イギリスには幽霊の出る場所が1万ヵ所もあるといい、ゴーストの秘密を探ろうという人たちが、温度計を手に歩きまわっている。気温が急に下がるのはゴーストが出現したサインだという。(2)


<魔法にまつわる危険>
・魔法や魔術の学習と訓練は、恐ろしく体力を消耗するものでもある。レイストリン・マジェーレは魔術学校での体験のせいで肌が金色になり、またその瞳は砂時計のようにくびれ、身のまわりの人や生物の死、物の崩壊が見えるようになった。このときの試練が原因でしじゅう空咳をするようになり、また生まれつき体が弱いため、大柄な兄のキャラモンに頼らざるをえないこともある。レイストリンが悪の道へと進むのも、こうした身体的な弱さが一因なのだろう。

・メアリー・スチュアート作品のマーリンは旧神たちと交信することができるが、無意識のうちにトランス状態になってこれを行なうため、てんかんの発作のようだと言われることもある。このため、マーリンの予言は正確でありブリテンの統治者は頼りとするのだが、あまりに頻繁に行なうとマーリンの力を奪ってしまう。
 こうしたケースでは、苦痛が生じても魔法使いはそれに耐える。野望や力を得たいという気持ち、あるいは本人にもよくわからない力に突き動かされて魔法を行なっているのだ。

<アレイスター・クロウリー>
・20世紀に、魔術と神秘主義にかかわる人物として悪名をとどろかせたのがクロウリーだ。「定期的に悪魔ミサを行なっている」、「悪魔とグルだ」などなど、あらゆる馬鹿げた噂話が彼の周囲には渦巻いた。

<『法の書』>
・クロウリーとその妻ローズがエジプトに滞在中の1904年、ローズに、エジプト神話の神ホルスの使いであるアイワスが憑依した。アイワスはある書をクロウリーに書き取らせ、『法の書』と名付けられたこの書は、のちにクロウリーが唱える哲学の礎となった。クロウリーは自身が、新しい時代「ホルスのアイオン」の予言者であると宣言した。その中心にあるのが魔術であり、クロウリーは魔術を、「『意志』に従って変化を起こす科学であり技芸」と定義づけた。クロウリーはのちに、イタリアのシチリアにコミュニティを創設し、これを「テレマの修道院」と呼んだ。



『宇宙人はなぜ地球に来たのか』
韮澤潤一郎     たま出版   2011/2



<宇宙人の大半は人間型>
・米陸軍の一等下士官によると「私が1989年に退役した時に、すでに57種類の異星人が軍の目録に記載されていた。異星人の大半は人間型で街を歩いていても誰も区別がつかないということです。これは生物学者を悩ませるでしょう。明らかに宇宙には二足歩行のヒューマノイド(人間型宇宙人)が多いということです。グレイタイプは三種類あり、私たちより背の高いのもあります」

<史上最大の事件が起きる>
・空軍基地でのケネディと宇宙人の会見を半年前にアレンジしたのがアダムスキーだった。そして、ケネディが乗り込んだ葉巻型UFOにはアダムスキーも同行していた。

・大統領は着陸していた船内で数時間の会談を終えて地上に出たが、アダムスキーはそのまま離陸し、土星に向かった。このときの宇宙旅行については、いわゆる『土星旅行記』として残されたが、その中には、ケネディの名はなく、「アメリカ政府の一高官」とだけ記されている。旅行記によれば、9時間で土星に到着し、それから4日間にわたって各惑星の代表者が出席した太陽系会議などが開かれたとなっている。

<なぜ宇宙人たちは協力しているのか>
・エリザベス女王の遠縁で、イギリス軍の最高司令長官だったマウントバッテン卿の私邸の庭に1950年代にUFOが着陸してコンタクトを試みたことがあった。

・UFOが着陸した時、私邸の侍従が外にいて、金髪で体にぴったりとした青いウェツトスーツのようなものを着た人間型宇宙人に会っている。しかも円盤型UFOの中に招かれた。しばらく離陸して飛行したという。

・しかし、このことを侍従から詳しく聞いていて、当時からUFO問題に精通していたマウントバッテン卿自身は特にUFOに関する政治的側面に関与し、マリリン・モンローやケネディ大統領の死に影響を与えたといわれ、1979年にアイルランドにあった自分の別邸近くで殺されている。



『リトル・ピープル』
ピクシー、ブラウニー、精霊たちとその他の妖精
ポール・ジョンソン     創元社  2014/4/13



<リトル・ピープル>
・イギリス諸島で頻繁に目撃される妖精は、英語でリトル・ピープルとも総称される。その秘密は、遠い昔から人びとを大いに悩まされてきた。

・すっかり忘れ去られてはいるが、こうして魔法にかけられて、そのヴェイルに魅了されつづけているということが、現在もリトル・ピープルたちが人間とのつながりを保ち、しかも固い絆で結びついているという喜ばしい証なのだ。
 時代をさらにさかのぼり、このイギリスという国の緑の大地へと深く踏み入るほどに、リトル・ピープルたちの存在はリアルなものとなり、かつて私たちの生活の一部となっていたことがわかる。

<彼らは産業革命時代の訪れとともに、私たちの目の前から消え去った>
・多くの人びとがリトル・ピープルを分類しようとしてきた。だが、その試みは彼らの魔法にまどわされて、その棲家の様子や性質について紹介するにとどまっている。

<昔昔のことでした……   視る力を失って>
・伝説によると、地球の四方から、海を越えてイギリス諸島に人類が渡ってくる以前、島じまのいたる所に、人間よりもかなり背の低いリトル・ピープルの先祖となる種族がいたという。彼らは長命で用心深く、やがて、大地の秘密に通じるようになった。

・彼らは自然のもうひとつの姿、この世界の向こう側にある繊細な自然を見る力にすぐれていた。彼らは、私たちの先祖の内で、そのような能力をもつ最後の種族であった。

・彼らの姿を見ることはほとんどなくなってしまったが、今日では、色のついたオーブ[写真にうつる、小さな水滴のような光球]や、山や谷などを陽気にとびまわる大地の光というかたちで姿を現すことがある。ただ、気をつけてほしい。その光は妖精の国へと導いてくれるが、やみくもに追ってゆくと、やっかいな世界に足を踏み入れることになりかねないのである。

<今も残る魔法の力>
<魔法、いたずら、そして姿なき音>
・アイルランドでは、妖精にまつわる物語が豊かに語り継がれている。

・魔法によって道に迷った人間は、戸惑いながらまったく見当違いの方角へ進んでしまう。混乱して、それが正しい方角であるかのように感じてしまうのだ。見慣れた目印は見つからず、小道や道しるべも消えてしまう。季節までもが変わってしまう。
 リトル・ピープルの種族のほとんどが、喜んで、この類の悪戯をしかける。現代になっても、私たちの感覚を狂わせ、道に迷ったものをさらに遠くへと光で導くのを楽しんでいるのだ(時には家に戻れなくしてしまう)。

<世界の境をさまよって>
<美の境界>
・河川や清流、丘、森、山脈、荒野など、物質界における変化に富んだ自然は、人間界とリトル・ピープルの世界との境界の役割を果たし、このふたつの世界が交錯する場とも考えられている。

・土地の境界はかつて、その地形と一致していた。そして、妖精たちの通り道やその棲家を、敬意をもって避けていたものだった。

<第二の視力>
<透視する力、聖なる科学>
・人間の能力を超えた透視の力によって、妖精の国をかいまみるという昔話は数多く残されている。スコットランドで知られているように、「第二の視力」にはさまざまな側面があるが、もっとも重んじられたものは、妖精の国をつねに見とおす力だ。この力をもつ者はめったにいない。

<白く泡立つ清流と泉>
<ピクシー、ニクシー、そしてシリー・スプラッシュ>
・リトル・ピープルたちはみな、水を崇めている。だが、ピクシーほどに大きな喜びを感じているものはないだろう。彼らは水を崇拝し、水のなかでたわむれることを好む。いにしえの泉や井戸にはリトル・ピープルが祀られていることがよくある。彼らはこのような場所を守る用心深くて、知恵のある番人なのだ。

<ほとばしる水の世界>
<河川のにぎやかな住人>
・女の精霊ニクシーと男の精霊ニクスは、大陸ヨーロッパの川の精霊ウンディーネと深い関係がある。どちらも古くから存在が知られており、伝説も残されていて、たいていは若くて美しい人間の姿で現れる。そして、どちらも同じつとめや力をもっている。

・彼らは人間に愛情をいただく。昔話によると、彼らは配偶者として人間を選ぶという。

<湖の女主人>
<月光に照らされた神秘の乙女>
・満月の光のもと、星降る夜空が映るほど穏やかな湖上では、驚くほど美しいリトル・ピープルの一族が見られるかもしれない。水の精アスレイは、やさしい女性の姿をしている。何百年も生きながらえ、今なお美しい。緑青色の長い髪、足の指には水かきがある。

・ウェールズ地方に棲む一族には、グラゲーズ・アンヌーンがおり、湖に沈んだ街に棲んでいる。実際、内陸の湖には、その土地にまつわる神々となった妖精が棲んでいるものだ。多くの美しい精霊たちがそうするように、彼女たちはときに人間の男性を夫とすることで知られている。

・人間の感覚からすると、妖精の時間は永遠に近いため、アスレイの世界にやってきた男性は、ほとんど永遠の命を得たかのようになる。

<砂と泡>
<海や海岸の精霊>
・海や海岸と深いつながりがある、善き隣人の妖精のなかでも、マーメイド(女性の人魚)やマーマン(男性の人魚)ほど知られている者はいない。

・アイルランドのメローやモルアーは、イギリスのマーメイドと同じもので、波の下の国であるティール・フォ・ヒンに棲む。

・もっとも有名なものは鮭の尾をもち、西暦558年までアイルランドの海を泳いでいたというリー・バンだ[この年、人魚を捕えたという記録が残っている]。

<魅惑の洞窟>
<石や鉱石、貴金属の番人>
<姿を見ることができるのは、幸運なものだけ>
・地下の奥、その内部の暖かい深みには、人間が想像するよりははるかに多く、幻想的な秘密の空間や道がある。そこはもっとも多くのリトル・ピープルが棲む世界で、数え切れないほどの種族が地下の国に存在している。

・コーンウォール地方のノッカーや、ウェールズ地方のオブラナイ(ゴブリン)、そしてスコットランドのブラック・ドワーフは、お互いが深いつながりのある種族だ。身長は30センチほど。

<魅力的な山の洞>
<地中深く棲む者たち>
・地下世界の伝説的な鍛冶屋であるドワーフたちは、山の奥深くに棲み、魔法の鋳造術を施すため、鉱石や金属を採取している。未来を予言し、思うままに姿を変えることもできる。魔法の帽子、衣、ベルト、姿が見えなくなる指輪を身につけることが多い。この一族の王国は山の内部、地下の深みにある。その地下の都市や宮殿は、人間の目には、はかりしれない価値がある宝物で溢れていると、物語には描かれている。

<自然の森>
<世界の境の森>
・人の出入りしない森は、手つかずの土地の最後の緑の聖域であり、リトル・ピープルがもっとも多く棲みついている場所のひとつでもある。

・名高いスコットランドのアバーフォイルにある妖精の塚は、牧師ロバート・カーク[17世紀の妖精研究家、妖精と交流を持ったとされる]が「知られざる国」に入った場所にある。彼は同名の書籍を著したが、ついに、妖精たちの棲む世界に移り住み、今でもそこに留まっているという。

<密集した低木>
<精霊と妖精たち>
・木を棲家とするドリュアスなどのリトル・ピープルたちは、みな、お互いに協力し合っている。それぞれが棲家にして、あるいは自分が木の一部となって、樹木のそれぞれ固有な性質を守ってきた。

<樹木と葉>
<ホビットと洞>
・森に棲む者のなかでも、めったに見られないのがホビットだ。リトル・ピープルを描いた文学作品にも、ほとんど描かれてこなかったが、この数十年、文学の世界でも復活を果たしたのは、うれしいことだ。

・このことは、妖精の信仰で、キリスト教がもたらした「大分裂」として知られるものを反映している。

・ホビットはホバニーの子孫だといわれている。ホバニーは、リトル・ピープルたちの王で、女王ハボンドの夫でもある。

<緑のガリトラップ>
<喜びのダンス、ホップ、スキップ、トロット>
・大地が四つの季節をめぐる1年のある特定の日々、リトル・ピープルたちが躍る、いにしえの豊穣を祝う魅惑的なダンスが見られることがある。

・すべてではないが、古い異教信仰の多くが、リトル・ピープルの世界に由来しているといえるだろう。

<谷間や渓谷、低地>
<いたずら好きの大騒ぎ>
・シェイクスピアが「夏の夜の夢」を書いた時、かれはクム・プカつまり、パックの棲む谷から、インスピレーションを得たのかもしれない。この谷はウェールズ地方のブレコン山地にある魔法の谷で、自然の精霊(エサソン、プカなど)が棲むという。

<ホロウ・ヒルの扉>
<小丘のまわりで>
・スコットランドやイングランド、ウェールズの古い小丘や古墳や、アイルランドのラース[古代アイルランドの土塁に囲まれた円形のとりで]も、リトル・ピープルと密接な関係がある。

・ダンスが終わると、リトル・ピープルたちは魔法の扉を通って、すばやく地下の世界に戻ってゆく。その扉は、最後のひとりが通り過ぎると、あっという間に閉じてしまう。

<星の女王>
<魔法の国の女王、マッブ>
・この世のものとは思えないほど美しい、この妖精の女王の姿を見た人間はほとんどいない。リトル・ピープルの一族にはそれぞれ女王がいるが、マッブはそのなかでもすべてのリトル・ピープルのシンボルとなっている。

・真の詩人は、その多くがもうひとつの世界を視る能力を授かっており、ブレイクやシェリーも、その幻想的な作品で妖精の女王を描いている。実際、マッブの客人として多くの詩人が妖精の国を訪れた。

・マッブをたずねた幸運な人間は他にもいる。13世紀の吟遊詩人トーマスや、騎士タム・リンもそのひとりである。ふたりともその名をとった妖精を主題としたスコットランドの古い物語歌謡の主人公である。

<霧のたちこめた草地>
<レプラホーンの笑いが響く>
・リトル・ピープルのなかでも、とくに広く知られているものといえば、アイルランドやスコットランド、ウェールズ、イングランド北部に出没する、レプラホーンをおいて他にはいない。

・レプラホーンは3センチから45センチほどの身長で、緑色の服に3つのとんがりのある帽子をかぶっている。

<ぬかるんだ沼地>
<フィーリッシュ・ファイアからリング・オブ・パワーまで>
・もっともよく知られているリトル・ピープルの一族のうち、世界中でもっとも一般的に見られるのが、玉虫色に輝き、燐光を発するボールや、光のオーブとしてあらわれるものたちだ。

<畑や農場を跳ね回る者>
<労苦と土壌>
・農作業を手伝うブラウニーほど、人間との結びつきが強いリトル・ピープルはいない。

・もっとも有名なブラウニーは、物語歌謡にうたわれており、「エイケン・ドラム」という童謡のなかに語り継がれている。

<暖炉への敬意>
<幸運の精霊をなだめる>
・リトル・ピープルを引きつけて家にとどめておくための第一のルールは、暖炉をきれいに保つことだ。

<魔法の庭>
<植物と花>
・妖精たちは無垢を愛し、思いやりをもって、誇り高く子供たちを守る者である。だから、彼らの分身ともいえる幼い子供たちの前に頻繁に姿をあらわすのは不思議なことではない。

<ごきげんよう>
<もうひとつの世界へ>
・妖精をひとめ見たいと願っている人は、クローバー探しから始めるとよいだろう。

<リトル・ピープル辞典>
(アイルランド海の守り神 IRISH SEA WATER GUARDIANS マン島)
・水の守護妖精、あるいは海の精。男の妖精と女の妖精がいて、美しく小さくて体長が数センチほどしかない。海の神マナナーンに仕えている。

(アイルランドのエルフ IRISH ELVES アイルランド)
・羽をもたない妖精の総称。

(アンクー ANKOU  コーンウォール、ウェールズ、アイルランド)
・黒いローブで顔をおおい、亡くなったばかりの人間の魂を集める。死神、時の翁とも呼ばれる。

(アンシーリー・コート UNSEELIE COURT スコットランド)
・神の祝福を受けていない不気味で邪悪な妖精。すべての邪悪な妖精たちがアンシーリー・コートに属している。ときに空を飛び、人をさらい、奴隷にする。

(アンスロポジャイ ANTHROPOPHAGI イングランド)
・イングランドの昔話によると、これらの「人喰い族」には頭がなく、鼠蹊部に小さな脳がある。そして目は肩に、口は胸にあるという。

(インプ  IMP )
・悪戯好きな妖精、小さな悪魔。中世ではおなじみの魔女(ウィッチ)の別称ともなる。

(ウィルベースト UILEBHEIST シェットランド諸島、オークニー諸島)
・島周辺の海の番人。たくさんの頭をもつ海の怪獣や海竜の姿であらわれる。

(ウーマン・オブ・ザ・ミスト WOMAN OF THE MIST イングランド)
・霧の女。道端で小枝を拾っている老女の姿であらわれ、霧の中へと消えていくという。

(ウェイランド・スミス WAYLAND SMITH イングランド)
・鍛冶屋のウェイランドの意。ウェイランドの鍛冶場に棲むエルフの王だといわれている。

(ウリシュク URISKS スコットランド)
・しわくちゃでやせこけており、半身が人間、半身がヤギの姿をしている。

(エサソン ELLYLLONS  コーンウォールズ、ウェールズ)
・エルフのような小さな生き物。アーサー王伝説に登場する湖の貴婦人の領地を守っている。

(エルフ ELVES)
・エルフは世界中に存在するが、イングランドのエルフは丸々と太って友好的な、小さな妖精だ。

・スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。

(オベロン OBERON)
・アーサー王伝説に登場する、妖精の王。シェイクスピアの「夏の夜の夢」でも触れられている。恐ろしいドワーフであるトロンがハンサムな王に変身したものといわれる。

(親指トム TOM THUMB )
・親指トムは元々はアーサー王伝説の一部であった。子供のいない夫婦が、魔法使いマーリンを訪ねた。すると彼はこの女性はまもなく身ごもるが、その子供は親指の大きさ以上には成長しないと予言した。少年は4分も経たないうちに、大人に成長した。

(ガンカナハ GANCANAGH アイルランド)
・めったに見られない、男の妖精、エルフである。黒い瞳をもつ。人気のない淋しい場所で待ちかまえては、人間の女性をかどわかす。女性は彼を恋いこがれ、やがて傷心のため、死んでしまう。

(グラシャン GLASHAN マン島)
・マン島の家つき妖精で、衣服は身につけておらず、力が強い。とくに、農家の手伝いをする。男の妖精で、ときに人間の女性に狼藉をはたらく。

(グラシュティン GLASHTIN  マン島、アウター・ヘブリディーズ諸島)
・彼らは姿を変えることができるゴブリンで、ハンサムな人間の男性の姿であらわれて、若い女性に催眠術をかけ海へと誘う。そして、彼女をむさぼり食ってしまうのだ。

(グリーンコーティ  GREENCOATIES  リンカンシャー)
・妖精のなかでも、緑の肌をしている、あるいは緑色の衣服を着ている者たち。

(グリーン・マン GREEN MAN )
・緑の男。緑色の自然の精で、その口から伸びる葉や枝で頭部がおおわれている姿で描かれる。

(グリフォン GRYPHONS  ウェールズ)
・馬の頭と山羊の体をもつウェールズ地方の妖精で、すべての人間の言語を話すことができる。

(コリガン CORRIGANS  コーンウォール)
・古代ガリアの9人の聖なるドルイド僧の末裔である。女性で立石の周辺の泉の番人だ。彼女たちは、春になると水晶のゴブレットで詩と叡智の秘密を飲み干す。

(サリーランディ  SALEERANDES  ウェールズ)
・ウェールズの、鱗におおわれた妖精。2本足のトカゲのように見える。姿は恐ろしげだが、人間には決して害を与えない。

(シー SIDHE  アイルランド、スコットランド)
・アイルランドやスコットランドのゲール語で妖精を指す。

・可愛い少女をさらって彼らの結婚式でブライドメイドにしたり、赤子をさらって、代わりに妖精の子を置いてくる取替え子をしたりする。

・本来は、SIDHEとは神々を表す言葉だったが、のちに魔女(ウィッチ)や精霊、超自然的な存在を指す言葉になった。彼らが棲むといわれている埋葬塚や古墳の別称でもある。

(シーオーグ SHEOGUES  アイルランド)
・うっとりするような美しい音楽を奏で、音楽家や詩人にインスピレーションを与えたり、人間を沼地へと誘いこんだりする。たいていは友好的だが、子供をさらって妖精の子と取り替えてしまうことで知られている。この子供は1年しか生きられない。

(ショック SHOCKS イングランド)
・姿を変えることができる邪悪な妖精、幽霊。

・ロバの頭をした人間にもなり、意地悪く噛みつくこともある。

(スプライト SPRITES)
・すべての精霊、魂、幽霊を指す。妖精の総称としても使われ、とくに目に見えない者、あるいは、現実には存在しがたいと思われる者を指す言葉。

(スプリガン SPRIGGANS コーンウォール)
・しわだらけの顔をした小さな妖精で、夜に活動する。緑色の服に赤い帽子をかぶっている。人間か巨人の幽霊だともいわれている。

・人間の赤子をさらって、ぞっとするような妖精の子と取り替える。

(セルキー  SELKIES スコットランド、オークニー諸島)
・マーピープル(人魚)に似た海の妖精で、アザラシの姿であらわれる。彼らはアザラシの皮を脱ぐことができ、美しい女性やハンサムな男性の姿で、海岸にやってきてはダンスを踊る。人間界に棲む者もいて、彼らの世界で一緒に暮らそうと誘われると、たいていはその意志には逆らえない。シルキーとの呼ばれる。

(タイルス・テーグ  TWLWYTH TEG  ウェールズ)
・白い衣をまとった、金髪の妖精で、地下、あるいは水中にある魔法の庭に棲む。そこから何かをとろうとしても消えてしまう。彼らを支配するには、グイディオン王とグエンヒドゥ女王だ。彼らは星に棲み、夜になるとあらわれる。暖炉に暖かい火をくべて、歓迎してくれる家に贈り物をすることがある。お金を妖精のコインと交換して、それを使おうとすると、消えてしまうといわれている。

(タラン  TARANS  スコットランド)
・イングランドのスパンキーと同じく、天国に行けなくて、地上を永遠にさまよう洗礼を受けていない子供の魂である。

(ディンシェンハス DINNSHENCHHAS アイルランド)
・姿を変えることができるドワーフで、アイルランドの妖精の女王アーネに仕える。家畜の牛を守っており、男性に乱暴されたり傷つけられたりした女性の恨みをはらす。

(ドビー DOBIE  イングランド)
・イングランド北部の、親切で役に立つが、あまり賢くないブラウニー、または家つき妖精。

(ドリュアス  DRYADS ケルト諸国)
・彼らがドルイド僧に木の魔術や予言の力、アストラル・トラベルなどの秘密を教えた。「ドルイドの妖精」とも呼ばれる。

(ナックラヴィー NUCKLELAVEES  スコットランド)
・たいてい、半身が人間、半身が馬で、髪や皮膚がない。

(ノーム  GNOMES)
・鳥が空中を飛ぶように、大地を通り抜けることができ、千年ほど生きながらえる。

(ノッキー・ボー  KNOCKY-BOH  イングランド)
・ポガートやポルターガイストともいい、家の壁や木製パネルの裏側で、ドンドンと物をたたいたり、ガラガタと音をたてたりする。

(ノップ KNOPS  ウェストミッドランド)
・恐ろしい魔の馬。おそらくキリスト教の「死者の日」(11月2日)の行事の由来となった。

(ハイター/ハイター・スプライト HYTERS / HYTER SPRITES リンカシャー、イースト・アングリア)
・小さな、緑の瞳をもつ妖精で、姿を変えることができる。鳥の姿であらわれることが多い。

(バガ― BUGGARS)
・姿を変えることができる危険なゴブリン。アストラル界に棲んでいる。

(パック PUCK イングランド)
・ポークともいう。悪戯好きな森の国の妖精。道化師の姿に描かれるが、笛を吹いて人間にダンスを踊らせる。ときに馬の姿であらわれて、人間をだましてその背に乗せる。また、子供や鷲、ロバに変身し、パンの神のように、半身が人間で半身が山羊の姿であらわれ、笛を吹くこともある。

(バン・イン BEAN-FIONN  アイルランド)
・湖や小川、河川などに棲む「白婦人」。好んで子供を水の中に引きずりこみ、おぼれさせる。

(バン・シー  BEAN-SIDHE   アイルランド)
・妖精丘の女、平和の女を意味する。人間と同じくらいの大きさで、白い衣をまとい、頭巾でおおわれた頭から、まっすぐな長い髪を垂らしている。

・その声は夜になると聴こえてきて、死の前兆だと考えられている。

(バン・ティー BEAN-TIGHE   アイルランド)
・家の仕事をしてくれる妖精。年老いた小柄な農婦のような姿で、とても親切だ。スコットランドのブラウニーのように暖炉に棲む(とくに、ケルト人の祖とされるミレシア人の子孫を好む)。

(ピクシー  PIXIES)
・とがった耳、とがった鼻、弓型の眉をした小さな妖精で、薄くて輝く羽をもち、緑色の衣服を着て、毒キノコやキツネノテブクロの帽子をかぶっている。

・おそらく、スコットランドの先住民ピクト人と関係がある。

(ファー・ダリッグ FIR DARRIG アイルランド、スコットランド)
・醜く太っていて、毛深い危険な妖精で、ふつうは赤色のみすぼらしい衣服を着ている。

(フィノゼリー PHYNNODDEREE  マン島)
・マン島の毛深い妖精、ブラウニーで、腕が長く、信じられないほど力が強い。

(フイル・ヴォルグ FIR BOLG  アイルランド)
・沼地に棲んでいた者たちで、トゥアサ・デ・ダナーンに敗北するまでは、アイルランドを支配していた。アイルランドにおける最初の妖精族。巨人の姿で描かれることもあるが、ふつうは1メートルほどで赤い服を着ている。

(フィン・フォーク FIN FOLK スコットランド、コーンウォール、ウェールズ)
・フィンの民の意。人の形をした妖精で害を与えないが、人を避けている。伝説によると、スコットランドの湖の底へと導かれた少数の選ばれた者たちで、彼らの王国フィンフォーカヒームを建てたという。草でおおわれた理想郷。

(ヒンキー・パンク HINKY=PUNK サマセット、デヴォン)
・一本足で明かりをもち、沼地へと導くという。コーンウォールで見られるハンンキー・パンキーに似ている。

(フーア FUATH  アイルランド、スコットランド)
・水の妖精で、たいていは邪悪である。人間に似ていて、緑色の衣服を着ているが、体は黄色い毛でおおわれている。ときに、人間を配偶者とする。

(プーカ PHOOKA  アイルランド)
・アイルランドのホブゴブリンで、さまざまな姿であらわれる。半身が人間、半身が馬の姿、ボロをまとった老人の姿、山羊や馬、犬、牡牛、鷲の姿など。農作業や粉挽きを手伝ってくれるが、旅人に悪戯をしかけたり、ジャガイモや赤子を盗んだりする。

(ブーガノド  BWGANOD ウェールズ)
・ウェールズのゴブリンで、どんな動物にも人間の姿にも変身できる。ただし、夕暮れのほんの少しの時間にかぎられる。危険でもなければ、人間に害を与えることもない。

(プーク POUQUES チェンネル諸島)
・イングランドのバックと同じもので、悪魔とつながりがある。身長は低く、力があって、毛深くて醜く、長い腕をしている。

(フェアリー FAIRY)
・妖精の意。

(フェイ・ブーランジュ FÄEU BOULANGER    ガーンジー)
・火の玉のかたちであらわれる。

(フェッチ  FETCH  イングランド、スコットランド)
・生霊。自分とうりふたつの妖精。自分の生霊に出くわすと、それは死の前触れだといわれている。ドイツのドッペルゲンガーに似ている。

(フェリシュ FERISH  マン島)
・農作物の収穫を手伝ってくれる、家つき妖精。人間の赤子をさらっては、妖精の子と取替えるともいわれている。

(ブラウニー  BROWNIE スコットランド)
・リトル・マン、家つきブラウニーとも呼ばれる。

・また、よい意味ですこし不器用なスコットランドのドビーを別にすれば、彼らの一族には高い知性がある。英国ではホブ、デンマークではディース、ロシアではドモヴォーイ、北アフリカではユンボ―、中国ではカオ・プム・ファイと呼ばれている。

"イギリスには幽霊の出る場所が1万ヵ所もあるといい、ゴーストの秘密を探ろうという人たちが、温度計を手に歩きまわっている。気温が急に下がるのはゴーストが出現したサインだという。(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント