン技術は、生殖によらずに同一の遺伝形質を持つ個体、すなわちコピーを作る技術である。
 その結果、生殖器官と、消化器官がなく、頭が大きく、大きな目をした、いわゆるグレイタイプのクローン人間の宇宙人が生まれた。なお、ゼータ・レチクル星人の平均身長は、107センチメートルである。
核戦争の爆発によりこの星は、3次元から4次元へ次元移動を起こしたという。移動した新しい場所は、レチクル座のゼータ1とゼータ2の付近であった。そのため、新アペックス人をゼータ・レチクル星人という。
現在、ゼータ・レチクル星人は、第4密度の人間型生命体であるが、クローン化により進化が止まり、種族の存亡の危機に陥っている。そして、これを打開するには、遺伝子操作により、感情を取り戻すことであり、それには地球人の遺伝子が参考になると、高次の生命体に教えられた。そこでゼータ・レチクル星人は、現在地球に来て、一部の地球人を誘拐し、遺伝子実験を行なっている。
誘拐された人間の多くは、恐怖を体験するが、一般的にゼータ・レチクル星人に悪意はないといえる。

<6、グレイ>

ゼータ・レチクル星人のうち一部のネガティブな存在は、肌の色からグレイと呼ぶ、したがって、グレイは、見かけはゼータ・レチクル星人と変わらず、クローンで作られた宇宙人である。グレイは地球人の遺伝子が欲しいために、UFO技術の提供などを条件にアメリカ政府と密約を結んだ。そして、アメリカ政府に地下の秘密基地を作ってもらい、地球人を誘拐して殺し(!?)遺伝子実験を行なっているという。

<7、プレアデス星人>

プレアデス人は、琴座から地球に来て地球の霊長類の遺伝子を組み込み地球に住みやすい体に改造した後、プレアデスに定住した。プレアデス人は、第4密度の肉体を持った宇宙人で、地球人と一番良く似た宇宙人だという。精神性が高く、高度な宇宙文明を発達させている。地球人と類似の遺伝子を持つため、プレアデスに移住後も地球人を見守り続けている。プレアデス人というと、セムヤーゼというプレアデス人とコンタクトしているスイスのビリー・マイヤーが知られている。

《管理人維新嵐》 これらのことが事実だとしたら、エイリアンが存在するという事実自体を公表しない方々も確実に存在するということですね。国民の「知る権利」が完全に侵害されています。UFOや地球外生命体についての情報は、国民全体で共有されるべきことだと思いますが、みなさんいかがお考えになられるでしょうか?



________________________________________
■■■ 私が思うこと、聞いたこと、考えること ■■■


・ヴァンパイアの伝承は世界中に昔から豊富にあったようです。日本でも河童は可愛い子供のマスコット・キャラクターとして、多くの人形などが売られています。しかしながら、昔から河童の残虐性や好色性の伝承も多いといわれます。河童は、キュウリが好物だと言われていますが、人間を溺死させて、内臓を引き抜き食うともいわれます。河童もグレイという宇宙人の一種だという説もあるようです。現代のヴァンパイア、グレイ種の異星人を昔のヴァンパイアの伝説に全て結びつけるのは無理のようですが、外国人の目からは、日本の河童はヴァンパイア(吸血鬼)の一種とみなされるようです。
「彼ら自身子どもの大きさであるが特に子どもを好む。ただし主に食べ物としてである。河童の好物は人間の内臓で曲がりくねった腕を犠牲者の肛門から差しこんでひきずり出す」といわれています。河童も純粋な動物タイプと人間と交流できるタイプの二種類があったようです。
本質的には、ヴァンパイアの一種なのでしょうか。現代に現れたヴァンパイアは、「グレイ」という宇宙人が相当するのかもしれません。グレイは70年前から米国政府とコンタクトしたのではなく、太古から頻繁に地球人とコンタクトがあったようです。中世のグレイのキャトル・ミューティレーションがヴァンパイア伝説と結びついたのかもしれません。牛をレザー光線で切り、血液や体液をすっかり抜き取るというのです。グレイは、皮膚から牛の体液や血液を吸収するという話もあるようです。米国では数千頭の牛がキャトル・ミューティレーションの犠牲になったそうです。

・UFOの宇宙人グレイが実験のため牛を殺して血や臓器を抜くというキャトルミュー ティレーションは昔の妖精が家畜を傷つけるという伝承と共通性を持つと指摘されています。
「キャトルミューティレーションとは、動物の死体の一部が切り取られ、しかも血液がすっかりなくなるという異常な惨殺事件のこと。 1960年代前半から、おもにアメリカで起きた。 犠牲者となるのは家畜、特に牛が多い。 宇宙人の仕業だなどと騒がれた」といわれます。キャトル・ミューティレーション事件にはグレイのような宇宙人が関与していたという目撃情報も多いといわれます。
「昔のスコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという」伝説もあるようです。

・『戦慄のUFO&宇宙人ミステリー99』( 監修 南山宏 双葉社  2010/7/14)によると、
「<異星人2000人が住むダルシー基地 1954年~>
・秘密基地は少なくとも地下7階まであり、下の階ほど厳重に警備され、遺伝子工学やマインドコントロール実験などが行われているという。基地にいる異星人は4種族で、オリオン座のドラコ星系出身の白くて有翼のドラコ族が支配階級、同じレプトイド(爬虫類人)だが、地球の先住民という種族は労働者階級。ほかに小柄なグレイ族と、2メートル以上の長身のグレイ族がいたという。
 カステロは同僚や研究者らの反乱グループが、デルタフォース(米陸軍特殊部隊)らしき部隊の急襲で全滅した事件も語っている。実験のために拉致された人々を救出しようとして失敗したというのだ。
<米政府公認の生体実験施設!?  1954年~>
・基地で働いていたという内部告発者のカステロの『ダルシ―文書』は、さらなる恐怖をかきたてる。地下6階の遺伝子実験室では、さらなる恐怖をかきたてる。地下6階の遺伝子実験室では、人間を多肢化させたり、人間とグレイ族の混血種をつくったり、グレイ族のクローンを育てたりしていたという。そして地下7階には、特殊液で冷凍保存された人間と混血種が何千体も並んでいたとする」と記載されています。

・ガセネタ、フェイクニュースの多い世界のネット情報ですが、フェイクニュースの真贋を見抜く能力が必要といわれます。アバブ・トップシークレットばかりですからデマも飛ぶのでしょうか。
「<グレイ> ・ゼータ・レチクル星人のうち一部のネガティブな存在は、肌の色からグレイと呼ぶ、したがって、グレイは、見かけはゼータ・レチクル星人と変わらず、クローンで作られた宇宙人である。 グレイは、UFO技術は持っているが、精神性の低い邪悪な宇宙人である。グレイは地球人の遺伝子が欲しいために、UFO技術の提供などを条件にアメリカ政府と密約を結んだ。そして、アメリカ政府に地下の秘密基地を作ってもらい、地球人を誘拐して殺し(!?)遺伝子実験を行なっているという」という不気味な話もあったと指摘されています。人肉食の宇宙人や歴史的にはカニバリズムの話についても情報があるといわれます。ちなみに、中国の孔子と人肉食の話もあったそうです。中世の「異人」は、人肉食も平気だったという動画もあったそうです。今は削除されているのかもしれませんが。

・妖精や妖怪の伝承は、世界中にあるようです。特徴は、全く同じではありませんが、似ている点も多いようです。地域的な特徴もあるようです。ヨーロッパの妖精は、小人タイプばかりでなく、人間タイプ、怪物タイプ獣人タイプもいるようです。アストラル界やエーテル界やパラレル・ユニバース(並行宇宙)に存在する天使や大天使、神々のような高等知性体とのコンタクトは、稀にあったようです。
「大天使は創造物の隠された部分を受け持つ天界の住人です。創造におけるすべてを準備し、計画することが第一の仕事で、“森羅万象を建築する者”と呼ぶこともできるでしょう。自然界全体のデザインを一手に引き受けているのです」という話も、私たち一般人には、理解不能です。
妖精が動物に変身した伝説も多いといわれます。“獣人”の伝説も世界中で多いようです。低層4次元にいて、時折、人間にその姿を見せるようです。
「妖精物語の多くが、巨人その他の怪物について語っている。大きくて毛むくじゃらな北のトロールは、ビッグフットに似ている(嫌なにおいがするというビッグフットの特徴も持っている)」といわれます。
アメリカ先住民たちの伝説の中にはシャスタ山の山頂にすむビッグフットやサスクワッチと呼ばれている存在の話があります。
現代においてもビッグフットやサスクワッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。「異種交配の実験」をしていると指摘されています。ネガティブ・グループのシリウス人がモンスタータイプの生物を創り、神に対抗したので神に嫌われたといわれます。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているそうです。

・台湾の昔のモシナによる「人さらい」は、警察に記録があったのでしょうか?台湾のモシナは沖縄のキジムナーに似ているようです。造物主が創った生物や動物以外のモンスターのようなものは、すべてルシファー一派のネガティブなオリオンETグループのマッドサイエンエィストが創造したのかは、超太古からの大きな謎だといわれます ⁉ ビッグフットのような「獣人」は、エイリアン・アニマルなのでしょうか  ⁉恐ろしい「異類混血」生体実験がすすめられているのでしょうか?

・「建築家・職人の擁護者であるメンフィスのプタハは、最も重要な神の一人に数えられる。彼に冠せられた「宇宙の建築家」という称号は明らかにフリーメーソンとの関連を示している。プタハは太陽系の外からやって来て、トトの指示に従って世界、太陽、惑星、すべての生き物を造ったとされる。となると当然、彼はオシリス一家よりも古い神々のカテゴリーに属することになる」と指摘されています。UFOはフリーメーソンの創作といわれます。「神は最初のフリーメーソンだ」そうです。「日本の知識人が欧米人を理解できないのはフリーメーソンを知らないからだ」そうです。

・『戦慄のUFO&宇宙人ミステリー99』悪魔の協定か?ダルシー人体実験 エリア51のエイリアン。地球内部の異星人基地 フリーメイソンとNASAの陰謀。(監修 南山宏  双葉社  2010/7/14)によると
<米政府公認の生体実験施設!?  1954年~>
・基地で働いていたという内部告発者のカステロの『ダルシ―文書』は、さらなる恐怖をかきたてる。地下6階の遺伝子実験室では、さらなる恐怖をかきたてる。地下6階の遺伝子実験室では、人間を多肢化させたり、人間とグレイ族の混血種をつくったり、グレイ族のクローンを育てたりしていたという。そして地下7階には、特殊液で冷凍保存された人間と混血種が何千体も並んでいたとする。

・造物主が作った宇宙人や生物や動物以外の、モンスタータイプの動物や生物は、ルシファー一派のオリオンETグループが創ったようなのです。ルシファーもグレイ(ゼータ星人)を作り神に反抗したとも言われているといわれます。シャンバラの支配者(世界の王)のサナト・クマーラ がルシファーであるともいわれます。「第2次世界大戦は堕天使ルシファーと大天使ミカエルの代理戦争だった」という奇説もあったといわれます。「現代的な解釈ですと堕天使ルシファーとかリラ星人のサタン(悪魔)という言葉は、遺伝子科学者の研究集団の名前だ」といわれます。オリオンETグループが「河童」「キジムナー」「ケンムン」等の異次元移動ができるUMA(未確認動物)を創ったようなのです。一種のマッド・サイエンエィストのグループのようです。現代においても、おぞましい遺伝子実験を繰り返して、モンスターの生物を創っているようなのです。「妖怪」といわれるものは、マッド・サイエンエィストたちの被造物なのかもしれません。現代においてもビッグフットやサスカッチのような「獣人」を「空飛ぶ円盤」からオリオンETグループが降ろしているといわれています。

・世界中にある「妖怪」の実体も、オリオンETグループが創ったのかもしれません。しかし、今なお、底層4次元にモンスター・タイプが生存しているともいわれます。神ではないオリオンETグループが創ったUMA(未確認動物)に、現代でも人間は悩まされているのかもしれません。古代の伝説に登場する『蛇人』というのは、オリオン人の霊魂が地球に投影されたものと思われるといわれます。オリオンETグループの太古からの地球への関与は、分かりません。 「グレイ」は人間の無意識の中に入ってくるといわれます。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。そのような異次元移動のできる「幽体」を持つバイオロボットのグレイを創るエイリアン・エンジニアリングは、想像を絶する話です。「全宇宙を創ったという“虹の神々”も地球に来ている」という説もあったといわれます。「神々は最高神「イ・アム」を頂点として7つの位階に分類されるという。 神々の総数は10億を超え、それぞれ位階に応じて宇宙の各所を支配している」といわれます。神々や大天使、天使や堕天使の現代の神話は、全く不明のようです。昔の「人さらい」や「神隠し」現象も、オリオンETグループが関係しているようです。現代では、アブダクション(誘拐)やキャトルミューテレーション(動物虐殺)にも関係しているといわれています。何かの生体実験をしているのでしょう。

・沖縄の妖怪キジムナーは本土の河童に少し似ているといわれます。どちらも異次元移動ができたようです。「遠野郷の民家の子女にして、“異人”にさらわれて行く者年々多くあり。ことに女に多しとなり。-遠野物語第三十一話」という異人が河童を宇宙船で連れてきたのかもしれません。平家がプレアデス星人の末裔で、源氏がオリオン星人の末裔といわれます。異人もオリオン星人だったのかもしれません。当時の警察が「異人」をどの程度、把握していたのかは不明です。中世のドイツの領主はほとんどが「異人」か「異人」の末裔ともいわれます。異人の「非条理な話」も多いといわれています。人間の感覚では「異人の非条理」が理解できないそうです。異人も昔からさまざまな人間社会との繋がりがあるようですが、詳しくは分かりません。社会に同化した異人は、誰にも分からないそうです。クラリオン星人のコンタクティ、イタリア人のマオリッツオ・カヴァーロによると「日本の河童はグレイの一種で、現在も海底基地にいる」といわれます。クラリオン星の人々というのは今から約1億8000万年前に人類創造計画に参加した数多くの民族の一つといわれます。

・「小さなおじさん」の都市伝説は、ヨーロッパの中世の妖精の小人の伝承と似ているような話です。集団幻覚、集団ヒステリーの一種という説もあるようです。『遠野物語』の座敷童子のように、子どもの妖怪もいますが、小人の存在の伝承は、一寸法師や少彦名命のように昔からあったようです。グレイも10センチ前後の小人タイプも報告されているようです。南米では、グレイの小人のミイラも発見されています。「あのグレイも壁を透き通るようにして部屋に侵入してくる」そうです。小人も異次元移動ができるようなのです。ヨーロッパの中世の妖精は、小人の伝承でした。現代でも小人の出現の話はあるようです。グレイは核戦争を繰り返した人類の未来の姿だという奇説もあったようです。人類はどれだけ進化しても「神人」にはなれないようです。「はるかに遠い未来には、神人と“小人に退化した人類”の2種類になる」と指摘されています。

・グレイも1メートルくらいの小柄な存在が普通の認識です。しかし、人間のような長身なグレイのリゲル人というように遥かに進化して、レプタリアンの部下のような働きをしている異星人もいます。リゲル人も人間化しているのかもしれません。エササニ人の様にすでに交雑種が異次元に存在しているようです。「時空間を超えてこの地球にやってきて、人類をアブダクション(誘拐)し、受精して、子孫を作りました。それがエササニ人のバシャールだ」といわれます。グレイと人間の交雑種が「エササニ人」といわれます。エササニはオリオンの方向にあります。「地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である」といわれても誰も信じることはできないでしょう。以下の情報は荒唐無稽、奇妙奇天烈、支離滅裂、眉唾物で疑念がわきます。現代の科学者では、信じる人はいないようです。

・オリオン座は「神の故郷」ともいわれますが、『闇の勢力』も利用しているそうです。オリオン星人は昔から人間社会に同化してきたのかもしれません。セム系民族はエンキの北極星、北斗七星信仰、ハム系民族はエンリルのオリオン信仰であったといわれます。エルダーとよばれる天使のような人間タイプのオリオン星人が小柄なグレイと共に飛来したそうです。米国が秘密協定を結んだのはラージノーズ・グレイというオリオン星人といわれています。オリオン星人は人類に5万年進化しているといわれ、「人間の魂の交換」ができるようです。「どう彼らを追跡しても、あなた方の祖先はレプテリアン(爬虫類)であることを発見するでしょう」と語られています。レプテリアン(爬虫類)がさまざまな支配者の黒幕であると述べられます。「爬虫類的異星人(レプティリアン)も人間タイプは知性的な顔をしている」といわれます。人間化した「龍神」「神」として君臨しているといわれます。

・『地球を支配するブルーブラッド 爬虫類人DNAの系譜』(スチュアート・A・スワードロー  徳間書店  2010/6/18)によると、
「<りゅう座人(ドラコ) このレプティリアン型生物の交雑種がイルミナティ>
・地球の月は、永劫の昔、レムリア大陸への入植の時代に、軌道上に設置されたりゅう座人の宇宙船である。分断して征服することを画策する彼らは、リゲルとともに海を沸騰させたり、大地を焼き焦がしたりしたように、暴虐さで有名である。

・りゅう座人は、地球に巨大な地下基地、金星にコロニーを持っている。地球には二番目の月が配置されている。1997年にヘール・ボップ彗星に隠れて到達した。そこにいるのは、純血爬虫類人である。交配人種であるイルミナティは地球の支配を行っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント