ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(3)


(ウェイランド・スミス WAYLAND SMITH イングランド)
・鍛冶屋のウェイランドの意。ウェイランドの鍛冶場に棲むエルフの王だといわれている。

(ウリシュク URISKS スコットランド)
・しわくちゃでやせこけており、半身が人間、半身がヤギの姿をしている。

(エサソン ELLYLLONS  コーンウォールズ、ウェールズ)
・エルフのような小さな生き物。アーサー王伝説に登場する湖の貴婦人の領地を守っている。

(エルフ ELVES)
・エルフは世界中に存在するが、イングランドのエルフは丸々と太って友好的な、小さな妖精だ。

・スコットランドではもう少し大きくて、人間ほどの身長があり、妖精の国エルフェイムからやってきては、人間をさらったり家畜の牛を殺したりするという。

(オベロン OBERON)
・アーサー王伝説に登場する、妖精の王。シェイクスピアの「夏の夜の夢」でも触れられている。恐ろしいドワーフであるトロンがハンサムな王に変身したものといわれる。

(親指トム TOM THUMB )
・親指トムは元々はアーサー王伝説の一部であった。子供のいない夫婦が、魔法使いマーリンを訪ねた。すると彼はこの女性はまもなく身ごもるが、その子供は親指の大きさ以上には成長しないと予言した。少年は4分も経たないうちに、大人に成長した。

(ガンカナハ GANCANAGH アイルランド)
・めったに見られない、男の妖精、エルフである。黒い瞳をもつ。人気のない淋しい場所で待ちかまえては、人間の女性をかどわかす。女性は彼を恋いこがれ、やがて傷心のため、死んでしまう。

(グラシャン GLASHAN マン島)
・マン島の家つき妖精で、衣服は身につけておらず、力が強い。とくに、農家の手伝いをする。男の妖精で、ときに人間の女性に狼藉をはたらく。

(グラシュティン GLASHTIN  マン島、アウター・ヘブリディーズ諸島)
・彼らは姿を変えることができるゴブリンで、ハンサムな人間の男性の姿であらわれて、若い女性に催眠術をかけ海へと誘う。そして、彼女をむさぼり食ってしまうのだ。

(グリーンコーティ  GREENCOATIES  リンカンシャー)
・妖精のなかでも、緑の肌をしている、あるいは緑色の衣服を着ている者たち。

(グリーン・マン GREEN MAN )
・緑の男。緑色の自然の精で、その口から伸びる葉や枝で頭部がおおわれている姿で描かれる。

(グリフォン GRYPHONS  ウェールズ)
・馬の頭と山羊の体をもつウェールズ地方の妖精で、すべての人間の言語を話すことができる。

(コリガン CORRIGANS  コーンウォール)
・古代ガリアの9人の聖なるドルイド僧の末裔である。女性で立石の周辺の泉の番人だ。彼女たちは、春になると水晶のゴブレットで詩と叡智の秘密を飲み干す。

(サリーランディ  SALEERANDES  ウェールズ)
・ウェールズの、鱗におおわれた妖精。2本足のトカゲのように見える。姿は恐ろしげだが、人間には決して害を与えない。

(シー SIDHE  アイルランド、スコットランド)
・アイルランドやスコットランドのゲール語で妖精を指す。

・可愛い少女をさらって彼らの結婚式でブライドメイドにしたり、赤子をさらって、代わりに妖精の子を置いてくる取替え子をしたりする。

・本来は、SIDHEとは神々を表す言葉だったが、のちに魔女(ウィッチ)や精霊、超自然的な存在を指す言葉になった。彼らが棲むといわれている埋葬塚や古墳の別称でもある。

(シーオーグ SHEOGUES  アイルランド)
・うっとりするような美しい音楽を奏で、音楽家や詩人にインスピレーションを与えたり、人間を沼地へと誘いこんだりする。たいていは友好的だが、子供をさらって妖精の子と取り替えてしまうことで知られている。この子供は1年しか生きられない。

(ショック SHOCKS イングランド)
・姿を変えることができる邪悪な妖精、幽霊。

・ロバの頭をした人間にもなり、意地悪く噛みつくこともある。

(スプライト SPRITES)
・すべての精霊、魂、幽霊を指す。妖精の総称としても使われ、とくに目に見えない者、あるいは、現実には存在しがたいと思われる者を指す言葉。

(スプリガン SPRIGGANS コーンウォール)
・しわだらけの顔をした小さな妖精で、夜に活動する。緑色の服に赤い帽子をかぶっている。人間か巨人の幽霊だともいわれている。

・人間の赤子をさらって、ぞっとするような妖精の子と取り替える。

(セルキー  SELKIES スコットランド、オークニー諸島)
・マーピープル(人魚)に似た海の妖精で、アザラシの姿であらわれる。彼らはアザラシの皮を脱ぐことができ、美しい女性やハンサムな男性の姿で、海岸にやってきてはダンスを踊る。人間界に棲む者もいて、彼らの世界で一緒に暮らそうと誘われると、たいていはその意志には逆らえない。シルキーとの呼ばれる。

(タイルス・テーグ  TWLWYTH TEG  ウェールズ)
・白い衣をまとった、金髪の妖精で、地下、あるいは水中にある魔法の庭に棲む。そこから何かをとろうとしても消えてしまう。彼らを支配するには、グイディオン王とグエンヒドゥ女王だ。彼らは星に棲み、夜になるとあらわれる。暖炉に暖かい火をくべて、歓迎してくれる家に贈り物をすることがある。お金を妖精のコインと交換して、それを使おうとすると、消えてしまうといわれている。

(タラン  TARANS  スコットランド)
・イングランドのスパンキーと同じく、天国に行けなくて、地上を永遠にさまよう洗礼を受けていない子供の魂である。

(ディンシェンハス DINNSHENCHHAS アイルランド)
・姿を変えることができるドワーフで、アイルランドの妖精の女王アーネに仕える。家畜の牛を守っており、男性に乱暴されたり傷つけられたりした女性の恨みをはらす。

(ドビー DOBIE  イングランド)
・イングランド北部の、親切で役に立つが、あまり賢くないブラウニー、または家つき妖精。

(ドリュアス  DRYADS ケルト諸国)
・彼らがドルイド僧に木の魔術や予言の力、アストラル・トラベルなどの秘密を教えた。「ドルイドの妖精」とも呼ばれる。

(ナックラヴィー NUCKLELAVEES  スコットランド)
・たいてい、半身が人間、半身が馬で、髪や皮膚がない。

(ノーム  GNOMES)
・鳥が空中を飛ぶように、大地を通り抜けることができ、千年ほど生きながらえる。

(ノッキー・ボー  KNOCKY-BOH  イングランド)
・ポガートやポルターガイストともいい、家の壁や木製パネルの裏側で、ドンドンと物をたたいたり、ガラガタと音をたてたりする。

(ノップ KNOPS  ウェストミッドランド)
・恐ろしい魔の馬。おそらくキリスト教の「死者の日」(11月2日)の行事の由来となった。

(ハイター/ハイター・スプライト HYTERS / HYTER SPRITES リンカシャー、イースト・アングリア)
・小さな、緑の瞳をもつ妖精で、姿を変えることができる。鳥の姿であらわれることが多い。

(バガ― BUGGARS)
・姿を変えることができる危険なゴブリン。アストラル界に棲んでいる。

(パック PUCK イングランド)
・ポークともいう。悪戯好きな森の国の妖精。道化師の姿に描かれるが、笛を吹いて人間にダンスを踊らせる。ときに馬の姿であらわれて、人間をだましてその背に乗せる。また、子供や鵞、ロバに変身し、パンの神のように、半身が人間で半身が山羊の姿であらわれ、笛を吹くこともある。

(バン・イン BEAN-FIONN  アイルランド)
・湖や小川、河川などに棲む「白婦人」。好んで子供を水の中に引きずりこみ、おぼれさせる。

(バン・シー  BEAN-SIDHE   アイルランド)
・妖精丘の女、平和の女を意味する。人間と同じくらいの大きさで、白い衣をまとい、頭巾でおおわれた頭から、まっすぐな長い髪を垂らしている。

・その声は夜になると聴こえてきて、死の前兆だと考えられている。

(バン・ティー BEAN-TIGHE   アイルランド)
・家の仕事をしてくれる妖精。年老いた小柄な農婦のような姿で、とても親切だ。スコットランドのブラウニーのように暖炉に棲む(とくに、ケルト人の祖とされるミレシア人の子孫を好む)。

(ピクシー  PIXIES)
・とがった耳、とがった鼻、弓型の眉をした小さな妖精で、薄くて輝く羽をもち、緑色の衣服を着て、毒キノコやキツネノテブクロの帽子をかぶっている。

・おそらく、スコットランドの先住民ピクト人と関係がある。

(ファー・ダリッグ FIR DARRIG アイルランド、スコットランド)
・醜く太っていて、毛深い危険な妖精で、ふつうは赤色のみすぼらしい衣服を着ている。

(フィノゼリー PHYNNODDEREE  マン島)
・マン島の毛深い妖精、ブラウニーで、腕が長く、信じられないほど力が強い。

(フイル・ヴォルグ FIR BOLG  アイルランド)
・沼地に棲んでいた者たちで、トゥアサ・デ・ダナーンに敗北するまでは、アイルランドを支配していた。アイルランドにおける最初の妖精族。巨人の姿で描かれることもあるが、ふつうは1メートルほどで赤い服を着ている。

(フィン・フォーク FIN FOLK スコットランド、コーンウォール、ウェールズ)
・フィンの民の意。人の形をした妖精で害を与えないが、人を避けている。伝説によると、スコットランドの湖の底へと導かれた少数の選ばれた者たちで、彼らの王国フィンフォーカヒームを建てたという。草でおおわれた理想郷。

(ヒンキー・パンク HINKY=PUNK サマセット、デヴォン)
・一本足で明かりをもち、沼地へと導くという。コーンウォールで見られるハンンキー・パンキーに似ている。

(フーア FUATH  アイルランド、スコットランド)
・水の妖精で、たいていは邪悪である。人間に似ていて、緑色の衣服を着ているが、体は黄色い毛でおおわれている。ときに、人間を配偶者とする。

(プーカ PHOOKA  アイルランド)
・アイルランドのホブゴブリンで、さまざまな姿であらわれる。半身が人間、半身が馬の姿、ボロをまとった老人の姿、山羊や馬、犬、牡牛、鵞の姿など。農作業や粉挽きを手伝ってくれるが、旅人に悪戯をしかけたり、ジャガイモや赤子を盗んだりする。

(ブーガノド  BWGANOD ウェールズ)
・ウェールズのゴブリンで、どんな動物にも人間の姿にも変身できる。ただし、夕暮れのほんの少しの時間にかぎられる。危険でもなければ、人間に害を与えることもない。

(プーク POUQUES チェンネル諸島)
・イングランドのバックと同じもので、悪魔とつながりがある。身長は低く、力があって、毛深くて醜く、長い腕をしている。

(フェアリー FAIRY)
・妖精の意。

(フェイ・ブーランジュ FÄEU BOULANGER    ガーンジー)
・火の玉のかたちであらわれる。

(フェッチ  FETCH  イングランド、スコットランド)
・生霊。自分とうりふたつの妖精。自分の生霊に出くわすと、それは死の前触れだといわれている。ドイツのドッペルゲンガーに似ている。

(フェリシュ FERISH  マン島)
・農作物の収穫を手伝ってくれる、家つき妖精。人間の赤子をさらっては、妖精の子と取替えるともいわれている。

(ブラウニー  BROWNIE スコットランド)
・リトル・マン、家つきブラウニーとも呼ばれる。

・また、よい意味ですこし不器用なスコットランドのドビーを別にすれば、彼らの一族には高い知性がある。英国ではホブ、デンマークではディース、ロシアではドモヴォーイ、北アフリカではユンボ―、中国ではカオ・プム・ファイと呼ばれている。

(プラント・リス・ドゥヴェン  PLANT RHYS DWFEN ウェールズ)
・リス・ザ・ディープの一族。正直で親切な、小さく愛らしい妖精で、魔法のハーブのせいで目には見えないリス・ドヴェンが治める国に棲んでいる。半分は人間の血が入っていて、とても正直でやさしい。相場でもうけて豊かに暮らしている。

(ホワイト・レディ WHITE LADY)
・白婦人。幽霊、妖精ともいわれる。この幻影のような精霊は世界中で地霊として知られ、泉や井戸、河川、橋の番人である。アーサー王伝説に登場する王妃グヴィネヴィア(Guinevere)と同義語で、もとの形でGwenhwyvarは、白い幽霊を意味する。

(マーメイド MERMAIDS スコットランド、イングランド、アイルランド)
・人魚。マーマン、マーピープルとも。

(魔女  (ウィッチ)WITCH)
・ときにハグとも妖精ともされる。魔法の力やハーブや薬についての神秘的な知識を持つという。呪文を唱えれば、ほうきやサワギクの茎にまたがって、空を飛ぶことができる。

(マッブ MAB ウェールズ、イングランド)
・ウェールズの妖精の女王、女神であるエサソンとして、もっともよく知られている。

(モルガン・ル・フェ MORGAN LE FAY)
・アーサー王伝説によると、アヴァロンの支配者である。美しく力の強い水の妖精で、どんな動物や鳥にでも姿を変えることができる。今にも息絶えそうなアーサー王を船でアヴァロンに連れ帰った。

(ヤレリー・ブラウン YALLERY BROWN  イースト・アングリア)
・妖精のなかでも、おそらくもっとも性質が悪い。

(ライネック WRYNECK ランカシャー、イングランド)
・悪魔よりも性質が悪いといわれる、悪の精霊、妖精。

(レディ・オブ・ザ・レイク LADY OF THE LAKE)
・湖の貴婦人。ヴィヴィアンヌ、ニミュー、ニニアンと呼ばれることもある。アーサー王伝説では、美しい水の妖精で、母親からランスロットをさらって、水中の王国でたくましい男に育てた。そして魔法の剣アロンダイトを与えた。

(ロビン・グッドフェロー ROBIN GOODFELLOW  イングランド)
・人間の男性の頭、山羊の体をしている。

(ロビン・フッド ROBIN HOOD  イングランド)
・森の中に棲み緑色の服を着ている。富める者から盗み、貧しきを助ける。実在の人物だと考えられることもあるが、自然の精であろう。



『世界の伝説と不思議の図鑑』
サラ・バートレット  エクスナレッジ    2015/2/25



<UFOホットスポット>
・UFOの目撃情報がいちばん多いのはアメリカ南西部だが、そこから遠く離れたオーストラリアのバラゴラン谷やチリのサン・クレメンテといった場所でもUFOは空を飛んでいる。

<レンデンシャムの森 (サフォーク州・イギリス・イングランド>
・未解明のUFO事件のなかで史上最も有名なものの1つだ。

<ウォーミンスター (ウィルトシャー・イギリス・イングランド)>
・この閑静な町を襲った不気味な揺れは、相次ぐUFO目撃談の予兆だった。

<バーウィン山脈 (スノードニア・イギリス・ウェールズ)>
・1970年代、ウェ-ルズの僻村の住民たちは、自分たちが見たものはUFOだったと確信した。

<デッヒモントの森 (リヴィングストン・イギリス・スコットランド)>
・森林管理人が巨大な球体と接近遭遇したという。この話には一抹の真実が含まれている、と考える人は多い。

<ニュルンベルグ (バイエルン州・ドイツ)>
・1561年のある朝、このドイツ北部の町では、上空で星々が戦争を始めたかのようだった。

・何千もの十字型や円筒型、球型の物体が空を飛び回っていたという。

<ワロン地域 (ベルギー)>
・1990年、2機の超音速ジェット戦闘機F16が、ベルギー上空を飛ぶ宇宙船らしき物体を追尾した。

<イスタンブール (トルコ)>
・マルマラ海の上空に現れた円盤状の物体は、音もなくじっと浮かんでいたかと思うと、高速で空を横切っていった。

<ヘスダーレン (セールトレネラー県・ノルウェー)>
・このノルウェーの渓谷地帯に頻繁に現れる奇妙な光球は、強硬なUFO懐疑論者をも悩ませる。

<シャグハーバー (ノバスコシア州・カナダ)>
・海の上空に奇妙な光が見えたあと、正体不明の光る飛行物体が出現した。

<モーリー島 ワシントン州・アメリカ>
・1947年6月、UFO事件の目撃者が「黒ずくめの男」に口止めされたと語った。

<フラットウッズ  (ウェストヴァージニア州・ブラクストン郡・アメリカ)>
・彼らは、赤い顔とオレンジ色の目をした身長5mの巨大な怪物に出くわした。

<セドナ (アリゾナ州・アメリカ)>
・アリゾナの砂漠にあるパワースポットは、さまざまなニューエイジ信奉者のみならず、UFOをも引き寄せる。

・異常に強力な磁場やボルテックスと呼ばれるエネルギー波動が渦巻くスポット、さまざまな「パワー」で知られるこの地は、神秘主義やスピリチュアルなものに興味のある観光客に評判だが、UFOを見たいという住民や観光客も多い。

・2012年1月、鮮緑色の大きな物体が南から飛んできて、ナヴァホ・ホピ居留地の方角へ高速で去っていくのがカメラでとらえられた。同月、まったく同じ形状の飛行物体が、シークレットキャニオン付近でも目撃された。このような目撃例は2~5万年前からあったのだろう。

・UFOが最も頻繁に現れるのは、ベルロック上空だというのがもっぱらの噂である。ベルロックはセドナの南にある奇妙な形をした岩山で、特に宇宙人が集中して現れるとか、「高次元の」エネルギーを有しているとか言われている。日中にはレンズ雲(空飛ぶ円盤の形に似たレンズ型の積雲)が頻繁に見られるが、地元では、宇宙船が大気圏内に突入するとこの種の雲ができると言われている。多くのUFOファンが、セドナは宇宙船の発着所だと信じている。

<ガルフブリーズ (フロリダ州・アメリカ)>
・12月2日、ウォルターズに再び宇宙人が接触してきたという。今度は自宅の裏庭に、大きな黒い目を持つ小さな生物がいた。

・小さな町ガルフブリーズが、宇宙人との遭遇体験で世間の注目を浴びた。

<クリーヴランド (オハイオ州・アメリカ)>
・クリーヴランドで謎の球体が目撃されたが、この街にとってUFOの出現はこれが初めてではなかった。

<アメリカ南西部の5大UFOホットスポット>
① テキサス州マーファ:「マーファライト」という怪光現象で有名だ。
② テキサス州レブェルランド:まばゆい光を放つ葉巻型の物体が向かってきた。
③ テキサス州バイニーウッズ:ダイヤモンド型のUFOに遭遇。
④ アリゾナ州ターキースプリングス:宇宙人に誘拐された。
⑤ テキサス州スティーヴンヴィル:UFOの大きさはフットボール場ほどだったという情報もあれば、全長1.6kmはあったという情報もあった。軍用機がUFOの編隊を追跡していたと多くの人が証言している。

<ロズウェル ニューメキシコ州・アメリカ>
・アメリカ史上最大の物議を醸したUFO事件は、ニューメキシコを襲った嵐から始まった。ロズウェルは、UFO事件で世界的に有名になった。

・空飛ぶ円盤のニュースは世界中の注目を集めた。今でも、ロズウェル事件は米政府による最大の隠蔽事件だと考える人たちが数多くいる。

<ソコロ (ニューメキシコ州・アメリカ)>
・目撃者たちは、卵型の宇宙船を見たと話した。

<ダルシー基地>
・ヒカリラ・アパッチ・インディアン保留地の地下に政府の秘密基地があり、宇宙人の遺伝子研究が行われているという噂がある。クローン作製などの実験のために、捕獲した宇宙人が収容されている、というのだ。行われていることの機密性を考えると、そこで働いているのは、国防省の諜報機関である国家偵察局の記章を付けている人たちではないだろうか。

<エリア51 ネバダ州・アメリカ>
・この空軍の秘密基地の科学者たちは、捕獲したUFOや宇宙人を使って実験を繰り返しているのか?
・この場所の詳細は今も高度なレベルの国家機密扱いとされ、周辺空域は、民間機はもちろん通常の軍用機も恒久的に進入禁止となっている。

・なかには、宇宙人がこの基地を使って人類と宇宙人のハイブリッド種をつくっているという説もある。

・たとえば1989年、科学者のボブ・ラザールは、エリア51の関連施設で、捕獲した空飛ぶ円盤の分解に携わったという。また、1950年代にエリア51で働いていたという機械エンジニアは、J=ロッドと呼ばれる宇宙人とともに、基地内で空飛ぶ円盤のシミュレーター装置開発を手伝った、とあるドキュメンタリー映画の中で語っている。やはりかつてここで働いていたというダン・クラインも、J=ロッドと会ったことがあり、基地ではまったく未知のウィルスのクローンをつくったと証言した。

<サン・クレメンテ  (マウレ州・チリ)>
・アンデス山麓のかつては平穏だった町、サン・クレメンテ。だが今は、毎日のようにUFO目撃情報がマスコミに取り上げられている。チリでは、宇宙人をテーマにした会議が毎年開かれるので、世界中のUFOハンターがやってくる。サン・クレメンテは、その中でも特に「UFOの聖地」と呼ばれる場所だ。

・訪れるなら、アンデス山中のUFO目撃報告が毎年ピークを迎えるのは12月と言われている。夏の真っ盛りだ。

<マラカイボ スルア州・ベネズエラ>
・マラカイボの住宅の上に強烈な光が出現し、その家の住民全員が重い病気になった。それは重度の放射線障害の症状だった。

<プマプンク  ティワナク・ボリビア>
・この謎の巨大建築物の起源には地球外生命体が関与している、という興味深い説がある。

<ウェストール (メルボルン・オーストラリア)>
・200人以上の生徒と教師は、運動場の真上でホバリングしているUFOに釘付けになった。

<バラゴラン谷 (ブルー。マウンテンズ・オーストラリア)>
・この50年程のあいだに、この一帯では、UFOの目撃情報が600件以上にのぼり、ほかにも宇宙人にさらわれたという訴えを含む奇妙な事件が数多く報告されてきた。

<シャスタ山  (カリフォルニア州・アメリカ)>
・天と地が出会う場所。シャスタ山にはアメリカ先住民の伝説に登場する「偉大なる精霊」が住まっている。

・また、さまざまな新興宗教団体もこの山に惹きつけられてきた。平和と調和を求めて山に登る人々や、UFOを探しにやってくる人もいる。シャスタ山は別世界への入口だと考える神秘主義者や、ここから魔法の力が湧いてくると考える人々もいる。



『眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!』
並木伸一郎     三笠書房     2015/11/28



<“異次元空間”から地球外エイリアンのUFO出現!>
・そして2015年6月29日、「プラズマF装置」は、さらなるポータルがこのテキサス州エルパソ上空で開いたのを検知した。
 そして、このポータルが開いた直後、大気圏に突入してきた地球外エイリアンの“宇宙船=箱型UFO”が、前述したウォルター・ランスはじめ、多くの地元住民によって目撃され、その姿が撮影されたのである。

・「いわゆる“ノルディック=北欧型”と呼ばれるタイプのエイリアンのUFOだったと、報告書に記されている」と指摘している。

<軍事演習「ジェイド・ヘルム15」は“ノルディック狩り”だった!?>
・さらに報告書は、ノルディックが現れる各州が「ジェイド・ヘルム15」と呼ばれる軍事演習が行われる中心地と深くリンクすると、指摘している。
 ノルディックの中には、地球人と何ら変わらない外見をしたハイブリッド種が存在し、すでにアメリカ国内にも相当数が紛れこんでいるといわれるが、それを正確に見わけることができるのは、この軍事演習に向けて適切な訓練を受けた兵士だけなのだという。

・なぜ、ノルディックがアメリカに侵入してきたのか?その理由は、アメリカ主導の核戦争勃発の危険性を察知し、“監視・警告”のために姿を現しているのだという。

<元宇宙飛行士、極秘研究に関与した科学者たちの“暴露”>
・そして今、これまで沈黙を守っていたアメリカやロシアの元宇宙飛行士や軍人、さらにはパイロット、極秘研究に関与していた科学者などが、機会あるごとに、自身の体験をもとに、地球外から訪れたUFOと宇宙人の存在を“ディスクローズ=暴露”している。
 加えてイギリス、オーストラリア、ブラジル、ドイツの空軍が、これまで極秘にしていたUFO目撃報告事件のファイルを開示しており、UFOの存在は、「もはや疑いようのない事実」だったことが判明しているのだ。
 そう、「UFOの存在は9割方、事実だった!」と言っていいのである。

<UFOの“スピード”と“加速力”>
・一例をあげよう。1967年9月23日午後1時すぎ、アメリカ、アリゾナ州セドナ付近を走行中の車からダウェイト・ゴームリーによって撮られたUFOの軌跡がある。

・これをもとに計算すると、UFOの上昇スピ―ドは秒速約4万1400メートル以上、実に音速の120倍という数字がはじき出されたのである。

<「ウンモ星人」が地球の政治経済の中枢に“先兵”を送っている!?>
・1965年、スペインのマドリードを中心に、およそ6700通の手紙が弁護士や公務員、作家のもとに届けられた。
「ウンモ星人」を名乗る送り主からの手紙は、きれいにタイピングされ、宇宙の生物について、ウンモ星人やこの星の宇宙船、哲学、心理学について高レベルな知識に裏づけられた文章で綴られていた。
 驚くことに、彼らウンモ星人は14.5光年離れた母星からやって来て、すでに地球の政治経済の中枢部に“先兵”を送りこんでいるとも書かれていた。

<エイリアンに“異物”を耳に埋めこまれた弁護士>
・UFO内に誘拐された人間が、エイリアンから、耳や鼻の奥から脳内に異物を“埋めこまれる=挿入される”行為を「インプラント」と呼んでいる。
 アメリカ西海岸に住む弁護士のジョン・スミス(仮名・当時57歳)も、そのインプラントされたひとりだ。
 2006年7月、彼はその驚くべきインプラント体験を明らかにした。なんと光のビームによって、まるでテレポートでもしたかのように瞬時に自宅からUFO内に連行されたというのだ。
 このときスミスは、UFO内の壁を見て恐怖を感じたという。なぜならそこには、さまざまな「人間」が吊られ、陳列されていたからだ。
 生きているのか死んでいるのか不明だったが、表情がなく、まるで魂のない抜け殻のような状態だったという。

<テレパシーで“意のままに”操られる>
・それからというもの、スミスはエイリアンから送られてくるテレパシーで、彼らの意のままに操られるようになってしまったのである。
 なお、エイリアンからは、近未来に地球に起こるさまざまな異変に関する警告も与えられ、中でも太陽磁場変動の影響で地球に大変動が発生し、人類存亡の危機に見舞われるというメッセージは、忘れられないものだというが、その後、スミスからの続報は聞かれていない。

<天才科学者の告発――“地球製UFOが完成していた!”>
・2014年8月7日、ある天才科学者がこの世を去った。彼の名は、ボイド・ブッシュマン。

・その死の直前、彼は「エリア51」で科学者としてUFO開発チームにいた経験、自身とエイリアン・テクノロジーの関係について、さらには反重力推進システムについて、まるで遺言を残すように語っている。 
 さらに、UFOの設計図や、地球でつくられたUFOの写真まで公開。それは、「エリア51」で開発された地球製UFOだと明かしているのだ。

"ガルガンチュアといってもただの大男の話で、日本でもだいだら法師の話がある。メリュジーヌはトヨタマヒメの話だ。昔話が世界中で同じような話ばかりであるように、神話伝承でも似た話がいくらでもある。(3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント